レビュー
» 2006年01月12日 16時39分 公開

まだまだ脳は若返る。アナタももっと脳を鍛えてみませんか?「もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング」レビュー(1/3 ページ)

“あなたの脳年齢は何歳?”。昨年、ニンテンドーDSに登場して以来、脳の若返りブームを起こした「脳を鍛える大人のDSトレーニング」。年末に登場した続編でブームはさらに加速するのか。

[立花裕壱,ITmedia]

驚異のロングセラー

 2005年5月に発売された前作「東北大学未来科学技術共同研究センター 川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング」(以下、DSトレーニング)が、年末の任天堂の発表によれば、138万本を突破したそうだ。売上本数もさることながら、驚くべきはその売れ方にある。

 普通のゲームは、発売後2〜3カ月を過ぎると極端に売上本数が落ちるものだが、DSトレーニングは、発売後半年経っても売れ続け、クリスマス・年末商戦では、以前にも増して売れ行きが加速しているという。これは、中高年層や女性など、あまりゲームになじみのない層も取り込む「Touch! Generations」という任天堂の戦略が成功している証拠だろう。“安心して親子で遊べる定番ソフト”という位置づけを獲得したのも大きい。

 DSトレーニングに絞って考えると、その面白さの秘密は、適度な難易度と集中力が切れないうちに終わるワンプレイの短さにある。知らないことを詰め込む、受験勉強のスタンスではなく、落ち着いてやれば簡単にできることを、いかに速く的確にやれるかを競う。自然と集中力が高まっていくのが実感できる。また、グラフでの成績管理や、タッチによる直感的な操作もロングセラーの要因だ。

 ファミコン時代から“ゲームをすると頭が悪くなる”といった、根拠の薄いゲーム性悪説がはびこっていたが、使い方によってはゲームでも脳を鍛えることができる、そんなメッセージは、ゲームファンにとってはうれしい。

 今回の「東北大学未来科学技術共同研究センター 川島隆太教授監修 もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング」(以下、もっとDSトレーニング)も脳の鍛錬にはうってつけ。基本的に前作のシステムをベースにしているが、トレーニングの中身は一新され、バラエティに富んだメニューが用意されている。前作の脳年齢チェックで、最高の20歳をマークし続けている人や、前作のトレーニング内容にちょっと飽きてしまった人にも最適だろう。

photo 「漢字書取」や「算術記号」など、思わず挑戦してみたくなる問題がたくさんある

あなたも再び脳年齢チェック

 もっとDSトレーニングは、前作同様、基本的に2つのモードに分かれている。ランダムで出題される3つのテストを解いて脳年齢を計る「脳年齢チェック」と、複数の項目の中から好きなものを選んで毎日練習する「トレーニング」の2本柱。そのほかにも、名前を登録せず、すぐに遊べる「お手軽版」や、ソフト1本で1〜16人まで参加可能な通信対戦も健在だ。それではまず、脳年齢チェックの7つのテストのうちからいくつかを紹介しよう。

後出勝負

 グー、チョキ、パーのイラストと、“勝ってください”、“負けてください”という条件の文を見て、正しい手をマイクに向かって解答するテスト。マイクの感度はかなりよく、誤認識はあまりなかった。全40問でタイムを競う。

 勝つ手はすぐに思い浮かぶものの、負ける手となると混乱必至だ。こうした後出しジャンケンのゲームは、往年のTV番組「マジカル頭脳パワー」にもあったが、見るとやるとでは大違い。次第に頭がこんがらがる感覚は、悔しさ半分、楽しさ半分といったところだろうか。

photo 「声を出せる環境」を選んだときにプレイできる「後出勝負」。松嶋菜々子さんのCMでもおなじみ

漢字記憶

 画面に表示された36個の漢字を2分間で覚え、その後の3分間で覚えた漢字を右画面に書いていくテスト。前作でも、言葉を覚えるテストはあったが、今回は漢字にパワーアップしている。バラバラの単語を覚えるにはストーリーを作るのが一番なのだが、その点では前作よりも難しい。「極」や「処」といった抽象的な漢字をどうイメージするか……。

 また、せっかく覚えても、肝心の漢字が書けないという情けないケースも。筆者は、直前まで見ていたはずの「就」の字がどうしても書けず、悩んでいるうちに他の漢字の大半を忘れていた。

photo 28個の単語を覚える前作の「単語記憶」のパワーアップ版ともいうべき「漢字記憶」。思い出すときは頭が痛くなる!?
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/16/news095.jpg 中国版「FGO」で中国系キャラクターの名前・イラストが突然変更に 虞美人(アサシン)は「暗匿者230」、始皇帝は「裁定者229」に
  2. /nl/articles/2109/16/news101.jpg 光浦靖子、初めての“カナダ留学レポ”に反響 ナイアガラの滝観光ショットに「お元気そうでよかった」
  3. /nl/articles/2109/15/news022.jpg 豆柴の赤ちゃんから手を離すと…… “秒で寝た笑”かわいすぎる寝落ちに「心が浄化される」「母性が目覚める」
  4. /nl/articles/2109/16/news027.jpg 張り切って“アゴ乗せ”に挑戦したハスキー、しかし…… おちゃめに間違えたワンコの「てへぺろ」がかわいい
  5. /nl/articles/2109/15/news169.jpg オンライン麻雀ゲーム「姫雀鬼」、サービス開始と同時にサービス終了発表で話題に Twitterではバグ報告多数
  6. /nl/articles/2109/16/news126.jpg ダレノガレ明美、元保護犬リッツの早い旅立ちを報告 がんを何年も放置したブリーダーへ「本当に許せない」
  7. /nl/articles/2109/12/news041.jpg 小学生のころのトラウマ漫画がつらい 美術館の撮影OKゾーンで撮っていたら「常識ないのか」「全部消しなさい」
  8. /nl/articles/2109/16/news093.jpg あびる優「私の気持ちは私の中にしまっておきます」 核心に触れず、周囲から多くの声が届いていること明かす
  9. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  10. /nl/articles/2109/15/news175.jpg 「デンジャラス」ノッチの次女、完治困難な異汗性湿疹で“電流療法” 1年ごしの成果に妻も満足 「痛みの方が耐えられる」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」