連載
» 2005年11月04日 22時41分 公開

初代「Harpoon」のヒゲ親父にキュン勝手に連載!「レトロ“PC”ゲームが好きじゃー」(1/5 ページ)

本能のままに突撃するこの連載。その最初に登場するのはもちろんHarpoonである。PCウォーゲームといえばこのタイトルは外せない。登場から十余年経ち、膨大なパッチとシナリオが出現し、そして、関わったメーカーはすべて消滅した「伝説のウォーゲーム」が、いま、よみがえる。

[長浜和也,ITmedia]

Harpoonといえばこの「顔」です

 前回「へクスとターンというボードの世界からウォーゲームに入ってきた私」は、国産PCウォーゲームに違和感を感じて海外PCウォーゲームにのめりこんだ、と書いてはいるのだが、そんな私が最初に入手した「PCウォーゲーム」は、バリバリのリアルタイムシステムを採用した「Harpoon」であった。Harpoonといえば、

おおおお、お懐かしゅうございます

 「ヒゲの大佐」である。いや、艦船シミュレータなら主役は「艦長=Captain=海軍大佐」(潜水艦シムなら艦長=Commander=海軍中佐)であるが、作戦級というHarpoonのゲームスケールからすれば、主役は「司令官クラス=admiral(もしくはcommodore)=提督」である。きっと「ヒゲの彼」の階級もそうなのだろう。しかし、日本人ウォーゲーマーならば「ヒゲ」とくれば、これはもう「大佐」なのである。

 ……というような、たぶん一部のロートルウォーゲーマーにしか分かってもらえないエピソードはどうでもいい。1989年、日本が平成の世になって間もないころに、PC版Harpoonは登場した。「PC版」がある、ということは「ボード版」がある、というわけで、1981年に紙ベースのHarpoonが出版されている。

 このHarpoonは1987年に(その業界では大手の)GDWからルール改定を経て出版され、日本でもホビージャパンが日本語版を発売した。「レットオクトーバーを追え」の作者、トム・クランシーが軍事設定の一次資料として利用し、そして「レッド・ストーム作戦発動」執筆のきっかけが、彼とこのゲームのデザイナーであるラリー・ボンドと行ったHarpoonのプレイであったことは、有名な逸話だ。

 しかし、Harpoonはそういったエピソードを抜きにしても、そのユニークなデザインゆえに多くのゲーマーから注目されていた。GDWからHarpoonが出版された当時、現代海戦を扱ったゲームタイトルとしてSPI「TaskForce」とVictory Games「SIXTH FLEET」が知られていたが(S&T誌のSIXTH FLEETは一般的とはいえなかった)、これらは「ヘクスとターン」を採用し、艦船データを簡単な相対値に置き換えたユニットを用いる、オーソドックスなウォーゲームとしてデザインされていた。

レッド・ストーム作戦発動は欧州におけるNATOとソ連の全面戦争を想定した仮想小説。海軍作戦ではアイスランドのキエブラヴィーク空軍基地を巡る戦いが1つの焦点となるが、このプロットはHarpoonの北大西洋キャンペーンシナリオ「コンボイ-84」がベースになっている、とその序文に記されている

紙ベースのHarpoonが初めて出荷された当時、日本で入手できたほぼ唯一のウォーゲームがSPIの「TaskForce」(邦題は大西洋艦隊)である。このデザイナーがTaskForceをベースにして後にSIXTHFLEETをはじめとするFLEETシリーズをVictoryGamesから出版する

紙ベースのHarpoonは後にGDWから登場。このバージョンは翻訳され日本でも出版された。下にある2つの冊子は後から販売された追加データ集。海上自衛隊の艦船と航空機、兵器も収録されている。「DATA ANNEX」の潜水艦には、なぜか「707」の艦番号が。まさかひょっとしてこの艦はあの……
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news159.jpg 「天空の城ラピュタ」真のヒロイン「若かったころのドーラ」がフィギュアになって登場 ベネリックから
  2. /nl/articles/2110/28/news112.jpg オリラジ藤森、記者をたじろがせた痛快な“週刊誌撃退法”に反響 「これは強い」「とっさの判断素晴らしい」
  3. /nl/articles/2110/28/news021.jpg 初お風呂に入った子猫、ブリーダーおすすめの方法であたためると…… ぬくぬくする姿に「やだかわいい」の声
  4. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  5. /nl/articles/2110/28/news139.jpg 南果歩「韓国のハルモニが天に召されました」 コロナ禍で見とれず悔しい思い告白「もう一度会いたかった」
  6. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  7. /nl/articles/2110/28/news079.jpg 「これは避けきれん」「怖すぎる」 新潟・国道8号線で起きた多重事故を捉えたドラレコ映像、80代男性が運転する軽自動車が大型トレーラーに衝突
  8. /nl/articles/2110/27/news142.jpg 東神奈川駅の「日本一のジャンボが出てくる」駅そばに仰天 「電車待つ間にサッと食えるサイズじゃないぞ」
  9. /nl/articles/2110/27/news164.jpg 日本銀行、「旧500円玉が使えなくなる」と騙る詐欺への注意を呼びかけ 新500円硬貨の発行後も「引き続き使える」
  10. /nl/articles/2110/28/news014.jpg “めちゃくちゃしゃべる人”の4コマが共感の嵐 お勧めした作品を「合わない」と切られ葛藤を述べまくる

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙