ニュース
» 2005年05月27日 20時33分 公開

なぜゲームは愛されるのか――次世代ゲーム機までのミッシングリンク (3/3)

[小林仁,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

日本じゃ見られない周辺機器もずらり。KENTIAは今年も元気

 “History of Video Games”のことばかり書いてしまったが、KENTIAはいつも通りさまざまな周辺機器がサードパーティーから数多く出展されている。KENTIAの魅力は、ほとんどが販売ブースのため欲しいものがあれば“買えてしまう”ところだ。ただ今年は時間の関係で、これがイチ押し! というヘンなもの(失礼)は探しきれなかった。写真で気になったものをピックアップしておくので、ぜひその熱気を感じていただけると幸いだ。

PCのマザーボード一式をそのまま専用筐体に搭載した、「Virtual GT」。カスタムされたコントローラの出展が多いコンシューマゲームに比べ、PCゲームの周辺機器はむやみにでかい
ヘッドマウントディスプレイ製品も数社から出展されていたが、こちらはガンタイプのマウス(クリックがトリガーになっている)とセットになっているもの。類似品でガンタイプのコントローラ型もありました
今年になって増えたのが、「ダンスダンスレボリューション」のフットコントローラ周辺機器バリエーションだ。手足にセンサーをつけて「鉄拳」をプレイするアタッチメントなども出展されていた……が、これでマトモにゲームができるのだろうか?
ケータイに張るフィルムを、ニンテンドーDSやPSP、PDAに応用。サンプルを見るとiMac miniからゲームキューブまで張りまくりで「お前らただ張りたいんだけちゃうかい」と突っ込みたくなるブースが。でもXboxのトラ縞はちょっとカッコ良かったりする
日本じゃ絶対置けない(1.5畳は場所を取るであろう)、ドライビングシミュレータコックピットは相変わらずの人気。5.1chスピーカーシステムはもちろん、今年はハンドルコントローラの設置台が動くなど細かなギミックが搭載されたものも多い
これもPC系周辺機器らしいコックピットだが、こちらはフライトシミュレータとハンドルコントローラの設置台を跳ね上げて使う大掛かりなもの。こちらは売り物ではないです、と言っていたが1500ドルでお持ち帰りできた模様
CDについた傷をリペアする機器のブースも多かった。青いLEDで内部が光る1メートルもの巨大CDリペア機器から実用的なコンパクトタイプまで多数あったが、これもゲーム機がカートリッジからディスク時代に移ってからの傾向。それでは冒頭と同じく、最後はお姉様でしめることにします
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.