ニュース
» 2006年07月28日 13時53分 公開

「テイルズ オブ ファンタジア -フルボイスエディション-」となり何が変わったのか

2006年9月7日に発売予定の「テイルズ オブ ファンタジア -フルボイスエディション-」が、これまでに登場しているSFC版、PS版、GBA版と比べ、どこが異なるのか迫ってみる。ストーリー&キャラクターのおさらいもあります。

[ITmedia]
photo

 1995年12月にスーパーファミコンで発売された「テイルズ オブ ファンタジア」は、バンダイナムコゲームスを代表するRPGシリーズ「テイルズ オブ」の原点である。1998年12月にはプレイステーション版、2003年8月にはゲームボーイアドバンス版が発売されている本作だが、2006年9月7日にはPSP版「テイルズ オブ ファンタジア -フルボイスエディション-」が登場する。価格は5040円(税込)。

 PSP版の特徴はタイトル名にもある通り、フルボイスに対応したことが挙がる。プレイステーション版でも一部イベントのみ音声対応だったが、本作ではメインストーリーをすべて収録し直しているのである。また、戦闘時のキャラクター表示が2頭身から3頭身へと変更されているのも大きな違いだろう。

photophotophoto

photophotophoto 「テイルズ オブ ファンタジア -フルボイスエディション-」スクリーンショット

photo

 なお、本作ならではの要素としては、街や洞窟など、どんな場所でもロードできる「どこでもロード」機能の搭載や、“プレイ時間の引き継ぎ”、“ガルド引き継ぎ”など、クリア後にもう一度遊びたくなる「グレードショップ」といったものが用意されている。


photo

 プレイステーション版の追加キャラクターである「藤林すず」の登場を始め、「テイルズ オブ」シリーズには欠かせない要素のひとつとなっている「フェイスチャットシステム」や「アニメーションムービー」、これまでに追加された数々のサブイベントを継承しているというPSP版。今回は最後に、ストーリーとメインキャラクターを紹介する。これまでにプレイしたことがないという人はもちろん、プレイしたことのある人も、伝説の原点を確認してもらえれば幸いだ。


「テイルズ オブ ファンタジア -フルボイスエディション-」ストーリー

photo

 ある日、トーティスの村に住んでいるクレスは、幼なじみのチェスターと、南の森へ狩りに出かけた。ところが、獲物を仕留めて村へと帰ると、建物は破壊し尽くされ、住民は皆殺しにされていた。クレスとチェスターは、肉親を失い、仇討ちを決意する。

 敵の狙いは、クレスのペンダントだった。それは、魔王ダオスを復活させる封印の鍵であった。クレスはチェスターに被害がおよばないよう単独で行動するが、ついに捕らえられ、ペンダントを奪われてしまう。

 クレスは地下牢に捕らえられるが、不思議な力で脱出に成功する。そして、同じく囚われていたミントと出会う。復活の儀式が地下墓地で行われると聞き、クレスはそこへ向かう。だが、ダオスの復活を止めることはできなかった。封印が解けたダオスはクレスたちを殺そうとするが、間一髪、時空転移で過去へ飛ばされ、命拾いする。

 クレスたちはダオス打倒をめざして旅に出る。そして、クラースやアーチェら仲間と出会いながら、時間を超える冒険を繰り広げる。はたして魔王ダオスの真の目的は……。



photo クレス・アルベイン(CV:草尾毅)
トーティス村に住む剣士。剣術道場の師範を父に持ち、幼い頃から剣の腕を磨いてきた。穏やかで優しい性格だが、ひとたび敵と向かい合えば恐れることなく果敢に立ち向かう、頼もしい少年である
photo ミント・アドネード(CV:岩男潤子)
黒騎士に捕らわれ、砦の地下牢に監禁されていた若い法術師。神に祈りを捧げることで授かる、癒しの力を使うことができる。控えめでおとなしい性格だが、芯が強く気丈な一面も持っている
photo チェスター・バークライト(CV:伊藤健太郎)
クレスの幼なじみで大親友。両親を早くに亡くしたため、妹と2人で暮らしている。努力家でしっかりものだが、小さい頃から大人と渡りあってきたため、少し皮肉っぽい面も。弓が得意でかなりの使い手

photo アーチェ・クライン(CV:かないみか)
魔術をあやつり、ホウキで空を飛ぶハーフエルフの女の子。ローンヴァレイに父親と2人で住んでいる。喜怒哀楽が激しく、感じたことをそのまま表に出すタイプだが、明るく元気な憎めない存在である
photo クラース・F・レスター(CV:井上和彦)
人間には使えない魔術にあこがれ、ユークリッド村で召喚術を研究している男。努力して召喚術を身につけたため、天性の素質で魔術をあやつることができるエルフには羨望(せんぼう)と劣等感を抱いている
photo 藤林すず(CV:川田妙子)
忍者の隠れ里に住む「くノ一」。里の長をつとめている祖父のもと、掟に従って生きている。自らを押し殺し、厳しく律してきたため感情表現が苦手で、本来の素直な心を悩ませている

photo 予約特典の「ドラマチックDVD -アップルグミ篇-」。チャットドラマ、声優インタビュー、設定&イラスト集、秘蔵イベント映像が収録されている(※デザイン・内容は予告なく変更する場合があります。また、数に限りがあるため、なくなり次第終了となります)
テイルズ オブ ファンタジア -フルボイスエディション-
対応機種PSP
メーカーバンダイナムコゲームス
ジャンル伝説のRPG
発売日2006年9月7日予定
価格5040円(税込)
※画面は開発中のものです。
(C)藤島康介(C)1994-2006 NBGI


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」