連載
2006/02/07 16:49 更新

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
ムームー星人の悲哀「ジャンピングフラッシュ!」 (3/3)


前のページ | 1 2 3 |      

ムームー星人、もうひとつの悲哀

 もっとも、やはり10年以上も昔のゲームだけに、今プレイすると不満な点がいくつかある。

 特に面倒だったのが、セーブもコンティニューもワールド単位で、例えばステージ3のボスキャラ戦でゲームオーバーになったとしても、再プレイのときは、そのワールドのステージ1から始めなくてはならないのだ。

 とはいっても、それまでのアクションゲームでは、セーブそのものができないことも多かった。ゲームをクリアーしようと思ったら、最初から最後まで、中断なしでプレイしなければならなかったのだ。

(ファミコンやスーパーファミコンのアクションゲームで、途中セーブ機能をつけて、今リメイクしてほしいなあと思うゲームがかなりある)

 それに比べれば、ワールド単位であっても、セーブできること自体が進歩といえなくもない。

画像

ステージの中に存在する「ボーナスリング」に入ると、ボーナスステージへ行ける。制限時間内に風船をできるだけ多く割るのだ

 残念なことに、「ジャンピングフラッシュ!」がプレイステーションの看板タイトルだった期間は、そう長くなかった。

 続編として1996年に、新たな敵「カピタン・スズーキ」に捕らわれたムームー星人を救う「ジャンピングフラッシュ!2 アロハ男爵大弱りの巻」が発売されたが、その後が続かなかった。

(と思っていたが、今調べてみたら、1999年に「ロビット・モン・ジャ」というゲームが発売されていた! すみません、知りませんでした)

 プレイステーションの看板キャラクターの座は、ムームー星人から、クラッシュ(「クラッシュ・バンディクー」)、パラッパ(「パラッパラッパー」)、ピポサル(「サルゲッチュ!」)へと移り変わっていった。

 サラリーマン的悲哀を帯びたムームー星人だが、看板キャラクターの座にとどまれなかったことは、“もうひとつの悲哀”と言えるかもしれない。

画像

悪の科学者・アロハ男爵。そういや、悪玉のトップが学者というゲームは多い。ソニックとかツインビーとかロックマンとか

 電車の中で原稿を書くと、不思議と順調に書き進むことができた。じゃあ今度は電車の中で、PS Oneに液晶モニターをつけて、「ジャンピングフラッシュ!」をプレーしてみようかなとも思う。

 ただ、いわゆる“3D酔い”をしやすいゲームなので、振り子式車両であるE351系の車内で、まともにプレーできるかどうか、自信はない。

(まあ、コンピューターによる制御つきの振り子式だから、まだましだと思うけど)

取り上げてほしいなつかしゲー募集

思い出のあるゲームについて、ゲイムマンと語ってみませんか? あのゲームが好きだったのに今はもう手元にない、けどもう一度見てみたい! とか、俺が好きだったこのゲームを紹介しないなんて許せない! というあなた。是非こちらから、取り上げてほしいゲームをリクエストしてください。

ゲイムマンがblogを開設!

ゲイムマンのblog「砧公園秘密基地」へ遊びに来てみませんか? コメント・トラックバックをよろしくお願いします!

(C)Sony Computer Entertainment Inc.


前のページ | 1 2 3 |      

[ゲイムマン,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.