ニュース
» 2006年05月24日 16時55分 公開

己の内に潜む、もう1人の自分を解き放て――6年ぶりのシリーズ最新作「ペルソナ3」(1/2 ページ)

「女神異聞録ペルソナ」が登場したのが1996年。その後、1999年の「ペルソナ2 罪」、2000年の「ペルソナ2 罰」が発売された。そして2006年7月13日、シリーズ最新作となるPS2用ソフト「ペルソナ3」が満を持して登場する。

[ITmedia]
photo

 「真・女神転生」シリーズの新たな試みとして、「女神異聞録ペルソナ」が登場したのが1996年。その後、1999年の「ペルソナ2 罪」、2000年の「ペルソナ2 罰」が発売された。そして2006年7月13日、約6年の時を経て、シリーズ最新作となるプレイステーション 2用ソフト「ペルソナ3」が登場する。ちなみに、ペルソナとは“心に潜む、神や悪魔の姿をした、もう1人の自分”のことを指している。

 ペルソナ3の舞台は「私立・月光館学園(しりつ・げっこうかんがくえん)」。この世界には、1日と1日のはざまに普通でない時間帯「影時間」と呼ばれるものが存在している。影時間は毎晩午前0時になると訪れ、しばらく続いたのち明ける。これだけ聞くと“ちょっと特殊な時間の流れがある”程度にしか感じないかもしれないが、もちろんそれだけではない。

photo 影時間イメージ

 影時間が始まると、普通の人間は棺に似た形のオブジェに変わり、本来の住人である「シャドウ」と呼ばれる怪物たちが現れる。不幸にも影時間に“落ちた”人間はシャドウに精神を食らわれ、廃人となってしまうのである。ただ、幸か不幸か、主人公をはじめとした仲間たちは、影時間の中で行動しうる適性があり、それぞれの内にシャドウを滅ぼす唯一の力「ペルソナ能力」を持っている。

 昼は友だちや先輩後輩として学園生活を送りつつ、夜にはともに戦う同志、シャドウ討伐チーム「特別課外活動部」として、影時間のシャドウに挑んでゆく、というのが本作の主な流れとなるわけだ。なお、本作では朝、午前、昼、午後、放課後、夜、影時間と、1日がいくつかの時間帯に分けられている。


photophoto 朝は登校時に話しかけられたり、午後は授業を受けたり、放課後にはさまざまな校内の場所に行くことができたり……学園生活らしい多彩な場所やイベントが用意されている
photo 寮にはペルソナ使いの仲間が集ってともに生活している。画面は、仲間たちと話し込んでいる様子

 では次に、シャドウとペルソナ、そしてペルソナの強化方法について触れていこうと思う。シャドウは先にも述べたように、影時間になると現れる怪物たちのこと。シャドウを倒すことができるのは自らの心の力、その象徴たるペルソナのみとなる。今回は主人公とその仲間4人、および彼らの初期ペルソナを紹介する。

photophoto 本作の主人公&初期ペルソナ
4月から月光館学園に転入してきた。高校2年生。学生寮での暮らしを始めてすぐに、謎の怪物「シャドウ」の襲撃を受け、それがきっかけで「ペルソナ」使いとして覚醒する。
photophoto 桐条美鶴(きりじょう・みつる)&初期ペルソナ「ペンテレシア」
月光館学園生徒会長。大企業の令嬢で、その育ちゆえか聡明かつ厳格な人物。特別課外部の部長も兼任する。(CV:田中理恵)
photophoto 真田明彦(さなだ・あきひこ)&初期ペルソナ「ポリデュークス」
ボクシング部主将。表面的には冷静沈着だが、密かに野心と情熱を燃やす。特別課外部のシャドウ狩りには自己鍛錬のために参加。(CV:緑川光)
photophoto 岳羽ゆかり(たけば・ゆかり)&初期ペルソナ「イオ」
明るく勝ち気な性格で、みんなに好かれる女の子。同級生で、しかも同じ寮に暮らしていることから、転校生である主人公に学園内を案内してくれるなど世話をしてくれる。ペルソナ能力を持ち、シャドウ討伐に参加している。(CV:豊口めぐみ)
photophoto 伊織順平(いおり・じゅんぺい)&初期ペルソナ「ヘルメス」
転入してきた主人公に、最初に話しかけてきた同級生。明るく、少々お調子者ではあるが、ペルソナ能力を持ち特別課外活動部にも属している頼りになる人物。戦いにおいてもテンションが高く、ムードメーカー的な存在となる。(CV:鳥海浩輔)
(C)ATLUS CO.,LTD.1996,2006 ALL RIGHTS RESERVED.
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  2. /nl/articles/2201/27/news011.jpg 【漫画】「なんで腹立たないの?」 マナーが悪い人へのイライラが消える考え方に「おかげでスッとした」「見習いたい」の声
  3. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  4. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  5. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  6. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  8. /nl/articles/2112/10/news026.jpg 意地悪な継母との暮らしもムキムキだから大丈夫! 漫画“全て筋肉で解決するシンデレラ”が起承転結筋肉しかない
  9. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも
  10. /nl/articles/2201/27/news129.jpg 「電脳コイル」放送で縦横比のミス、BSフジが謝罪 1話から10話を再度放送へ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」