レビュー
» 2006年01月12日 16時39分 公開

まだまだ脳は若返る。アナタももっと脳を鍛えてみませんか?「もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング」レビュー(2/3 ページ)

[立花裕壱,ITmedia]

連続減算

 左画面に表示された基本の数から、決められた数を次々と引いていくテスト。たとえばベースの数字が「89」、指示が「連続して8を引いていって下さい」という場合、81→73→65→57……と、右画面に書いていく。基本的には小学生レベルの引き算なので、落ち着いてやれば問題はないはずだ。

 リズムに乗って一気に計算するのが時間短縮のコツとなる。引き算に自信がないという人は、“9を引くときは、82→73のように、10の位が1つ減って1の位が1つ増える”といった法則性で覚えるのも手だろう。

photo 「連続減算」では、前の数字は塗りつぶされてしまう。塗りつぶされた数字を忘れたら、「もう1回」をタッチしよう

最高数字

 右画面に複数の数字が出るので、その中からもっとも数の大きい数字をタッチするテスト。全30問でタイムを競う。一見簡単そうに思えるが、やってみるとなかなか手強い。それぞれの数字でサイズが違うのがややこしい。サイズが大きいと、数も大きいと錯覚してしまうのはなぜだろう?

 テスト中盤からは動き回る数字も出現し、それにも目を奪われる。“これだ!”と思っても、一瞬冷静になって全体を見渡したい。とは言え、間違った数字をチェックしても減点はないので、とりあえずタッチしまくるというズルい作戦もあるが……。

photo 一番値の大きい数字にタッチする「最高数字」。数字のサイズはそれぞれ異なる。前作の「数字数え」に少し似ている

 このほかにも、前の式の数字がスライドする「記憶加算」、25マスの数字を位置まで記憶する「5×5記憶」、0〜9の各数字に対応した符号を書く「符号変換」といったものが用意されている。

趣向を凝らした新トレーニング

 ここからは日々のトレーニングを紹介していこう。前作は計算問題が目立ったが、今回は漢字力が試されるものもバッチリ収録された。

漢字書取

 左画面の問題文を見て、右に正しい漢字を書く、漢字ドリル風のトレーニング。9問の一般的な問題と、1問の難問という構成となっている。一般的な問題は、漢字検定のような難しい出題は少なく、日常でよく目にする漢字ばかりだ。とは言え、中には「霧サメの降る秋」や「形がカわる」、「年がアラタまる」など、油断すると足をすくわれる良問もあるので、注意したい。似た形式のトレーニングとして、四字熟語の一文字を埋めるトレーニングもプレイを続けると出現する。

photo 「漢字書取」には、PCや携帯の変換機能ばかり使っているとつい忘れがちな漢字が出題される。書けないと恥ずかしい

算術記号

 「6□5=11」、「12□2=6」といった計算式が正しくなるように、「+」、「−」、「×」、「÷」の記号を入れるトレーニング。問題数は20問。こちらは最初は隠されている「難しい」が選べるようになってからが本番だ。

 答えがマイナスになったり、計算式にカッコがついたりと、難しさが飛躍的にアップする。「1□3□4=-11」、「8□4□2□4□=26」なんて問題、すぐに解けますか? “足し算・引き算よりも、割り算・掛け算を優先する”といった、四則演算のルールも忘れずに。

photo 符号が2つ3つと増えると、途端に難しくなる「算術記号」。理詰めで考えると時間がかかるので、まずは直感で当てはめる

名曲演奏

 サンプル曲を聞いてから、左画面に表示される楽譜通りに、ピアノの鍵盤をタッチして曲を演奏するトレーニング。曲目は「森のくまさん」や「お正月」などの童謡から、ラベルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」といったクラシックの名曲まで幅広い。

 楽譜に補助的に振られたドレミ通りにタッチすればいいだけだが、リズムよく弾けると楽器を演奏したような気分になる。「難しい」にすると、楽譜の「ドレミ」の文字が消えてしまう。こちらは楽譜がすらっと読める人向きだろう。

photo タッチスクリーンを鍵盤に見立てた「名曲演奏」。音ゲーのようで楽しい。曲数も約2カ月分とかなり豊富

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news159.jpg 「天空の城ラピュタ」真のヒロイン「若かったころのドーラ」がフィギュアになって登場 ベネリックから
  2. /nl/articles/2110/28/news112.jpg オリラジ藤森、記者をたじろがせた痛快な“週刊誌撃退法”に反響 「これは強い」「とっさの判断素晴らしい」
  3. /nl/articles/2110/28/news021.jpg 初お風呂に入った子猫、ブリーダーおすすめの方法であたためると…… ぬくぬくする姿に「やだかわいい」の声
  4. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  5. /nl/articles/2110/28/news139.jpg 南果歩「韓国のハルモニが天に召されました」 コロナ禍で見とれず悔しい思い告白「もう一度会いたかった」
  6. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  7. /nl/articles/2110/28/news079.jpg 「これは避けきれん」「怖すぎる」 新潟・国道8号線で起きた多重事故を捉えたドラレコ映像、80代男性が運転する軽自動車が大型トレーラーに衝突
  8. /nl/articles/2110/27/news142.jpg 東神奈川駅の「日本一のジャンボが出てくる」駅そばに仰天 「電車待つ間にサッと食えるサイズじゃないぞ」
  9. /nl/articles/2110/27/news164.jpg 日本銀行、「旧500円玉が使えなくなる」と騙る詐欺への注意を呼びかけ 新500円硬貨の発行後も「引き続き使える」
  10. /nl/articles/2110/28/news014.jpg “めちゃくちゃしゃべる人”の4コマが共感の嵐 お勧めした作品を「合わない」と切られ葛藤を述べまくる

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙