連載
» 2005年06月03日 16時52分 公開

Xbox 360の前にXboxを遊び尽くすPlay! Xbox その1(1/2 ページ)

今回からスタートするXboxコーナー「Play! Xbox」。「なんでいまさら?」という声も聞こえてきそうではある。筆者が現在、個人的にもっとも使い倒しているハード、Xboxの魅力がいま一つ伝わっていない日本で「Xbox 360」発売の前に少しでも伝えられれば幸い。

[松井悠,ITmedia]

今だからこそプレイしたい「Xbox」

 「E3 2005」において大々的に発表され、三雄そろい踏みといった感のある次世代機戦争。その中で海外の盛り上がりと比べると、国内では少しばかり冷ややかな目で見られている感のある「Xbox 360」。

 現行機のXboxは2002年に国内で発売されて以降、ディスクの外周に傷が付いてしまうという不具合の発生や、ユーザー期待のMMORPG「トゥルーファンタジーライブオンライン」の開発中止、電源コードの全交換など、ネガティブな話題ばかりが先行し、なかなかその真価を人々に理解されることがないまま、マイナーハードの位置に甘んじている。

 だが、欧州・北米のマーケットでは、ゲームキューブを追い抜き、プレイステーション 2に次ぐシェアを獲得、昨年11月には大作FPS(一人称視点のシューティングゲーム)「HALO 2」の発売本数が600万本を超えたりと、その実力は相当なものだ。しかし、日本では初めての登場である海外ハードウェアメーカーであるマイクロソフトと、日本向けにハードとソフトを提供し続けてきたソニーコンピューターエンタテインメント&任天堂とは「日本人好みのソフト供給」という点で大きく水をあけられてしまっていた。

 その反省を活かしたのか、今度のXbox 360では「ファイナルファンタジー」の生みの親である坂口博信氏、「Rez」や「スペースチャンネル5」などで知られる水口哲也氏、ゲームリパブリック代表の岡本吉起氏などの著名クリエーターと共にオリジナルタイトルの開発を進行。さらにスクウェア・エニックス、ナムコ、セガなど多くの日本ゲームメーカーの参入が発表され、筆者は「Xbox 360、いけるんじゃない?」という気がしている。しかし一部では「でもなぁ、Xboxだからなぁ」という声も変わらず聞こえてくる。

 そもそも本当に“Xboxにはロクなゲームがない”のか? 答えは否、である。「別にXboxはやらなくてもいいよ」と思っている方に、あえて今、次世代機が発表されているこのタイミングで申し上げたい。「Xboxの名作タイトルの数々をプレイしておかないのはもったいないですよ」と。

Xboxは確かに大きいし、野暮ったいイメージがある。しかし、この筐体も見慣れてくるとだんだん愛着がわいてくるものなのだ、というのはファンのひいき目なのか

Xboxユーザーから見たXboxの魅力

 実は筆者、発売直後にXboxを買ったわけではない。しばらくの間「Xboxは……ねぇ?(苦笑い)」という分かりやすい表情で購入を見送っていた。ところが、全長1メートル近く、ボタンの数は40個を超えるコントローラーとセットでのみ販売された伝説のタイトル「鉄騎」をプレイするために本体を購入してみたところ、5.1chスピーカーの環境でゲームがプレイでき、メモリカードいらず、さらにはネットワーク越しで多人数プレイが“快適に”遊べるXboxの魅力にずっぽりとはまりこんでしまう。

 今ではゲームサーバ用のものを含め、購入したXboxは6台を数え、ほぼ毎晩の用にXbox Liveに接続しては仲間といろいろなゲームを遊び倒すという、自他共に認める生粋のXboxマニアになってしまった。

 Xboxユーザーでない方は「なにが理由でそんなにはまっているの?」と思われるだろう。それでは、Xboxのどこにそんな魅力があるのか、1つずつ説明していこう。

 まず、現行のソフトウェアラインアップは常々指摘されているように、Xboxには日本人好みの壮大なロールプレイングゲームや、美少女満載のアドベンチャーゲームは極端に少ない。MMORPGに至っては1本も存在しない。ところが、欧米で人気のジャンルのレースゲームやアクションゲーム、FPS(1人称視点のシューティング)ゲームになると、タイトルはがぜん充実してくる。

 実車の挙動をほぼ完璧に再現した「Forza Motorsport」、日本でもアーケードで爆発的な人気を誇ったスパイクアウトのXbox版「スパイクアウト バトルストリート」、リアルな戦闘が売りの「レインボーシックス」シリーズなど、このほかにも高いクオリティのタイトルがそろっている。

 また、環境のセットアップにややハードルがあるものの、5.1chスピーカーや、高解像度のTV(別売の「Xbox コンポーネント AV パック」が必要)を使用すれば、今までのゲームライフとは比較できない高解像度のゲーム画面、そしてありとあらゆる局面で実感できるサラウンドの迫力を楽しむことができる。

 「音なんてどうでもいいじゃないか」という意見もあるだろうが、一度この迫力を体感してしまったら、TVのスピーカーではもう満足できなくなること間違いなし。

 さらに、先述したタイトルはすべてオンラインサービス「Xbox Live」でのプレイが可能で、オンラインプレイを行うことでさらに楽しさが広がる。……というよりも「ネットワークにつながなければ、タイトルの魅力の半分も味わえていないのでは?」と思えるほどオンラインプレイが面白い。

 「Xbox Live」については、次回記事で詳しく紹介するとして、まずは「Xboxでゲームをするならコレは押さえておきたいタイトル」をピックアップしていく。

先日発売されたばかりの「Forza Motorsport」。使い倒されてきた表現ではあるものの、その美麗なグラフィックには目を見張るばかり

「Halo 2」で海外作品のクオリティを感じる

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」