ニュース
» 2005年05月20日 15時36分 公開

セガブースではXbox 360向け2タイトルをプレイアブル出展――黒いソニックも登場

サードパーティーとしては異例の2タイトルをプレイアブル出展し、次世代機への意気込みを見せるセガ。かと思えば、しっかりと現行機での新作タイトルも忘れてはいない。

[ITmedia]

 セガのブースレポートとしては、プレス関係者向けに「セガ・ネクストジェネレーション・プレゼンテーション」が行われている。詳しくはこちらでお伝えした通り。今回はそれとは別に、セガブースの中身についてレポートを行ってみようと思う。

photo

 まずセガブースで一番に目につくのが、Xbox 360にて発売を予定している「CONDEMNED CRIMINAL ORIGINS」「FULL AUTO」の次世代機向けタイトル2つだろう。ジャンルの異なるこれらのタイトルは、まだまだ開発段階にあることが分かってしまうものの、十分に我々を驚かせてくれるに値するものであった。

photo CONDEMNED CRIMINAL ORIGINS
photo FULL AUTO

 他に目につく点としては、やはりソニックが挙がる。先の記事でも紹介しているGSM携帯版「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」を始め、プレイステーション2とニンテンドーゲームキューブにて発売を予定している「SONIC GEMS COLLECTION」、そしてニンテンドーDSの2画面を使い、新しく生まれ変わった「SONIC RUSH」などがプレイアブルで出展されていることも理由のひとつとして挙がるが、何より気になるのはブース正面に陣取る「黒いソニック」……。

photo GSM携帯版「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」
photo SONIC GEMS COLLECTION
photo SONIC RUSH
photo ブース正面にいる黒いソニック。しかしその正体は……

 実はこれ、ソニックのライバルであるシャドウなのだ。今回は彼を主役にしたアクションゲーム、その名も「SHADOW THE HEDGEHOG」が発売されることもあり、ブースの一角を握ることとなった。なお、こちらはプレイステーション2、ニンテンドーゲームキューブ、Xboxのオールプラットフォームで発売が予定されているとのこと。

photo

 セガブースでは他にも、同社の人気オンラインRPGシリーズの最新作「ファンタシースターユニバース」や、現時点では北米向けのタイトルとして制作されているPSP用ソフト「VIRTUA TENNIS WORLD TOUR」などが出展されていた。

photo ファンタシースターユニバース
photo VIRTUA TENNIS WORLD TOUR

 次世代機向けタイトルを、サードパーティーとしては異例とも言える2タイトルをプレイアブル出展してきたセガ。ソニックとの相乗効果を持って、さらに加速していくことを期待したい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.