卒業はまだ当分お預け?――娘たちだけの発売記念イベント「清華女子中学校 七夕祭り」(1/3 ページ)

2005年6月24日に発売されたWindows版育成シュミレーションソフト「卒業Next Graduation」の発売記念イベントとして「清華女子中学校 七夕祭り」が開催。初の“娘たちのみ”のイベントとなったその中身とは?

» 2005年07月05日 16時06分 公開
[遠藤学,ITmedia]

 2005年7月3日、お伝えしていた通り、Windows版育成シュミレーションソフト「卒業Next Graduation」の発売記念イベントとして、「清華女子中学校 七夕祭り」が都内にて開催された。

 本作は人気育成シミュレーション「卒業」シリーズの最新作にして、第1作目である「卒業 Graduation」に登場した清華女子高等学校“伝説の問題児5人組”の娘たちをヒロインキャラクターとしているのが特徴だ。

 今回開催された「清華女子中学校 七夕祭り」は、「卒業 Next Graduation 初回限定版」を購入した人の中から、抽選で400人を招待して実施。司会は前回のイベントと同じく、おたっきぃ佐々木氏が担当。

photo

 まずは本作の発売後ということもあり「本作をどこまで進めているか?」という質問を来場者にぶつけたところ、ほとんどの人が「エンディングを見た」、「現在プレイ中」と回答。とは言え、中には「購入しただけで封を開けていない」という人もおり、「そういうのは積みあがっていくんだから」と佐々木氏から突っ込みを受けていた。

 来場者とのやり取りも一通り済んだところで、「これ卒業なのか?」という佐々木氏の意味深な発言のもと、テーマソング「卒業攻略法 2005」にのってイベントはスタート。

 曲にノって振り付けを披露している佐々木氏を横目に見つつ、登場したのは新井勝美役の吉原ナツキさん、加藤結夏役の鹿野優以さん、高城レイ役の植田佳奈さん、中本梓役の鎌田梢さんの4人。5人目となる志村もこ役のこやまきみこさんは某イベントに参加のため、残念ながら欠席。とは言え、事前にコメントを収録していたとのことで、ところどころに音声のみで参加することとなった。

photo (左から)鎌田梢さん、植田佳奈さん、鹿野優以さん、吉原ナツキさん

OS降臨!パスしたらゲームからデリート?

 前回のイベントと違うのは、今回が娘役5人だけ(こやまさんも音声のみでも参加なので)のイベントとなっている点。というわけで、3者面談ではなく「個人面談」を実施。自称「OS(おたっきぃ佐々木)」を名乗る佐々木氏の質問は絶対であり、どんな質問であろうとパスはなし、もしパスをしようものならゲームからデリートする(OSなので)という非常に厳しい条件のもと個人面はスタートした。

 まずは「人生で最も恥ずかしかったことは?」という質問から。これに対しては、鹿野さんの「不注意でパンツを見せてしまう」という大胆発言が登場。「ありがとうございますとお辞儀をしたら、凄いミニスカートを履いていて……振り返ったらみんなが気まずそうにしていたり、地下鉄の空気が出てくるところを何となしに歩いてしまって、スカートがまくれ上がったり」というマリリン・モンロー張りのエピソードを披露してくれた。

 他にも、前に一度このテーマで話をしたことがあるという植田さんは「“裸で寝ちゃった話”はしたよね?」とファンに確認をとった後、「したらしいので、じゃあ別の話を」と発言。

photo

 これには会場全体が、むしろそっちの話を聞かせてくれ、というオーラを発したものの、「飲み会の際に同じ事務所のハニー(もちろん女性)とポッキーを両端から食べていたんですが、気を抜いた瞬間に唇が触れちゃって。その瞬間にそれまで優しい目で見ていた周りの人がパッと目をそらしたので、照れちゃうというか、別の意味で恥ずかしかったですね」という微笑ましいエピソードが披露された。

 続いての質問は「中学生の自分に会えたらどんな助言をする?」というもの。こちらでは吉原さんが「普通に真面目に勉強しなさい、ということですね。中学の時は凄く真面目な顔をしながら、“目を開けて寝る”という特技がありまして。3者面談の時に先生に『お母さん、吉原の授業中の目は違います。そのうち成績は上がりますよ』と言われたんですが、その先生の授業が一番眠かったんですよね」とコメント。

photo

 また、鎌田さんからは「中学生というか、学生の時は外に出ないで、ずっと家で本を読んだり映画を観たりして引きこもってたんです。最近、色が白くいからか『エリンギに似てるね』と言われまして。引きこもってばかりいたから白くなったと思うので、中学生の自分には『エリンギって言われるからもっと外で遊びなさい』と強く言いたいです」といった

 ちなみに外に出なかったという鎌田さんは体育が嫌いらしく、持久走は常に見学していたそうだ。これは佐々木氏も同様で、2人揃って体育嫌いの話をしていたのだが、この後にこやまさんの「中学の時は帰宅部だったんですが、どっかの部活に入っておけば良かったと思います。(部活の)話についていけないことが多くて、(今では)体力も全然ないので。やっぱりスポーツ系の部活に入って、小さいころから体作りをしたほうが良かったなと思います」というコメントが紹介された後は、「考え直したほうが良いか?」と思案しているのが印象深かった。

 そして個人面談最後となる質問では、それぞれの「将来の野望は?」という質問が登場。こちらでは「宝くじを当てて、北海道に住みつつ自家用飛行機で東京に通う(吉原さん)」、「舞台でもCDドラマでもいいんですけど、みんなで作品を作りたい。そのうち機会があれば、自主イベントとかもやりたいですね(植田さん)」、「フランスのお城を買おうと思っています。5000万円台からあるらしいので。お城を買ったら美術館を併設したい(鎌田さん」、「凄い現実的ですけど、とにかく可愛いお洋服が大好きなので、それをいっぱい置いたお店を持ちたい(こやまさん)」といった野望が語られた。

photo

 なお、鹿野さんは「将来的には司会者になりたい」とコメントしたのだが、これに敏感に反応した佐々木氏が「こっちに立ってみますか?」と司会・進行を促したため、早速にも野望が叶ってしまった。というわけで、今後の野望としてはとりあえず「吉原さんの持つ自家用飛行機のパイロットになる」を掲げるとのことだった。

photo 早速にも野望を叶えた鹿野さん

小・中学生の問題と侮ることなかれ

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/13/news011.jpg 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  2. /nl/articles/2407/08/news120.jpg 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  3. /nl/articles/2407/10/news171.jpg パパが押入れに作った秘密基地、4年後には…… 次第に2人娘に奪われていく過程に「最高」「コレは欲しい」 秘密基地の現在は?
  4. /nl/articles/2407/12/news027.jpg 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  5. /nl/articles/2407/12/news151.jpg カインズの家電が使用中に発火…… 「ただちに使用中止」呼びかけ、約1万5000台回収 「心よりお詫び」
  6. /nl/articles/2407/12/news021.jpg お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  7. /nl/articles/2407/11/news032.jpg 「考えた人天才やろ」 ある地下鉄のホームドアに書かれた“マジで助かる表示”に「全駅でやるべき」など絶賛の声
  8. /nl/articles/2407/13/news076.jpg 大谷翔平の妻・真美子さん、レアな“動画登場”にネット歓喜 ドジャース夫人会の女子会に反響「溶け込んでる」「素敵な時間」
  9. /nl/articles/2407/12/news116.jpg GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  10. /nl/articles/2407/11/news117.jpg 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
  2. ヤマト運輸のLINEに「ありがとニャン」と返信したら…… “意外な機能”に「知らなかった」と驚き
  3. “性被害”描くも監督発言が物議の映画、公式サイトから“削除された一文”に「なぜ」「あまりにも……」
  4. イヌワシが捕えて飛ぶのはまさかの…… 自然の厳しさと営みに感動する姿が660万件表示「こんな鮮明に見えるのは初めて」
  5. 大好きな新聞屋さんに会えた柴犬、喜びを爆発させるが…… 切なすぎるお別れに「大好きがあふれてる」「帰りたくなくなっちゃいますね」
  6. 「爆笑した」 スイカを切ったら驚きの光景が……! 自信満々に収穫した夫婦を悲しみと失望がおそう
  7. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  9. 「ロンハー」有吉弘行のヤジに指摘の声「酷かった」「凄く悲しい言葉」 42歳タレントが涙浮かべる
  10. 東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」