エヴァから11年――GAINAXのロボットアニメ「天元突破グレンラガン」見参(1/2 ページ)

GAINAXからロボットアニメがひさびさに登場する。「天元突破グレンラガン」は、未来の世界が舞台の物語。発表会ではスタッフのほか、樋口真嗣監督も登場したトークセッションも開催された。

» 2006年07月11日 19時06分 公開
[今藤弘一,ITmedia]

2007年新春スタート予定――天元突破グレンラガン

画像

 「天元突破グレンラガン」(以下、グレンラガン)は、「新世紀エヴァンゲリオン」から11年を経たGAINAXが、現代社会に新たなロボットアニメーション叙事詩を送り出すべく制作されたアニメだ。GAINAX代表取締役の山賀博之氏は「ロボットアニメはたくさん作られているように見えるが、最近は数を減らしているジャンル。5年前に新しいロボットアニメを作らないかと言われて企画を立てたのが始まりだが、当時はロボットアニメについて否定的だった」と語る。

画像 GAINAX代表取締役 山賀博之氏

 「ロボットアニメはおもちゃを売るためにアニメを作ることから発生したジャンルだと思うが、SFという観点からロボットアニメを考えてしまうと作りづらい分野でもある。“なぜ人型の巨大な戦車が戦うのか?”、“どういう戦争なんだ?”と、ベースの設定自体からつまずいてしまう。大きなロボット同士で戦うのが楽しい、という普遍的な楽しみに入れないでいるのが現状だと思っていた」(山賀氏)

 ただ、GAINAX自体は“マニアが集まって作った会社”であり、オタクブームとともに歩んできたのがGAINAXだった、と山賀氏。「ガンダムの拡大再生産でしかないロボットアニメを作っているだけだったら、会社をやっていく意味がないと思った。何とかもう一度、ガンダムよりさらに原初的な部分に戻って、純然たるロボットアニメを作れないものかとこの5年間考えていた。何とか会社をたたまないでやっていけるような作品ができたと思っている」(山賀氏)。タイトルの“天元突破”にも、この作品を突破口にして歩んでいきたいという意味だとのこと。

 グレンラガンは、GAINAXおよびアニプレックス、コナミデジタルエンタテインメントの3社が製作委員会を作り、制作していくことになる。アニプレックスの取締役執行役員専務 夏目公一朗氏からは、グレンラガンのビデオパッケージがアニプレックスから発売されることや、海外展開および全体的な宣伝プロモーションを担当することが発表されたほか、ソニー・ミュージックのアーティストがオープニング曲およびエンディング曲を担当することも紹介された。

 また、コナミデジタルエンタテインメントの工藤陽二郎氏からは、ゲームおよびトイホビーのほか、オンラインサービスを展開することが発表された。

画像画像コナミデジタルエンタテインメント トイ&ホビーカンパニープレジデント 工藤陽二郎氏 アニプレックス取締役執行役員専務 夏目公一朗氏

ストーリー

 舞台は地中の村、ジーハ。人々は掘られた穴の中に家畜を飼い、時折起こる地震におびえながらも、もう何百年もそこで暮らしていた。

 そのジーハで黙々と穴を掘る少年シモン。村を広げるために横穴を掘ることが生き甲斐だった。深く深く掘り進んでいく中で、ある時偶然小さなドリルを見つける。クリスタルのように輝くドリル――コアドリルだ。

 そんなシモンの唯一の理解者は、カミナという若者だ。グレン団というチンピラグループを率い、村の天上の上にある地上に行こうとしている。

画像 カミナ
画像 シモン
画像 ヨーコ

 そんなある日、すべてを覆す事件が起こった。天上が破れそこから巨大なロボが落ちてきたのである。その跡には大きな穴が開き、そこから光が差している。太陽の光だった。 「やっぱり地上はあった!」

 だがそれどころではない。胴体が顔状の奇怪な巨大ロボは、容赦なく村を破壊していく。

 一本気なカミナは、その巨大ロボに身体1つで立ち向かう。とはいえ、生身の人間がロボにかなうわけもない。

 危機一髪のところでカミナたちを救ったのは、地上から来た若い女性ヨーコだった。彼女の超伝導ライフルが火を噴き、巨大ロボの攻撃を食い止める。彼女は、巨大ロボをガンメンと呼んだ。

 しかし、ライフルの威力では足止めするのが精一杯。ピンチの続く中、シモンは顔だけのロボットを2人に見せる。以前、地中から掘り出したものだ。

 カミナは「お前が掘り出したものだからお前が乗れ」と、シモンの背中を押す。おそるおそるロボに乗るシモン。無意識にコアドリルを差し込むと起動する。しかも、なぜかシモンには操縦方法が分かるのだ。コアドリルを通じて頭の中に自然と入ってくる。

カミナは、そのロボをラガン(裸顔)と名付ける。

 巨大ロボが迫り来る中、果たしてシモン、カミナ、ヨーコはこの危機を脱出できるのか!?

 また、なぜ地上からこの巨大ロボが落ちてきたのか!?

画像 ラガン
画像 グレン
画像 グレンラガン


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/22/news104.jpg 「これは凶器」 祭りで購入した“とんでもない”フライドポテトが420万回表示 「主治医に怒られるレベル」
  2. /nl/articles/2407/24/news013.jpg 深海魚をさばいたら中から光り輝く“お宝”が……! 驚くべき正体に「何これー!!!」「すごくキレイ」
  3. /nl/articles/2407/23/news020.jpg ダイソーの“変な水槽”に魚を入れたら…… 意外な発見に「綺麗」「買いに行きます!」の声続々、驚きのアイデアが話題
  4. /nl/articles/2407/23/news125.jpg 「ごめん本当キツい」 仲里依紗、“円安のあおり”で米ディズニーランドの入場断念へ……10年前の結婚時から“恐ろしい値段”「約倍になってんの」
  5. /nl/articles/2407/24/news014.jpg 庭で見つけた“変なイモムシ”を8カ月育てたら…… とんでもない生物の誕生に「神秘的」「思った以上に可愛い」
  6. /nl/articles/2407/22/news097.jpg 「花火どころではなかった」 雷雨で中止になった花火大会、雷のすごさが分かる画像に「中止にして良かった」の声
  7. /nl/articles/2407/24/news131.jpg 「やり方がとにかく汚い」プライベート画像流出に『Popteen』専属モデルが言及 「本当につらい」
  8. /nl/articles/2407/22/news083.jpg 「もうこりごりだ〜」 財布に新紙幣を入れたら…… “まさかのビジュアル”に爆笑 「昭和アニメのオチかな?」
  9. /nl/articles/2407/24/news050.jpg 小1の子どもに「オシャレノート」を買い与えたら“まさかの号泣”…… 納得の理由が「そりゃあ仕方ない」と810万回表示
  10. /nl/articles/2407/24/news007.jpg 母「お風呂、超リラックスできるようにしたから」→見に行くと…… 広がっていた“異空間”に「おもろすぎるwww」「クソ笑ったwwしんどい」
先週の総合アクセスTOP10
  1. プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  3. 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  6. 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  7. もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  8. アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  9. スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  10. 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」