ニュース
2006年06月15日 17時00分 更新

「W(ダブル)ミッション」攻略のポイントは?――ポケモンレンジャー (2/2)

前のページへ 1|2       

極秘のミッション「デオキシスとわかりあえるか?」攻略のポイント

 暴れているデオキシスをキャプチャし、傷つけることなく正常な状態に戻すことがこのミッションの目的。次々と変わるフォルムごとに、異なる多彩なテクニックでキャプチャしていこう。

デオキシス アタックフォルム

 アタックフォルムは、テレポートを繰り返し、キャプチャ・ディスクやキャプチャ・ラインが近くに来るとたいあたりを仕掛けてくる。わざと攻撃を出させて、その後のスキをついてキャプチャだ。

画像画像 囲んだ回数が倍になるワンリキーのポケアシスト「かくとう」が効果的! 囲む回数が多く一気に囲むのは難しいので、途中で画面の端に沿ってディスクを動かし攻撃をかわそう

デオキシス ディフェンスフォルム

 ディフェンスフォルムは必要な囲み回数が非常に多く、動きながら黒い球体を打ち出して攻撃してくる。確実にかわしながら、辛抱強く攻略しよう。ただし、バリアを張っている時は囲んでも効果がないので、無理に囲まない方が安全だ。

画像画像 攻撃をかわす時はタイミングを計りながら画面の端でディスクを動かせ! 囲む回数が多いので、ここでもポケアシスト「かくとう」を活用しよう

デオキシス スピードフォルム

 画面の内外を高速で動き回り、丸い光線を三方向に放つスピードフォルム。非常にとらえにくいフォルムだが囲む回数は少ないので、止まった瞬間を狙って一気に囲もう。

画像画像 ニョロモのポケアシスト「みず」を使って、あわの中に閉じ込め動きをにぶらせる方法も有効だ

デオキシス ノーマルフォルム

 ノーマルフォルムでは、アタック、ディフェンス、スピードの各フォルムに姿を変えるデオキシス。そのどれかのフォルムの時にキャプチャするとノーマルフォルムに戻り、その時だけは本当にキャプチャすることが可能となっている。

 ただし、ノーマルフォルムのまま一定時間過ぎてしまうと、再び他のフォルムに姿を変化させるので、比較的囲みやすいスピードフォルムを狙ってキャプチャし、ノーマルフォルムに変化しようとしている間もグルグル囲み続けるのがポイントだ。

画像画像画像 変化している途中から囲み始めよう。この場合も「かくとう」のポケアシストが効果的だ

マナフィのタマゴを救い出して「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」へ送ろう

 「Wミッション」の1つである「だいじなタマゴをとりもどせ!」で救い出したマナフィのタマゴは、2006年秋発売の「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」へ送ることができる。そこでタマゴがかえることで、通常のプレイでは手に入らない幻のポケモン「マナフィ」が手に入るようになる。

 この夏の映画「劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション ポケモンレンジャーと蒼海(うみ)の王子 マナフィ」にも登場し、大活躍する「マナフィ」。映画では“蒼海の王子”とよばれ、海のポケモンのリーダー的存在となっている。

 雨の時に状態異常が治る、とくせい「うるおいボディ」と、マナフィだけが使えるわざ「ハートスワップ」を持っているマナフィ。ハートスワップはバトル場にいるポケモンたちの補助効果を入れ替えることができる。このほかにどんなわざを覚えるのかは、実際手に入れて、君の目で確かめてみよう。

画像画像画像 マナフィは、ポケットモンスター ダイヤモンド・パールの中では、通常のプレイでは登場しない「幻のポケモン」として登場する。「Wミッション」をクリアしてタマゴをゲットし、ダイヤモンド・パールに送ってタマゴをかえそう!
(C)2006 Pokémon.
(C)1995-2006 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
(C)2006 HAL Laboratory, Inc.
ポケモンは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。


前のページへ 1|2       

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.