レビュー
» 2005年12月30日 10時49分 公開

ランバ・ラル曰く「この風、この肌触りこそ雀荘よ」「機動劇団はろ一座 ガンダム麻雀DS 親父にもアガられたことなにのに!」レビュー(3/3 ページ)

[篠崎薫,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

思考ルーチンに関しては、納得いかない部分が多数アリ

 ただし、楽しむことができる反面、麻雀の思考ルーチンに関しては首を傾げざるを得ない部分が多々見られた。例えば、自分で捨てている牌で待つフリテンリーチをかけてくることはあるし、カンした牌で待つこともあった。また、なぜかテンパると必ず立直をかけ、絶対にダマテンでは待たないのも謎と言える。さらに、立直時の待ちも両面よりはシャボが多いなど、どうにも納得いかない場面が多い。

コンピュータはテンパイすると、必ず立直をかけてくる。ダマテンで和がってこないので、わかりやすいという話もあるが、ちょっと……。

 とはいえ、これに関しては思考ルーチン以前の問題として、対子場に流れやすいのが原因ではないかと感じた。牌配から対子がやたらと多かったりするため、必然的に七対子つや対々和などといった対子系の和がり役が多くなってしまうのだろう。

牌配時に対子が多いのが気になった。イカサマ麻雀だからといえばそれまでだが、とはいえ偏りすぎだと感じた

 だが、それを差し引いても、捨て牌を見ればもっと高い手へ移行できるにもかかわらず、安めのままで立直をかけてくることも多い。ここまでくると、棒テン即リーという思考ルーチンに基づいて動いているのでは、と考えるしかないだろう。コンピュータはトップを狙った打ち方をしてくるのではなく、ただひたすら牌配から最短距離で和がりだけを目指している、としか感じ取れなかった。もちろん、プレーヤがトップを目指した手作りをしていても、安めで軽く和がってくる。コンピュータの操作するキャラが皆グルになっていると考えれば、少しは腹の虫も収まらないではないが……。

 キャラの特性としても、面前で手を進めるか鳴きまくるかという2種類しかなく、バリエーションに欠けると感じた。これだけキャラがいるのだから、もう少し性格付けに凝って欲しかったというのは贅沢な意見?

 もう一点として、ドラ表示配が現物であるにもかかわらず、それは全体の牌の数にはカウントされていないという点がある。つまり、場合によっては同じ牌が8枚ある事態も起きるのだ。これに関しては、ドラ表示配は別の卓から麻雀牌を持ってきて使っている、と考えれば何となく納得いくので、まあいいかなどという気にはなるが。

鳴くキャラは徹底的に鳴くが、面前でいくキャラは絶対に鳴かない。面白いほど二極化している

ローカルルールの収録は、感心すべき部分

 本作にはストーリーモード以外にも、ストーリーモードで倒した敵キャラたちを相手に対局できるフリー対戦や、和がり役や至言ワザを解説してくれる麻雀ガイドなども用意されている。さらに、通常の麻雀牌だけでなく、雰囲気が俄然盛り上がるガンダム牌も選択可能なのだ。実際にプレイしてみたところ、ソーズ以外はどの牌を指しているのかが全くわからず、非常に厳しい対局となった。あくまでもコアなファン向けと感じ取ったのだが……。

ガンダム牌は、東南西北などがどれなのか、まったくわからず挫折

 また、今ではなかなか見られなくなった百万石や大車輪などのローカルルールを取り込んであるのも、注目すべきポイントだろう。他にも、十三不塔や大七星などのマイナーなものまでフォローしてあるので、解説をじっくり読んで友人に自慢すれば、麻雀ツウっぷりを発揮できるかもしれない(笑)。

これだけマイナーな役が揃っているのも珍しい。十三不塔を見られる麻雀ゲームなど、メッタにないだけに貴重だ

 オプション設定もしっかりしていて、セリフの有無やワザの有効無効など、各種設定が変更可能。セリフを無しにするとサクサク進むので快適だが、面白さが欠けてしまうためあまりお勧めできない。やはり、ガンダム麻雀は喋ってこそ、だろう。

細かな設定が可能だが、セリフだけはオフにしないでプレイすることを勧めたい

まさにファンのためのアイテムといえる一本

 最終的には、プレーヤーがどのようなプレイスタイルを望むかで、本作の価値はハッキリと分かれるだろう。ファーストガンダムが好きで、麻雀はオマケ程度でいいという人には、間違いなくマストアイテムとなるに違いない。ここまで細部にわたり、ファーストガンダムをしっかりパロっている作品はそうそうないだろうから、絶対に楽しめるはず。反対に、麻雀が出来るのが前提で、そのうえでファーストガンダムのキャラだからということであれば、ちょっと厳しいかもしれない。自分でも麻雀を打つ手前、この思考ルーチンには納得いかない部分を数多く感じたからだ。

 ただし、あくまでもフィギュアを集めて眺めたり、ミニシアターや対局中のセリフを見て楽しむのが目的であれば、まったく何の問題もない。あくまでも麻雀はオマケ、そのように吹っ切れれば、こんなに楽しいタイトルはなかなかないだろう。

機動劇団はろ一座 ガンダム麻雀DS 親父にもアガられたことなにのに!
対応機種ニンテンドーDS
メーカーバンダイ
ジャンルバトルトーク麻雀
発売日2005年12月29日
価格5040(税込)
プレイ人数1〜4人(DSワイヤレスプレイ対応)
(C)創通エージェンシー・サンライズ


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/11/news068.jpg がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  2. /nl/articles/2208/11/news060.jpg 研ナオコ、長女の誕生日に面影感じる“母娘”ショット 「そっくりな娘さん!」「大人になりましたね」
  3. /nl/articles/2208/10/news172.jpg 朝日奈央が結婚、お相手との肩組み2ショット公開 「これから家族として、沢山の景色を一緒に見にいける事がとっても楽しみ」
  4. /nl/articles/2208/11/news063.jpg 高橋真麻、第2子妊娠を生発表 6月に“激痩せ”姿が話題になるも「どうやら体質のようです」「理由が言えなかった」
  5. /nl/articles/2208/11/news010.jpg 水浴び中の野生の水牛を発見、撮影していたら…… 突然振り返った行動に撮影者が大慌て!【豪】
  6. /nl/articles/2208/10/news023.jpg 生まれつき前足のない柴犬、おやつの前に…… “お座り”ができるようになった姿に「命ってスゴい」「ウルウルした」と感動の声
  7. /nl/articles/2208/11/news064.jpg 岩崎宏美、長男の結婚を“新婚ホヤホヤ2ショット”とともに報告 「しっかりね!! ずっと仲良しでね!!」とエールを送る
  8. /nl/articles/2208/10/news174.jpg 坂上忍、余命数カ月の“13男”・平塚コウタに「奇跡」 転移した腫瘍消失で喜びあらわ 「先生もビックリしてて」
  9. /nl/articles/2208/11/news059.jpg 旦那大好きだな! 藤本美貴、夫・庄司智春との“ペアルック夫婦”ショットが超ラブラブ「幸せが伝わってきます」
  10. /nl/articles/2208/11/news016.jpg 2階にいるママを待ちきれない19歳の猫ちゃん、階段の下から…… 「にゃおおお!!」と何度も呼び出す姿に「甘えん坊さん」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい