ニュース
» 2005年05月27日 20時33分 公開

なぜゲームは愛されるのか――次世代ゲーム機までのミッシングリンク(1/3 ページ)

E3で発表された次世代ゲーム機――ここまで来てしまったハイスペックなハードの後ろには、脈々と繋がるゲームの血脈が存在する。KENTIAホールで見る海外ゲーマーの「愛」を“History of Video Games”で振り返る

[小林仁,ITmedia]

 次世代ハードの発表からはじまり、嵐のように過ぎ去っていった北米ロサンゼルスのE3取材。そんな中、ITmedia Gamesでは期間中に掲載できなかったモノや出来事をいくつかレポートしてみることにする。ゲーム機の歴史を振り返ることで、今回の次世代ゲーム機への繋がりが見えてくる。

E3では、日本のモーターショーやゲームショウではおなじみのレースクイーンやコスプレイヤーたちの姿を見かけることはあまりない。とは言えまったくいないわけではなく、よーく探せばこのようにアダルトな感じでブースに華を添えているお姉様もちらほら(THQブースではWWEのディーヴァ、ステイシーが来ていたそうな)。当然周囲は人だかり

 E3はゲーム業界で世界最大規模のトレードショーと言われるだけあり、その展示スペースはとにかく広大だ。とは言え出展している各メーカーのブースはある程度カテゴライズされているため、実はその“法則”さえ知っておくと実はE3巡りもだいぶ楽になる。おそらく来年もこの法則は通じるので、来年のE3を楽しむうえでもぜひこちらを一読してほしい。

 E3は大別すると、SCEと任天堂という2大コンシューマゲームメーカーが陣取る「WEST」ホール、マイクロソフトを含むPCゲームメーカーが軒を連ねる「SOUTH」ホール、そして中小ゲームベンチャー企業が集まる「KENTIA」(ケンティア)ホールの3ホールに分かれている。ところがWESTとSOUTHをつなぐ「CONCORSEホース」とWESTホール周辺に数十あるコンパートメントにあらゆるゲーム関係のメーカーが出展しているため、結果としてそのすべてを3日間で把握するのはほとんど不可能に近い。

 結果として、E3を訪れた人の多くはハードまわりの情報や新作タイトルが集中するWEST、SOUTHに出展された主要メーカーを重点的に見ることになる。そして、3日間ではその2ホールをまわりきるのがせいぜいで、第3のブースであるKENTIAホールを見逃す人は結構多い。

 ところがこのKENTIAこそ、実は日米のゲームカルチャーの違いを感じ取れると言う意味で、かなり貴重な場所だったりするのだからE3は侮れない。北米の「ゲームシーンを知る」だけならWESTとSOUTHで事足りるが、北米の「ゲーマーカルチャーに触れたい」のであればやはり、ここKENTIAは一度は訪れておきたい場所なのである。

巨大なブース設営が目を引くWESTやSOUTHに比べると、混沌とした感じなのが否めないKENTIAホール。PCゲーム系の周辺機器メーカーも出展しているため、ここを全部見ようと思うだけで1日はかかってしまう

 KENTIAホールに出展しているのは、周辺機器や中小ソフトハウス、エレクトロトイ関連のメーカーたちだ。もちろんドイツ最大の周辺機器メーカー「CHプロダクツ」をはじめ海外の大手もブースを出展しているのだが、大半が2コマか3コマのスペースでブースを開き、アメリカンドリームを狙うベンチャー企業であふれている。誰もが初めて足を踏み入れた時は「ここはE3のカオス空間だ!」といった印象を受けるだろう。

 ただ、こうした各ブースのレポートよりも先に今年もやっぱりKENTIAで目をひいてしまったのが“History of Video Games”(展)だ。これは昨年、E3開催10周年を記念して開催された“The History of Videogames Museum”と同様のもので、1970年〜90年代というビデオゲームの歴史を当時のアーケードやコンシューマゲーム機の“実機”とともにつづる貴重な展示会場だ。おそらく昨年の人気があまりに高かったため、今年も引き続き開催されたものと思われる。

昨年に引き続き貴重な“History of Video Games”展

1982年に発表されたATARI 800 HOME COMPUTER。ゲームもPCも遊べるホームコンピュータとして、Apple IIのライバルとして登場した

 この“History of Video Games”、何がすごいかと言えば歴代アタリのVCSシリーズからNES(Nintendo Entartainment System:初代ファミコン)に至るまで、ビデオゲームの歴史を作ってきた1970〜90年代の家庭用ゲーム機、携帯ゲーム機、アーケードゲームたちが直にさわれて遊べてしまう(カセットを入れ替えて遊ぶこともできる)展示スタイルとなっていることだ。そして、会場を訪れている人々を見て痛感したのが、こうしたオールドゲームに対する“文化の深さ”だった。

見よこの無造作な展示っぷり。日本で言えば保存状態の良い「カセットビジョン」や「ぴゅう太」が対応カセットとともにむき出しで置かれ「さあみなさん、好きなゲームを遊んでいいですよ」というフリープレイ状態に近い(年増の人にしかわからなくてすいません、でも日本ならガラス張りのショーケースに入れられそうなものだ)。あまりに無造作なのでセキュリティの人は大変そうでした

 知っての通り、ビデオゲームの歴史(と文化)は日本よりも北米のほうが5〜10年先行している。アーケードゲームの世界では1971年に世界初の商用アーケード「COMPUTER SPACE」、1980年代に「スペースインベーダー」と「パックマン」で大ブームが起き、家庭用ゲーム機の世界も1972年の「オデッセイ」の登場から1977年の「アタリ2600」(VCS=Video Computer System、いわゆるカートリッジ交換型のゲーム機)で空前のビデオゲームブームが到来している。

 のちに海外では1983年の“アタリショック”でゲーム市場が崩壊し、現在のゲーム史につながるNES(日本では1983年発表、北米では1986年発表)の時代が始まるが、この“ファミコン前史のゲーム文化を持つ”ことこそが日本と北米の違い、ゲーム文化の成熟度にも通じている。

 日本でもこうした歴代ゲームの展覧会が昨年「テレビゲームとデジタル科学展」として開かれたが、日本はこうしたことをアカデミックにまとめがちなのに対し、こちらではあくまでゲームは遊んでナンボ、触ってナンボのエンターテインメントに徹しており(ゲーム好きにとっては素直に)うれしい。まあ、単純に土地柄と言うのもあるかもしれないが。

 なお会場の規模的には、去年のほうが世界初の商用ビデオゲーム第1号「COMPUTER SPACE」、第2号「PONG」のプレイアブル筐体などもあったため、今年はややおとなしめ。その代わり、昨年にはなかったコンソールも登場しているので、そうしたレアなものを中心にこちらで紹介しておこう。

今年のレアもの第一弾は「ATARI VIDEO MUSIC」(1976年)。ステレオサウンドを通すことでちょっとサイケなCG映像をテレビ出力するアタリのビジュアルエフェクターで、ゲインをいじることでドット絵がリアルタイムに変化する。ディスコやサイケデリック世代を意識し、1970年代ならではのデバイス。翌年1977年にはアタリ初のビデオゲーム「ATARI 2600」が発表される
おそらく民生品のゲーム機史上最強のプレミアものと言えるのが、ゲームカートリッジ交換式のモニタ一体型ゲームマシン「ADVENTURE VISION」(1982年)の現物品。同年に発売された「Vectrex System」(高速船)はベクタースキャンモニタを採用していたが、こちらはなんとFL(LED)モニタを採用し、まさにエレクトロトイの芸術とも言える造り。こちらだけはさすがにショーケース入り。残念!
家庭用ゲームコンソール史を語るうえで欠かせないVCSこと「ATARI 2600」(1977年)。会場では「Odyssey Console」(1972年)、「Coleco Vision System」(1982年)などのVCS前後の世代と、「Turbo Grafix」(PCエンジン)や「Sega Genesis」(メガドライブ)を含めた「Nintendo Entertainment System」(1986年)以降のブースに分かれて設置されていた。当時のアメリカのリビングに合うよう、VCS世代はウッドパネルが多用されたデザインなのが面白い

コンシューマーの“鏡”となった80年代のアーケードゲーム

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」