ムームー星人の悲哀「ジャンピングフラッシュ!」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/3 ページ)

初期のプレイステーションには、次世代ゲーム機競争を勝ち抜いたあととは違った、独特の雰囲気が漂っていたように思います。今回はそんな時代のヒット作「ジャンピングフラッシュ!」を取り上げてみました。

» 2006年02月07日 16時49分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

プレイステーションがこんなに売れるとは思っていなかった

 豊田−八王子間で線路内に人が入った影響で20分遅れとなった、特急スーパーあずさ11号に乗る。

 乗っている間に、この原稿を書くことにしよう。今回取り上げるゲームは、1995年に発売された、「ジャンピングフラッシュ! アロハ男爵ファンキー大作戦の巻」(ソニー・コンピュータエンタテインメント)だ。

画像 ちなみに私がスーパーあずさに乗っていた時間は約3時間。日帰りだったので現地滞在はわずか2時間だ。どこへ行ったかは後述

 プレイステーションが発表されたときは、確かに衝撃的だった。

 雑誌では、ポリゴンで立体表示されたフォーミュラーカーの写真が公開されていた。それを見て、家庭用ゲーム機でアーケードの大型機(「ドライバーズアイ」や「バーチャレーシング」)以上のポリゴンが動かせるのかと驚いたものだ。

 ただし私は、任天堂の優位は揺るがないだろうと思っていた。当時「マイコンBASICマガジン」で書いたことがあるが、

「マリオがプレイできるのは任天堂機だけだし、ソニックができるのはセガ機だけ」

 プレイステーションで、「スーパーマリオ」シリーズや「ソニック」シリーズのようなキラータイトルは、そう出ないだろうと思っていた。

 実際、先行して発売された“次世代ゲーム機”の、3DOやレーザーアクティブ、またプレイステーションとほぼ同時期に発売されたPC-FXは、ソフトの不足から苦戦を強いられた。

 1994年、プレイステーションが発売され、ナムコの「リッジレーサー」がアーケードから移植された。立ち上げ時からのナムコの参入は確かに大きい。「リッジレーサー」は、ハードの性能をまざまざと見せつけた。

 しかしナムコは過去、PCエンジンにも早い段階から参入していたし、メガドライブでもソフトを出していた。それでも任天堂の優位は動かなかったし、いずれ任天堂の新機種が発売されたら、ナムコも参入するだろうと思った。

 どんなにきれいな映像だって、やがて見飽きる時が来る。ポリゴンが動かせるからといって、それがゲームのおもしろさに直結するわけではない。私はそう考えていた。

 「ジャンピングフラッシュ!」が出るまでは。

画像 「ジャンピングフラッシュ!」では、決められた道筋は特になく、フィールドを自由に動き回れる

プレイステーションの機能を生かしたゲームシステム

 「ジャンプして敵を踏みつぶして倒す」というアクションは、はっきり言ってスーパーマリオと同じである。だが、フィールドが立体となったことで、まるっきり違うゲームになっている。

 “ポリゴンを使った立体CGの表示に秀でている”という、プレイステーションの特性を生かし、「プレイステーションならではのアクション」を追求したことで、「ジャンピングフラッシュ!」は、このゲーム機の看板タイトルとなり得たのだ。

 フィールドが三次元の空間で構成されており、主人公のロビット(うさぎ型ロボット)は、足場があってジャンプで届く距離なら、どこへでも進める。

 フィールド内にちらばっている4つのニンジン型ジェットポッドを取って、出口にたどりつけばステージクリアーだ。

 ロビットは、前方に弾を撃つこともできるが、威力が弱い。そこで、より強力な攻撃方法として、また移動手段として登場するのが、ジャンプである。

画像 足場さえあれば、ジャンプを繰り返すことで、かなり高い所まで行くことが可能

 ロビットは“3段ジャンプ”ができる。ジャンプ中にタイミング良くジャンプボタンを押すと、さらに高い所へ飛べる。さらにもう一度ジャンプボタンを押すと、一層高く飛び上がれるのだ。

 ユニークなのは、2段め以降のジャンプでは視点が変わること。最初のジャンプまでは、ロビットは水平方向(前)を向いているのだが、2段ジャンプをすると、ロビットは真下を向き、足元の様子が表示されるのだ。狭い足場に飛び乗るときに、たいへん便利なので、ジャンプは基本的に2段か3段で使うことになるだろう。

画像 2段・3段ジャンプで、真上からの視点になる。視界良好

 フィールドは、6ワールド×3ステージの全18ステージ。

 各ワールドの1、2ステージでは、敵を倒して得点を稼いだり、アイテムを入手したりするのも大事だが、それよりむしろ、フィールドのどこにポッドがあるのか探すほうがメインとなる。

 ステージごとに特徴があって、遊園地をモチーフにした楽しい感じのステージや、走ると止まりきれずに滑る氷のステージ、ジャンプがしづらい洞窟のステージなどがある。

画像 洞窟ステージではショットが役に立つ。アイテムとして入手できる特殊兵器も大事

 そして各ワールドのステージ3(ワールド6はステージ2も)は、ボスキャラとの一騎討ちだ。どのボスキャラもかなり手ごわい。

 フィールド画面だけでなく、脇に表示されるレーダーも見て、敵や敵弾がどこから来るのか、チェックする必要があるだろう。

画像 ワールド3のボスキャラが、何となくマイケルさんに似てる気がする。やーほやっほやっほ
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/1608/02/news135.jpg 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  2. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  3. /nl/articles/2402/28/news025.jpg 1歳兄、年子の弟を受け入れられず泣いて嫌がり…… 日々少しずつ近づく距離に「こうやってお兄ちゃんになっていくんですね」
  4. /nl/articles/2402/28/news018.jpg 勉強を見張りにきた鳥さん、ツッコミ殺到の“5分後の姿”が114万表示! 「頑張りすぎて脳が」「首埋まるの最高」
  5. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  6. /nl/articles/2402/27/news196.jpg 「これはダメだろ」「ただの危険行為」 街中で奇声上げ走るランナー集団が物議…… サポート役のミズノが謝罪
  7. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. /nl/articles/2402/28/news022.jpg 赤ちゃん返りした2歳長男、保育園の先生の言葉にママが号泣…… 大切なことに気付いた出来事に「いろんな部分で共感の嵐です」
  9. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  10. /nl/articles/2402/28/news086.jpg 「FINISH」のはずが「FUNISH」に…… 東京マラソンTシャツに「まさかの表記ミス」、アシックス謝罪「深くお詫び」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」