シリーズ最新作「クラッシュ・バンディクー がっちゃんこワールド」はアクションとレースを“がっちゃんこ”(1/2 ページ)

ビベンディ ユニバーサル ゲームズは、「クラッシュ・バンディグー」シリーズ最新作を今冬にリリースすると発表した。

» 2005年09月06日 17時53分 公開
[ITmedia]

 ビベンディ ユニバーサル ゲームズは、クラッシュ・バンディグーシリーズ最新作である「クラッシュ・バンディクー がっちゃんこワールド」を、2005年冬にプレイステーション 2(PS2)、プレイステーションポータブル(PSP)、ニンテンドーゲームキューブ(GC)の3機種で発売する。

 1996年12月、初の奥スクロールアクションゲームとして産声を上げた「クラッシュ・バンディクー」は、99年のシリーズ4作目にして「クラッシュ・バンディクー レーシング」とレースものが加わるなど番外編も含め、現在PS、PS2、GBA、GC、Xboxとハードを問わずシリーズを積み重ねている。基本的にお馬鹿で、小ネタがいっぱいの脱力系ゲームではあるが、アクションゲームとして秀逸で、ファンも全世界に多数存在する人気作である。

 今回のシリーズ最新作は、悪評価テーマパーク「ボン・クラッチ モーターワールド」を舞台に、盗まれた“ブラック・パワーストーン”と“パワーストーン”争奪戦が繰り広げられる。今までのシリーズで展開してきたアクションゲームとしてのクラッシュと、レースゲームとしてのクラッシュが、まさに“がっちゃんこ”と合体させたのが本作の特徴となる。

 もちろん主人公のクラッシュ・バンディクー&その仲間たちと、世界征服をたくらむネオ・コルテックス博士たちの相変わらずのドタバタ模様は健在。

「ボン・クラッチ モーターワールド」は、センターエリアを含む全6エリアで構成されている。センター以外の5つのエリアは、各3種類(+1種類)のサーキットと1種のバトル(ミニゲーム)アリーナが基本

 ゲーム進行は、いたってシンプル。アクションゲームの途中にレースゲームが差し込まれていくアドベンチャーモードがメインの部分となる。アクションパートでは、レースで使用するキャラや車を増やしたり、ミニゲームをクリアしてコインを貯めたり、そのコインを使用して車や武器をアップグレードさせることができる。ちなみにレースパートでは2人で遊ぶことができる。

 本作でもパーティーゲームとしても重宝するマルチプレイヤーモードが搭載されている。機種にもよるが、8人まで対応しているPSPなどでは、アドベンチャーモードで解放されたキャラクターや車、サーキット、コスチュームなどを組み合わせて選択し、レースやミニゲームを遊ぶことができる。レース、バトル、ミニゲームのステージには、20種類ほどのコースやバトル・アリーナ、スタント・アリーナが用意され、対戦やチームバトルが楽しめる。

クラッシュ・バンディクー
本作主人公。ちなみにバンディクーとは、タスマニア島に生息する有袋類で、フクロネズミとも呼ばれている絶滅危機種で実在する生き物。この生き物をモデルにバンディクーは生み出された。シリーズのクラッシュ君は、怖いもの知らずの正義漢
ココ・バンディクー
クラッシュの妹。兄よりも賢くて、ハイテク機器を使いこなす。「2」から参戦し、時には兄よりも活躍する頼れる存在
ネオ・コルテックス博士
狂気にとりつかれた悪の科学者。クラッシュを作り出した張本人であり宿敵。こう見えても頭はいい。ただし、今のところだいたいはクラッシュたちに最後はやられてします
エベニーザー・ボン・クラッチ
モーターワールドの創設者。人が困る姿を見るのが大好きで、テーマパークを建設した。現在はかつての力を失いつつあるという

 このほかにも、元々コルテックスがクラッシュ打倒のために作り出されたが、洗脳が解け、クラッシュの仲間になってしまっているクランチや、コルテックスの姪っ子で叔父以上の頭脳の持ち主のニーナ・コルテックス、レースに命をかけるボン・クラッチの忠実な部下であるパサディーナ・オポッサム、事故のせいで頭にミサイルが刺さってしまっているコルテックスの右腕であるエヌ・ジンなどが登場する。

 以上8人がPSPでのレースなどで使用できるキャラクターとなる。アクションでは、彼らはNPCとしてゲームに登場する。ちなみに、レースやアクションでコインを集めるとコスチュームチェンジができると触れたが、カウボーイや宇宙服、ダンサーや着ぐるみなど25種類ほどが購入できるとのこと。なお、PS2は最大2人まで、GCは4人までプレイできる。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/23/news139.jpg 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  2. /nl/articles/2405/22/news054.jpg 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  3. /nl/articles/2405/23/news055.jpg 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
  4. /nl/articles/2405/23/news213.jpg YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  5. /nl/articles/2405/22/news186.jpg ステージ上のアイドルグループに投げかけられた言葉、運営が対応に本腰 「非常に不快であり、許されるものではありません」
  6. /nl/articles/2405/23/news156.jpg 「ミートパイ」なのに“畜肉”使わず…… ミスタードーナツ謝罪「誤解を招く表記」 実際は「大豆ミート」使用
  7. /nl/articles/2405/23/news025.jpg 「妻のスシロー&くら寿司の食べ方が天才すぎた」 420万再生突破“超意外なカスタマイズ”に「子供にいいですね」「私もやってみよ」の声
  8. /nl/articles/2405/23/news110.jpg 星野源さんめぐり拡散のSNS投稿、所属事務所は「そのような事実はない」「法的措置を検討」 星野さん、新垣さんも否定
  9. /nl/articles/2405/23/news174.jpg 北村匠海、誹謗中傷に心労か 「確かに僕らは殴りやすい でも人間であることに変わりはありません」
  10. /nl/articles/2405/23/news027.jpg 「さすがに激ヤバ過ぎ」 アイスの「ピノ」購入→とんでもない“神引き”に驚愕「強運すぎる」「すごい確率」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評