レビュー
» 2006年02月27日 16時32分 公開

ゲームだけで明かされるMr.インクレディブルのその後「Mr.インクレディブル〜強敵アンダーマイナー登場〜」レビュー(1/2 ページ)

ディズニー/ピクサーの大ヒットCGアニメ映画「Mr.インクレディブル」には、まだ続きがあった。映画のラストで現れた“アンダーマイナー”との戦いは、どうなったのか。それは、このゲームの中だけで明かされるという。

[小泉公仁,ITmedia]

映画のゲーム化ではなく、映画の“続き”をゲームで描いた作品

 近年、映画とゲームの関係がより密接になりつつあるのを覚える。映画のヒットを受けてゲーム化が検討されるのではなく、初めから映画本編とゲーム作品が並行して制作され、映画の公開に合わせてゲームも発売されるというケースが非常に多くなった。単なるライセンシー商品という位置づけに留まらず、映画の制作スタッフがゲーム開発にも直接携わったり、映画とゲームの制作現場でデータを共有することも積極的に行われている。

近年の主な「映画のゲーム化作品」
タイトル 日本での映画公開年月 日本でのゲーム発売年月 備考
ハリーポッターと炎のゴブレット 2005年11月 2005年11月 映画公開日と同日発売。日本ではGC、DSの2機種に供給されたが、海外ではPS2、Xbox版なども発売されている。
ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 2004年2月 2004年1月 シリーズ3部作最終章のゲーム化。映画の公開前にゲームがリリースされるという異例のケースで、未公開映像もゲームに収録されていた。
スパイダーマン2 2004年7月 2004年9月 日本では、PS2版が映画公開の2ヶ月後にリリースされたが、海外では映画とほぼ同時期に発売されている。
スターウォーズ エピソードIII/シスの逆襲 2005年7月 2005年7月 映画公開日と同日発売。また、映画のDVD版発売(2005年11月)に合わせて、ゲーム版も価格を少し下げて再発売された。
ヴァン・ヘルシング 2004年9月 2004年9月 海外では、2004年5月に映画が公開され、ゲーム版もほぼ同時に発売。日本は、どちらもその4ヶ月後にリリースされた。
バットマン ビギンズ 2005年6月 日本未発売 海外では、映画公開の前日にPS2、Xbox版などが発売された。日本でも映画はヒットを記録したものの、ゲーム版は未発売。
ポーラー・エクスプレス 2004年11月 日本未発売 海外では、映画公開の約1週間前にPS2、GC版などがリリースされたが、その評判が低かったためか、日本では発売されず。
ENTER THE MATRIX 2003年6月 2003年6月 映画2作目とほぼ同時期に発売。映画では語られなかった部分を補完するような内容で、単なる映画のゲーム化作品とは趣が異なる。
ロボッツ 2005年7月 2005年7月 20世紀FOXによるCGアニメ映画で、日本では映画公開の2日前にゲーム版が発売された。海外でも、映画公開の約2週間前に先行発売。

 2004年に公開されたディズニー/ピクサーのCGアニメ映画「Mr.インクレディブル」でも、やはり同様の手法がとられた。映画本編の制作と同時進行的にゲームの開発も行われ、映画の上映(日本では2004年12月)にタイミングを合わせて各ゲーム機向けにソフトがリリースされている。その内容は、映画本編のストーリーに沿ったアクションアドベンチャーで、映画の一部シーンがそのままムービーとして使われていたり、映画の中では語られなかったエピソードも盛り込まれていた。

 それから1年あまりを経て、ゲーム第2弾の「Mr.インクレディブル〜強敵アンダーマイナー登場〜」が発売された。今回の作品では、映画のラストから続くストーリーが描かれている。映画本編をそのままゲーム化するだけでなく、この作品のように後日談をゲームだけで展開したり、「ENTER THE MATRIX」のように映画の1作目と2作目の間を埋めるものとして用いたりと、ゲームはさまざまな形で映画とリンクすることが増えた。

画像 映画「Mr.インクレディブル」のラストから話が始まる「Mr.インクレディブル〜強敵アンダーマイナー登場〜」。前作はディースリー・パブリッシャーから発売されたが、今回はセガが日本版の販売を行う。プレイステーション 2ゲームキューブニンテンドーDSゲームボーイアドバンスの4機種同時リリースだが、PS2、GC版は3Dアクション、NDS、GBA版は2Dスクロールアクションと内容が異なる。以下の記事はすべてPS2版のもので作成しているので、そこのところはご了承いただきたい。

Mr.インクレディブルと盟友フロゾンの連係プレイが見どころ

 映画では、一連の事件を解決し、再び平和が戻ったMr.インクレディブルこと“ボブ・パー”一家の前に、地底から新たな敵“アンダーマイナー”が現れるところで終わっている。今回のゲームは、そのアンダーマイナーとの戦いを描いたものだ。

画像 映画のラストシーンがムービーでそのまま収録されていて、ここから話は始まる
画像 今回の敵は、この“アンダーマイナー”。ちなみに、映画の日本語吹き替え版でアンダーマイナーの声を担当していたのは高田延彦氏だったが、ゲーム中の声は別のボイスアクターになっている。Mr.インクレディブルの声も違うが、フロゾンの声は映画と同じ

画像 1人プレイでは、Mr.インクレディブルかフロゾンのどちらかを操作し、もう一方のキャラクターはCOMが操作する

 今回の一番の見どころは、Mr.インクレディブルと彼の古くからのスーパーヒーロー仲間であるフロゾンの2人が一緒に戦えるというところ。1人プレイの場合は一方を自分で操作し、もう一方はCOM操作になる。操作するキャラクターは、方向ボタンの上を押すことでいつでも変更可能。もちろん、2人同時プレイなら、それぞれがどちらか一方のキャラクターを操作して協力プレイもできる。

 この2人のキャラクター特性を活かしながら敵を効率的に倒したり、さまざまなトラップを解いていくのが、今作のおもしろさにつながっていると思う。Mr.インクレディブルはパワー系で、強力なパンチで敵を素早く倒せたり、重いものを持ち上げて投げつけることができる。一方のフロゾンは、敵を凍らせて動きを一時的に止めたり、ジャンプでは渡れないところに氷の橋を架けたりするのが得意。たとえば、フロゾンで敵を凍らせたあと、Mr.インクレディブルに切り替えて凍った敵を持ち上げ、敵の集団に投げつけて倒すといった連携プレイも可能になる。また、イベントシーンだけでなく、プレイ中にもキャラクターたちがとにかくよくしゃべり、その内容が場面によってさまざまに変化するところも飽きさせない。

画像 フロゾンがフリーズビームで凍らせた敵を、Mr.インクレディブルが持ち上げて敵に向かって投げつけるといった連携がおもしろい
画像 特定の場所では、どちらかの固有の能力を使わないと先へ進めないところもある。たとえば、足場がないところでは、フロゾンを使って氷の橋を架ければ向こう側へ渡れるといった具合だ
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/25/news016.jpg 8人目の赤ちゃんが誕生、兄姉たちとの初対面が愛にあふれている 300万再生の光景に「号泣です」「素敵すぎて、尊くて……」
  2. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  3. /nl/articles/2402/24/news009.jpg かなり危ういほど小さく、獣医師から「育たないかも」と告げられた子猫が豪快に成長し…… 現在の姿に感嘆「あー涙出ちゃう」
  4. /nl/articles/2402/25/news065.jpg 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
  5. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. /nl/articles/2402/24/news017.jpg 雑草で荒れた庭を柴犬のために劇的ビフォーアフター 約2万円で実現した夢の自宅ドッグランが「イイお買い物」と話題に
  7. /nl/articles/2402/25/news014.jpg 母が帰宅したと思って出迎えた猫、ふと顔をあげたら…… 想定外の事態へのリアクションに「いいねを一万個ぐらいあげたい」
  8. /nl/articles/2402/25/news059.jpg 「吉本の給料上がらず」 山田花子、“リアルな台所事情”さらし共感の嵐 割引駆使する“ママの顔”に「親近感」「見切り品も買って偉い」
  9. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  10. /nl/articles/2402/25/news028.jpg 赤ちゃんの目の前で横になってみたら……? 思わぬ展開に「泣いていい?」「号泣」と780万いいね【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」