ニュース
» 2006年02月20日 00時40分 公開

気がつけば20年越え――「ワンダーフェスティバル2006[冬]」開催

2月19日、東京有明にあるビッグサイトにおいて「ワンダーフェスティバル2006[冬]」が行われ、多くのガレージキットやフィギュアが展示・販売された。

[加藤亘,ITmedia]

 毎年冬と夏の2回(一度の休みあり)開催している日本最大のガレージキットコンベンション、「ワンダーフェスティバル2006[冬]」(以下、ワンフェス)が開催され、ガレージキットや食玩、フィギュアや中古トイが大量に展示・販売された。

 昨年の8月21日に開催された「ワンダーフェスティバル2005[夏]」には過去最高のディーラー数が参加、今年も同等数の盛り上がりを見せた。今年は会場を西ホールに移し、アトリウムにプロモーションスペースを中心に配する形で2階層に分かれて各ブースが設けられていた。

1984年12月にプレイベントが開かれたゼネラルプロダクツ主催のイベントから1992年海洋堂主催に移り現在まで20年、2001年のリスタート時を除き毎年冬と夏に開催されてきたワンダーフェスティバルは着実に参加ディーラー数を増やしてきた

 入口すぐにあるプロモーションスペースでは、生誕40周年を迎え今年最新作「小さき勇者たちGAMERA」の公開が控えている「GAMERA The 40th Anniversary Project」ブースが設置されており、巨大ガメラが空を飛び、鎮座しているのが目に入る。もちろん常設のワンダーショウケースが今回も展示。コナミやタカラなどの企業ブースも例年どおりの大盛況を見せていた。

 開場すぐにソールドアウトする人気ブースもあり、さまざまなコスプレに興じる参加者も多数。今回もアニメや漫画の造形モノのほか、映画やゲーム関連、オリジナル作品とその種類は多岐にわたっていたようだ。

 ある意味慣れた参加者には当たり前の光景となったが、午前中の早い時間に希望の作品を買い求めてからは、ゆっくり午後に造型物を見学するといった流れ。あっという間に両手いっぱいに買い求める豪の者もおり、1日しか開催されないワンフェスを心待ちにしていたようだった。

「GAMERA The 40th Anniversary Project」ブースでは木原浩勝氏によるトークも開催
会場にはガメラもお休み中
コナミは「武装神姫」を中心に、「ランブルローズ」関連のフィギュアを展示

 20周年を迎えたワンフェスでは、それを記念した「ワンダーフェスティバル 20th バースデーパーティー」が開かれる予定だったが、残念ながら開催の中止が発表されている。

今年もさまざまなコスプレーヤーたちが参加。フリースペースなどで撮影会が行われていた。そんな中にマリオとルイージ、そしてピーチ姫の3人を発見

 ワンフェスはコミケなどとは異なり、当日版権システムを導入している。この一種独特のシステムについても各人の捉え方の違いからか、いくつかの問題が内包しているとして現在も議論がされているところである。今後ワンフェスがどのような方向に向かうのかはわからないと主催者側も見ている。とはいえ、確実に毎回規模を拡大しているイベントであることは間違いないだろう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  3. /nl/articles/2110/25/news079.jpg 浜崎あゆみ、帝王切開の経験を告白 「お腹の傷を愛おしく誇りに思う」と“消えない偏見”に思いつづる
  4. /nl/articles/2110/25/news007.jpg 「ロード・オブ・ザ・リング」の重要アイテムがカプセルトイで登場 “ひとつの指輪”も手に入ってしまう
  5. /nl/articles/2110/25/news051.jpg 「アッ...アッ......困りますお客さま…!」 子猫を迎えて2日目、すっかり懐いて飼い主を無事メロメロにしてしまう
  6. /nl/articles/2110/24/news049.jpg 本田望結、小型船舶免許を取得し免許証を公開 姉・真凜もびっくり「凄っ、知らんかったって笑」
  7. /nl/articles/2110/23/news032.jpg 『ちいかわ』が“幸福論を問う作品”であるという決定打 なぜ「オフィスグリコちゃんのカエル」でTwitterがどよめいたのか
  8. /nl/articles/2110/24/news027.jpg 所さんのピンクのフィアット500が事故で「水没」 めっちゃかっこいい、からの「普通に失敗しちゃうところも好き」の声
  9. /nl/articles/2110/24/news044.jpg 深田恭子、2022年のカレンダーで花に囲まれた美女ショット ファン「美しすぎる」「来年も一緒に過ごします!」
  10. /nl/articles/2110/21/news028.jpg 本当にあったZoomの怖い話 母がうっかりカメラON、100人に実家が丸見えになった実録漫画が地獄みしかない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる