コラム
» 2005年07月19日 12時50分 公開

中国の大衆的PCゲーム事情(1/2 ページ)

中国の一般的な所得者ではコンシューマーゲーム機は高嶺の花。そうはいっても若者は誰もがゲーム大好き。そこで彼らが向かったものはPCゲーム。日本人にとっては爆安とも感じるこれらの遊戯事情を紹介する。

[山谷剛史,ITmedia]

テレビゲームよりPCありき

 中国の一般的な所得の人々にとって、コンシューマーゲーム機はいかんしがたいほどの高価格。そこでコンシューマーゲーム機を購入する代わりに、一人っ子政策真っ只中の愛しき我が子の教育がため、PCを導入する家庭が続々と増えている。

 その昔、ファミコンが「100in1カートリッジ」がきっかけで広く普及したように、また最近では、mp3プレーヤーや電子辞書がやたらと多機能化したり、多くのメーカーが十数in1を売りにしたカードリーダーを発売するように、中国人にはとにかく「1つのものに何でもかんでも詰め込んだ」多機能でコストパフォーマンスの高いモノが好まれる。

 そのため、いろんなことができるPCもここ数年で広く普及した。ちなみに家庭内で求められる「PCでできるいろんなこと」は日本において「インターネット、テレビ録画、デジカメ画像の保存、家計簿、年賀状作成」となるが、中国では「チャット、DVDにVCDの鑑賞、ゲーム、ビジネス」なのだ。

 さて、中国では「いろいろできるPC」をいったん導入してしまえば、ゲームソフトはタダ同然ということになってしまう。正規版のソフトはどこで売られているかすらわからない一方で、コピーCD屋では100円もしない価格(日本人にとっては500円くらいのチャーハン一杯程度の価格感覚)で、違法なゲームソフトが売られている。

 売られているのは、エミュレータやら、欧米のPCゲームやら、日本のPCゲームを独自に中国語化したPCゲームやら、中国語化すらしておらず中国語OSでは文字化けが激しくストーリーすら読めない18禁ソフトやら。そして中国産のゲームでさえも、例にもれず違法コピーされて売られている。

というわけで、コピー屋のワゴンセールを漁る人々

販売メーカーの騙しと消費者の困惑

 破格の値段で売られるこれらのパッケージは、CD-Rをビニールに入れ、それをゲームのタイトルが印刷された封筒のような形状の厚紙に放り込んだだけのもの。店によっては、プラスチックのCDケースに入ったもうちょっとまともなパッケージや、日本のPCゲームのような大きくてしっかりしたパッケージも売られているが、実を言うと、こちらもホンモノとニセモノが混ざっている状態で一般消費者が判別するのは不可能に近い。消費者が「海賊版を買うまい」と「まともなパッケージ」を購入しても、海賊版をつかまされる可能性が大きいのだ。

大きい箱パッケージのソフトでも海賊版あり,要注意!

 例として、簡易パッケージながら正規版を謳い、価格も中国人に手ごろな10元からラインアップを用意している「芝麻開門」という、中国では有名なブランドを紹介しよう。このブランドは中国の電脳街はもちろん、本屋などでも販売されている信頼あるブランド。

 至極まっとうなソフトもラインアップにあるが、一方で日本の音楽がmp3ファイルで何十曲も詰め込まれたCDや、何十本もソフトが付いたエミュレータや、日本のテレビアニメなど、どうみても日本人から見れば「ブラック」なものもある。

 この芝麻開門を提供している北京正普科技発展有限公司では「芝麻開門」以外にも日本のPCソフトのように、まともにパッケージされたものもあるが、オリジナルを制作した日本のゲーム会社何社かに確認したところ、中国での販売は一切許可していないところがほとんど。つまりNGである可能性が強い。

 この芝麻開門は一例に過ぎないが、とにかく中国人にとってはそれが本物かどうか、パッケージがまともかどうか以外に判断できる材料がない。そもそも怪しげなコピーCD屋から購入する消費者にも問題はあるが、それ以上に違法コピーを消費者も知らないうちに蔓延させた販売側の責任はそれ以上に大きい。

スーパーの広告にも普通に芝麻開門が掲載されている

芝麻開門のソフトの一例。ほとんどの日本のソフトウエアが許諾を与えていないというが

オンラインゲームで伸びる中国ゲーム産業

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  3. /nl/articles/2201/26/news014.jpg 飼い主がストーブ前に座ると、黒柴三兄弟がのってきて…… 団子状態で暖をとる子犬に「鼻血でるほど可愛い」
  4. /nl/articles/2201/26/news103.jpg 超笑顔だ! 笑わない男・ラグビー稲垣啓太とモデル・新井貴子が結婚、初夫婦でデレデレの笑み
  5. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  6. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news043.jpg なかやまきんに君、「お願いマッスル」カバーMVで“自慢の肉体美”を披露 本家は2億4000万回再生超え
  8. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  9. /nl/articles/2201/26/news019.jpg 子猫「肉球ぜんぶ見せたげよっかな?」 かわいい肉球をもったいぶる子猫に全力で「見せて!」とお願いしたい
  10. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」