アリ、クモ、ムカデ、巨大昆虫再襲来。こんなのアリ!?(1/2 ページ)

D3パブリッシャーの代名詞、SIMPLE2000シリーズの傑作「THE 地球防衛軍」の続編「THE 地球防衛軍2」がついに登場。噂が噂を呼び、発売後しばらくしてから量販店や中古ショップでは品切れが続出した前作だが……果たして今作のデキはどうか。

» 2005年08月10日 17時59分 公開
[立花裕壱,ITmedia]

面白くて安ければ言うことなし

 この値段でこんなに遊べていいの!? 初めて「SIMPLE2000シリーズ Vol.31 THE 地球防衛軍」を遊んだとき、筆者は思わずこう叫んでしまった。価格はSIMPLE2000シリーズだけに税込2100円という驚きの安さ。普通のゲームの約3分の1だし、ラーメン屋でちょっと贅沢してチャーシューメンにビールと餃子を追加したら、あっと言う間に財布からすっ飛んでいってしまう値段だ。

 なのに、20時間は軽く遊べて、しかも友人が来たときには協力プレイもできて重宝する。地球防衛軍は、万年金欠に喘ぐ筆者や、お小遣いが少ない学生さんには、本当にありがたいソフトだったと思う。

photo その作り込みから“2000円のソフトとは思えない”と口コミで広まっていった地球防衛軍

 だから、多くのゲームファンが放っておくはずもなく、噂が噂を呼び、発売後しばらくしてから量販店や中古ショップでは品切れが続出した。今作の「SIMPLE2000シリーズ Vol.81 THE 地球防衛軍2」は発売初日から“早くも品切れでした”というファンの書き込みがあちこちのサイトで見られたが(もう人気シリーズの仲間入りか?)、“安くていい物なら売れるに決まってる”と声を大にして言いたい。

 少し真面目に分析するなら、前作はSIMPLE2000シリーズのイメージを変えるきっかけになったソフトだと思う。それまでのラインナップは、「麻雀」、「ブロックくずし」、「ビリヤード」のようなテーブルゲームの延長戦上のソフトが多かったが、地球防衛軍が登場した前後から、B級映画っぽいノリを持った個性的な作品が出始めた。

 「SIMPLE2000=単純なゲーム」と思い込んでいた筆者も、「SIMPLE2000=誰にでも遊びやすくて直感的に楽しめるシリーズ」と考え方を改めさせられた。

photo 今回はビッグベンも狙う巨大アリ。ロンドンにも我らが地球防衛軍が出動し、撃退することに

ボリュームアップの正統進化作

 さて、期待の今作は果たしてどうか? 前作はそこそこ面白かったけど今作はねぇ、という悪いパターンにハマらなければいいな、と思いつつプレイしたのだが、その心配はまったくムダだった。

 前作の長所である“お値打ち感”は数段アップ。ステージ数は、3倍近く用意されている。「終章」は36面だが、実はそのあとも……。と、あまりのボリューム感に圧倒されてしまった。

 ジャンルは前作と同様3Dシューティング。街をワシャワシャと這い回る巨大化したアリを、端から撃って撃って撃ちまくる! 地球防衛“軍”と言いながら、基本的にたった1人で戦うのは寂しいが、その分、“オレが地球を守るしかない!”という気にさせられる。

 舞台は、前作から2年後の世界。

 前大戦の傷も癒え、復興に務めていた人類。だが、2019年6月12日、悪夢はよみがえる。ロンドンに巨大生物が多数出現、街を襲い始めたのだ。特務部隊ペイルウイングも加わり、再編成された地球防衛軍が再び出撃する。

 この手のゲームで、シナリオはあまり重要ではないが、相変わらず地球は危機的状況のまっただ中、といった具合だ。

photo 円盤がまたしても都市上空に出現、UFOを次々と放出する。これを撃ち落とさねば、戦いは終わらない

 ゲームの流れも前作とほぼ同じ。まずは、単独プレイか協力プレイかを選択する。各ステージに出撃する前にやることは装備選択だ。「アサルトライフル」、「スナイパーライフル」、「ショットガン」、「ロケットランチャー」、「ミサイル」、「グレネード」、「特殊兵器」と7つのカテゴリーから武器を2つ選んで装備する。

 ゲーム開始時は手持ちの武器はわずかだが、敵を倒すとフィールドに出現するアイテム「WEAPON」を取ることで、次第に強い武器がそろっていく(武器以外にも、最大体力を増やす「ARMOR」や回復アイテムを敵は落とす)。

 武器にはそれぞれ与えるダメージ量のほか、リロード時間、有効射程距離、精度など、多くのパラメータが設定されている。また、武器ごとに細かいコメントがついているのもマニア心をくすぐる。

 公式サイトによれば今作の登場武器はなんと250種類以上! このこだわりはすごい。ステージ攻略の成功・失敗は選ぶ武器によっても変わる。数ある武器のどれを選ぶかが、地球の運命を分ける第1歩なのだ。

photo ずらりと並ぶ武器は壮観。体力が回復するリペアースプレー、弾が反射するバウンドガンやかんしゃく玉なんて面白い武器も
photo 装備したらステージ選択。場所が市街地か砂浜か、敵のせん滅か母艦の撃退かで、選ぶべき武器も大きく変わる
photo 自分の武器の爆風に巻き込まれ、大ダメージを食らうことも。あらかじめ着弾距離や火力など性能を把握する必要がある

新兵種、ペイルウイングが参戦

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  2. /nl/articles/2407/22/news027.jpg スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  3. /nl/articles/2407/22/news048.jpg 宿題にイラつく9歳長男→部屋から出てきたら…… “まさかの気分転換”に「すばらしい」「いずれ大成するでござる」
  4. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. /nl/articles/2407/19/news171.jpg 「なに目指してんねんw」 ギャップが激しい“JAL職員の理想と現実”が160万再生! 「おもろい」「意外すぎ」と反響続々
  6. /nl/articles/2407/19/news096.jpg ママが寝ている横で……? 赤ちゃんによる早朝の“秘密の遊び”に39万いいね「かわいい」「良い子すぎる」
  7. /nl/articles/2407/21/news008.jpg 大雨の直前、迷子の子猫を急きょ保護→家に連れ帰ったら…… 大胆なギャップに「大笑いしました」「これからが楽しみ」
  8. /nl/articles/2407/18/news017.jpg 知っていると一目置かれる“旅館浴衣のキレイな着方”に「これ知りたかった!」「わかりやすい」 一級着付け技能士が解説
  9. /nl/articles/2407/22/news115.jpg 橋本環奈「立ち直れそうにない」トラブルにいたわりの声続出 「絶望感ハンパない」「ほんとに号泣案件」
  10. /nl/articles/2407/20/news074.jpg もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」