甘酸っぱい思い出を胸に、新たな気持ちでプレイ――「タイトーメモリーズ 上巻」

1978年〜1997年までに業務用として稼動した、タイトーの珠玉のタイトルを集めた本作。上巻下巻に分かれたこの2本には、合わせて50本ものタイトルが収められている。今回は7月28日に発売された上巻から「バブルボブル」に焦点を合わせて紹介しよう。

» 2005年08月02日 08時31分 公開
[桜山憂太,ITmedia]

奇抜なアイディアと絶妙なバランス

 1986年に業務用として「バブルボブル」が稼動し始めた時、自分は中学1年生。当時通っていた学校はゲームセンターへの出入りが禁止だったため、業務用のゲームを遊ぶのはもっぱら当時から入り浸っていた駄菓子屋だった。

 初めてバブルボブルをプレイした感想は「いまいちわっかんねぇ」という、開発者が聞いたら憤慨しそうな失敬なもの。当時のゲームは、単純明快なアクションゲームが多く、説明書などはあまり読まなくても、だいたいがジャンプと攻撃という2つのボタンを使用していた。だが、バブルボブルの攻撃ボタンにあたるのは「泡」ボタン。プレイヤーキャラのバブルンの口から、もわっと「泡」が出てくるもの――よくあるアクションゲームなら、この泡を当てて敵を倒していくのだが、バブルボブルは敵を一度泡に閉じ込めなければ倒す事ができない。

 その仕様自体、当時のタイトルとしては、奇抜なもので、さらに横スクロールが隆盛を極めし時に、前衛的とも言える一画面固定。これらの要素を踏まえて前述の「いまいちわっかんねぇ」という言葉が出てしまったのだろう。

遊ぶたびに新たな発見があるのも、バブルボブルの特徴。他人のプレイを見て、勉強したりもして。とにかくうまくなることが、肌に感じられるゲームでもある

 しかし、当時のゲーム仲間と2Pプレイをしてみた事から状況は一変した。1人でプレイする事で、難易度の高かったステージなどが、お互いの役割を作る事で簡単になっていく。さらに、泡がどのように流れて行くかの「気流」や、出現するアイテムの効果的な使い道、敵の行動パターンを覚える事で、どんどん深みが増していったのだ。

 つまり、泡を吐いて敵を倒す一画面の単調なゲームと思っていたものが、その場の状況を臨機応変に捉え、2Pとの協調性が重要視されるゲームなのだと理解。逆に言えば1人プレイだと中盤以降の難易度が急激に上がる、かなりバランスの考えられたゲームとなっているのだ。

アイテムの杖を取ってから、最後の敵を倒すと巨大な食べ物が降ってくる。その時点で泡だったものは、すべて食べ物に変化するので、泡を吐きまくってから倒すのが常套手段。通常の面では、スコアの百と千の桁を合わせる事で泡が食べ物になる
薬を取ると、その面自体がボーナスステージに変化する。足場の少ない面では、極端に難易度の高いボーナスステージになることもある

ゲームそのものを楽しみつつ、長く長く遊ぶ

 懐かしさとともにプレイをする事で、あの頃の思い出も蘇ってくるものである。当時は、だいたい1プレイ50円の世界。最近の人たちにとっては、「50円で遊べるなら安いじゃん」と思われるかもしれないが、我々の(当時子供だった)世代のこづかいなどは、それはもう悲惨なもので、50円がどれほどの価値があっただろうか(もちろん貧富の差で経済価値は変わるだろうが)……。

 だからこそ、1プレイでどれだけ楽しめるかが焦点になっていた。臨時収入があった時などは、脱衣麻雀などに手を出したりして、ブルジョワっぷりを堪能したりするが、刹那的に終わってしまうようなゲームとは真逆に、バブルボブルは上達して2Pでの協力プレイが確立されれば長く遊んでいられる。100面あることを知った時には、最初は愕然としたものだが、よくよく考えれば続けることさえできれば、恐ろしいほどのコストパフォーマンスである。当然、当時のプレイスタイルは、長く遊ぶためのものを突き詰めたものだった。

  • ワープパラソルは取らない
  • 20、30、40面のシークレットルームは、2人で半分ずつ分ける
  • EXTENDでの1upは、残機が少ない方に譲る
  • 100面をクリアする時は、ジャンケンで負けた方がわざとミスる
  • 隠しコマンド(ORIGINAL GAME・POWER UP)を入れる
ワープパラソルは取る事で、難易度の高い面を飛ばすことも可能。戦略性に長けたアイテムだが、シークレットルームの前では絶対に取らないことが重要

 特に下の2つは必須。まず、100面でわざとミスるのは、1P、2Pとも生き残っている状態で、クリアしてしまうとエンディングに行ってしまうからである。つまり、その時点でゲームは終了。残機がいくら残っていても、ゲームは終わってしまうのだ。これは、悲しい。せっかく増やしたのに意味がなくなってしまうなんて。

 前述した通り、長く遊びたい我々は、ラスボスのスーパードランクをもう少しで倒せそうな所までは協力してダメージを与えておく。そして、頃合いを見計らってじゃんけんをし、負けた方はわざとミスってゲームオーバーにするのだ。生き残ったプレイヤーはスーパードランクを倒して、ZAPPINGする(50面以降に飛ばされる)ことでさらにゲームを続けられるといった寸法だ。上達すれば、ここからさらに100面を目指し、さらにZAPPINGすることも可能。駄菓子屋から筐体が消える頃にはやりこみは相当なもので、ZAPPINGした時点でギャラリーの子供に残りをやらせるなんて、ちょっとした自己満足感を得たりもしていた。

 当時は、隠しコマンドを邪道とする流れもあったが、1プレイを大事にする我々は、ストイックにハイスコアを狙う遊び方よりも、純粋にゲームを楽しむためにコマンドを使用していた。やはりミスをしてしまって、パワーダウンしたり、シークレットルームに入れないのはストレスになる。

 今回のタイトーメモリーズに入っているバブルボブルにも、隠しコマンドは存在するので、使いたい人は入れてみるといいだろう。余談ではあるが、当時はコマンドを入れる者と、ジュースを買ったりトイレに行ったりする人間に分担するという分業制が流行っていたものだ。

  • スーパー(裏面)

コイン投入前にタイトル画面でSTART 、×、□、←、→、×、START、→ボタンを入力するとタイトル画面に「Super」と表示され、裏面をプレイすることができる。ただし、一度に1つのコマンドしか入力できないため、複数の効果をいかしたい時はデモをループさせないと駄目(※コマンド受付は、コントローラ1側のみ)。

  • オリジナル(隠し面)

コイン投入前にタイトル画面で□、×、□、×、□、×、→、STARTボタンを入力すると、ノーミスでクリアしないと出現しないシルバードアとゴールドドアが出現し、隠し面に入ることができる。入力成功時はタイトル画面左下に青文字が出ればOK。ただし、一度に1つのコマンドしか入力できないため、複数の効果をいかしたい時はデモをループさせないと駄目(※コマンド受付は、コントローラ1側のみ)。

  • パワーアップ

コイン投入前にタイトル画面で←、×、←、START、←、□、←、STARTボタンを入力すると最初から連射、くつを持った状態でプレイできる。入力成功時はタイトル画面左下に赤文字が出ればOK。ただし、一度に1つのコマンドしか入力できないため、複数の効果をいかしたい時はデモをループさせないと駄目(※コマンド受付は、コントローラ1側のみ)。

懐かしのタイトル画面。ここでコマンドを入れて、成功すれば左下に文字が表示される。複数のコマンドを入れたい時は、そのままデモを流し続けて、次に同じ画面になった時に別のコマンドを入れればよい

温故知新の意味を如実に体感できるこの1本

 もちろん、タイトーメモリーズはバブルボブルだけでなく、25本ものタイトルが遊べる。ジャンルもアクション・シューティング・パズルなど、様々なものが入っており、お得感は非常に強い。昔のタイトルと侮ることなかれ。単純さの中の奥深さは、最近のゲームが忘れている何かを思い出させてくれるだろう。リアルタイムで遊んでいない人は新たな発見を、当時お金を注ぎ込みまくった人は、懐かしさを思い出して堪能してほしい。30代以上の人間なら、間違いなく鼻の奥がつーんとしてくるはず。ちなみに、バブルボブル以外でのオススメは「マジェスティックトゥエルブ」。ぜひ“キャトられて”、腹を抱えて笑ってほしい。

EXTENDでの1upは、ひとときの休憩タイム。画面左下の残機表示は最大5つまで。それ以上増やしても表示はされないが、ストックはしっかりされている
隠しコマンドをいれずに、1人でプレイをした結果、41面でゲームオーバー……。当時の自分が後ろで見てたら、嘲笑でしょうな

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/13/news011.jpg 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  2. /nl/articles/2407/08/news120.jpg 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  3. /nl/articles/2407/10/news171.jpg パパが押入れに作った秘密基地、4年後には…… 次第に2人娘に奪われていく過程に「最高」「コレは欲しい」 秘密基地の現在は?
  4. /nl/articles/2407/12/news027.jpg 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  5. /nl/articles/2407/12/news151.jpg カインズの家電が使用中に発火…… 「ただちに使用中止」呼びかけ、約1万5000台回収 「心よりお詫び」
  6. /nl/articles/2407/12/news021.jpg お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  7. /nl/articles/2407/11/news032.jpg 「考えた人天才やろ」 ある地下鉄のホームドアに書かれた“マジで助かる表示”に「全駅でやるべき」など絶賛の声
  8. /nl/articles/2407/13/news076.jpg 大谷翔平の妻・真美子さん、レアな“動画登場”にネット歓喜 ドジャース夫人会の女子会に反響「溶け込んでる」「素敵な時間」
  9. /nl/articles/2407/12/news116.jpg GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  10. /nl/articles/2407/11/news117.jpg 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
  2. ヤマト運輸のLINEに「ありがとニャン」と返信したら…… “意外な機能”に「知らなかった」と驚き
  3. “性被害”描くも監督発言が物議の映画、公式サイトから“削除された一文”に「なぜ」「あまりにも……」
  4. イヌワシが捕えて飛ぶのはまさかの…… 自然の厳しさと営みに感動する姿が660万件表示「こんな鮮明に見えるのは初めて」
  5. 大好きな新聞屋さんに会えた柴犬、喜びを爆発させるが…… 切なすぎるお別れに「大好きがあふれてる」「帰りたくなくなっちゃいますね」
  6. 「爆笑した」 スイカを切ったら驚きの光景が……! 自信満々に収穫した夫婦を悲しみと失望がおそう
  7. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  9. 「ロンハー」有吉弘行のヤジに指摘の声「酷かった」「凄く悲しい言葉」 42歳タレントが涙浮かべる
  10. 東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」