ニュース
» 2005年06月09日 19時34分 公開

「ティンクルスタースプライツ」が装いも新たに帰って来た――声優インタビューもあります (1/4)

数々の移植の果てに、すべてを新しく刷新しプレイステーション2に帰ってきた。期待しちゃう「ティンクルスタースプライツ 〜La Petite Princesse〜」の内容について、声優さんにちょっと聞いてみました。

[加藤亘,ITmedia]

 1995年にアーケードに登場するや、その他にはない対戦シューティングというジャンルと、ライトでキュートなキャラクターで人気となり、ネオジオ、セガサターン、ドリームキャストと移植された超絶送り合い対戦ゲーム「ティンクルスタースプライツ 〜La Petite Princesse〜」が、プレイステーション 2に登場する。

 今回のPS2版では新しいキャラクター、新しいストーリー、新グラフィックでの全面リメイクを行い、さらにマルチマッチングBB対応によりオンライン対戦を実現している意欲作だ。キャラクターデザインには、アーケード版に引き続き、藤ノ宮深森氏を起用している。今回、新しいキャラクターとして追加され、物語の中核となる3人の声を担当した声優の方々にインタビューしてみた。まずはその前に、ゲームの中身をちょっとだけ紹介しよう。

ストーリー

妖精界の王女が闇の帝王を聖なる力で倒して、願い星“ティンクルスター”を取り戻し、星の力で世界に光と平和をもたらしてからもう3日もの歳月が経ちました。でも……人々がそのことを忘れかけた頃に新しい災いはやってきたのです。突然何者かが、妖精界、天使界、悪魔界を繋ぐ星々のバランスがくずれる現象“スター・ディストーション”を起こしてしまったのです。このままでは世界がバラバラになってしまいます。それと同時に、頼りの妖精界の王女ロードランもどこかに失踪してしまったという噂が流れます。
その噂を聞きつけた、時の魔法使い“タイム・バターミット”は妖精界の王女の代わりに世界を元に戻すことを決心します。いえ、それ以上にタイムはロードランに会ってみたかったのです。「どんな女の子なんだろう……」これはこの世界に言い伝えられている、“ティンクルスタースプライツの伝説”の中のもう一つのお話です。

ゲーム内容は?

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」