王道を征く新感覚青春スカイアクション「スカイガールズ」(1/2 ページ)

コナミデジタルエンタテインメントが8月25日に発売するOVA「スカイガールズ」は、SF&美少女アニメの王道でありながら、いくつかの新機軸を取り入れた意欲作とのこと。ちょっとだけ紹介しよう。

» 2006年07月21日 18時10分 公開
[ITmedia]

 今年3月に行われた東京国際アニメフェア2006にも出展した「スカイガールズ」のOVAとCDが、8月25日よりコナミデジタルエンタテインメントから販売される。8月20日に開催されるワンダーフェスティバルでも「ガレージキット付きOVA/OVA単体」と「アルバムCD」の先行販売予定の本作は、中高生から30代までのSF&美少女アニメファンをターゲットに、王道テーマを新感覚で爽やかに描く青春スカイアクションとなっている。

 キャラクター原案に島田フミカネ氏と黒星紅白氏を起用し、アニメ制作はJ.C.STAFFが担当している。オリジナリティを重視した本作の魅力をちょっとだけお伝えしよう。


ストーリー


西暦2071年――。

謎の機械細胞群(通称=ワーム)による、世界的規模での人類掃討作戦が開始された。

2076年、劣勢に立った人類軍は最終破壊兵器を使用、自国の大陸までも犠牲にしながら、敵を殲滅するがその代償は極めて大きかった。

主なる大陸は分断され、南極大陸は消失、地球上の陸地の50%以上が水没した。

そして大戦終結から3年後。

ある日、先の大戦でパイロットとしては引退した冬后大佐の元に突如として、特殊任務が発令される。壊滅させたと思われていたワームの群体が、ミッドウェイ沖に確認されたのだ。

極秘裏に日本を出港した1隻のサルベージ艦。

その艦には日本海軍が極秘裏に開発した、まったく新しい設計思想を持った戦闘機、飛行外骨格ソニックダイバー「零神」、「風神」、「雷神」の3機が搭載されていた。ソニックダイバーのパイロットは、コードネーム「スカイガールズ」と呼ばれる十代の女の子ばかりであり、困惑する冬后。

ミッドウエイ海域で、ワームの群体と遭遇した冬后は、ついにソニックダイバー隊に発進の指令を下す。ワームの圧倒的な攻撃に、艦のカタパルトが破壊され、発進不能に陥るスカイガールズ達。しかしながら、天才メカニック橘遼平の機転で、ついに出撃可能になる。

桜野音羽、園宮可憐、一条瑛花……。

スカイガールズと呼ばれる、3人のパイロット達が、人類の未来を背負い、この大空に今、羽ばたく時が来た!!



桜野音羽(さくらの おとは)

16才 身長159センチ 血液型O型
搭乗機:ソニックダイバー 零神(レイジン)
この物語のヒロイン。元気で前向きで純粋な女の子。サバサバとした性格。割と不器用だが、最終的にはなんでも、気合でなんとかしてしまう凄い人。明るい、かわいい、優しいと、男の子にもてる要素はすべて兼ね備えている。パイロットの腕は天才的。運動神経抜群で健康優良児でもある。
幼い頃に双子の弟、優也がワームに襲われて行方不明になっており弟を捜すために軍に入隊した。男の人に対しては、まだ子供。本当の恋愛をしたことはない。なので、男の人、女の人でわけることはなく、すべて友達感覚で接している。そのため、男の人からは、それを好意だと勘違いされることもある。不真面目な冬后大佐に対してはだけは、当初、不信感のカタマリ状態で、軽蔑しているが、彼の本当の心を知るうちに、少しづつであるが、信頼し始める。
航空学校の教官でもある78歳になる元気なお爺さん、坂井梧朗の教え「人機一体」を体現できる唯一のパイロット。
特技:剣術
趣味:空を飛ぶこと、雲を見ること、星を見ること
好きなもの:カレーライス、お汁粉、アイス


園宮可憐(そのみや かれん) 

16才 身長158センチ 血液型AB型
搭乗機:ソニックダイバー 風神(フウジン)
音羽の同級生で親友。性格は真面目でおっとりタイプ。人を疑うことをあまりしない。世間知らずともいう。
アインシュタイン以上の頭脳を持つIQパイロットでもある。運動神経で他の2人に劣るが、戦闘時は神懸かり的なプログラムテクニックにより、ヒロイン達をも凌駕する動きを見せることもある。
音羽以上に天然度は高く、予想もできないようなボケをかます。1日1日が普通に幸せであればいい。そうやって生きてきた。だから、あまり高い目標や、未来の設計図を描いたりするのは嫌い。しかし、そんな自分に対して変ろうとしており、自分の夢や目標となるものを探している。人の心や、花の美しさは、数値化できないはずであるが、すべての物事を数値化してしまう特技を持つ。
しかし、IQが邪魔をして、時に、杓子定規的な発想になってしまうこともあり、逆にみんなにバカにされてしまうこともある。書物やコンピュータや勉強で得た知識が多く、現実とのズレが生じてしまうようだ数値化できない局面に追い込まれたとき、ブチきれ、ものすごい戦闘力を見せることもあるかもしれない。機械フェチでブラコンのため、機械である、搭乗機「風神」に、愛情に近いものを抱いている。
趣味:無趣味。ただ、毎日お兄さんに手紙を書くことは欠かさない。


一条瑛花(いちじょう えいか) 

17才 身長162センチ 血液型A型
搭乗機:ソニックダイバー 雷神(ライジン)
財閥である一条家の1人娘で、父は海軍提督でもある。スカイガールズのリーダー。
才色兼備。運動神経抜群。究極の負けず嫌い。プライドが高い。なにをやらせても、そつなくというか、ほぼ完璧にこなしてしまう。しかし、実はものすごい努力家で、カゲでの鍛錬はものすごいものがある。ただ、努力を見せることは絶対にしない。とにかく素の自分を人に見せることがない。
恋愛でも、戦争でも常に勝利者であろうとする。敗北の文字はなく、とにかく、勝つことに執着する。参加することに意義があるという、オリンピック精神などありえないのである。よって勝つためには、手段を選ばない。自分自身を強くすることもだが、武器、兵器も、過剰なまでの装備をまとう。一度、裸になって、すべてをさらけ出したときに、本当の強さというものが見つかるはずなのだが、それに気づいていない。自分の弱さというものを、認めないことこそが彼女の弱さなのである。努力型ではない、天才肌のヒロインに対して、ライバル意識を燃やす。
特技:剣道、合気道、ダンス
趣味:エステ、ダイエット、カラオケ、クラブで踊る
弱点:ヌメヌメしたものすべて。特に、タコ、ナメクジ、爬虫類全般が嫌い。甘いものは大好きだが、ダイエットのため、嫌いなふりをしている

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/18/news040.jpg 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  2. /nl/articles/2407/18/news016.jpg お姉ちゃんが会いに行くとお顔がとけちゃう柴犬→帰ろうとした瞬間…… 別犬のような見た目の変化に「想像以上で笑ったwww」
  3. /nl/articles/2407/17/news159.jpg 「マジかw」「すごいことなってる」 お笑い芸人が米オーディション番組で日本人初快挙を遂げる
  4. /nl/articles/2407/18/news035.jpg 「SNSの英知」 そうめんの巨大空き箱の“天才的な使い道”があまりにも予想外で話題に 「まねしよう」
  5. /nl/articles/2407/17/news162.jpg 「これ一瞬で店頭から消えるやつ」 “ファン待望のガンプラ”発売決定 「よりにもよって」発売日も話題に
  6. /nl/articles/2407/17/news030.jpg 「すげーな」「鉄壁の防御」 福岡県にあるイオンの“厳重な浸水対策”がガチすぎると780万表示→パワーアップした“現在の姿”にも注目
  7. /nl/articles/2407/17/news026.jpg 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  8. /nl/articles/2407/16/news065.jpg 「誰が、鹿や。」 ニホンカモシカが静かな怒り→ポスターに記された“衝撃の事実”に謝罪続々 「失礼しました」「ごめんなさい」
  9. /nl/articles/2407/17/news027.jpg 観葉植物“モンステラ”、無限に増やす目からウロコの方法が100万再生 「すごい!!」「そんなに簡単に根っこが」
  10. /nl/articles/2407/18/news062.jpg 「日本語ややこしい」 1時間弱と1時間強は何分くらい? → 明解イラストに反響続々 「勘違いしてました!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」