「テイルズ オブ ファンタジア -フルボイスエディション-」となり何が変わったのか

2006年9月7日に発売予定の「テイルズ オブ ファンタジア -フルボイスエディション-」が、これまでに登場しているSFC版、PS版、GBA版と比べ、どこが異なるのか迫ってみる。ストーリー&キャラクターのおさらいもあります。

» 2006年07月28日 13時53分 公開
[ITmedia]
photo

 1995年12月にスーパーファミコンで発売された「テイルズ オブ ファンタジア」は、バンダイナムコゲームスを代表するRPGシリーズ「テイルズ オブ」の原点である。1998年12月にはプレイステーション版、2003年8月にはゲームボーイアドバンス版が発売されている本作だが、2006年9月7日にはPSP版「テイルズ オブ ファンタジア -フルボイスエディション-」が登場する。価格は5040円(税込)。

 PSP版の特徴はタイトル名にもある通り、フルボイスに対応したことが挙がる。プレイステーション版でも一部イベントのみ音声対応だったが、本作ではメインストーリーをすべて収録し直しているのである。また、戦闘時のキャラクター表示が2頭身から3頭身へと変更されているのも大きな違いだろう。

photophotophoto

photophotophoto 「テイルズ オブ ファンタジア -フルボイスエディション-」スクリーンショット

photo

 なお、本作ならではの要素としては、街や洞窟など、どんな場所でもロードできる「どこでもロード」機能の搭載や、“プレイ時間の引き継ぎ”、“ガルド引き継ぎ”など、クリア後にもう一度遊びたくなる「グレードショップ」といったものが用意されている。


photo

 プレイステーション版の追加キャラクターである「藤林すず」の登場を始め、「テイルズ オブ」シリーズには欠かせない要素のひとつとなっている「フェイスチャットシステム」や「アニメーションムービー」、これまでに追加された数々のサブイベントを継承しているというPSP版。今回は最後に、ストーリーとメインキャラクターを紹介する。これまでにプレイしたことがないという人はもちろん、プレイしたことのある人も、伝説の原点を確認してもらえれば幸いだ。


「テイルズ オブ ファンタジア -フルボイスエディション-」ストーリー

photo

 ある日、トーティスの村に住んでいるクレスは、幼なじみのチェスターと、南の森へ狩りに出かけた。ところが、獲物を仕留めて村へと帰ると、建物は破壊し尽くされ、住民は皆殺しにされていた。クレスとチェスターは、肉親を失い、仇討ちを決意する。

 敵の狙いは、クレスのペンダントだった。それは、魔王ダオスを復活させる封印の鍵であった。クレスはチェスターに被害がおよばないよう単独で行動するが、ついに捕らえられ、ペンダントを奪われてしまう。

 クレスは地下牢に捕らえられるが、不思議な力で脱出に成功する。そして、同じく囚われていたミントと出会う。復活の儀式が地下墓地で行われると聞き、クレスはそこへ向かう。だが、ダオスの復活を止めることはできなかった。封印が解けたダオスはクレスたちを殺そうとするが、間一髪、時空転移で過去へ飛ばされ、命拾いする。

 クレスたちはダオス打倒をめざして旅に出る。そして、クラースやアーチェら仲間と出会いながら、時間を超える冒険を繰り広げる。はたして魔王ダオスの真の目的は……。



photo クレス・アルベイン(CV:草尾毅)
トーティス村に住む剣士。剣術道場の師範を父に持ち、幼い頃から剣の腕を磨いてきた。穏やかで優しい性格だが、ひとたび敵と向かい合えば恐れることなく果敢に立ち向かう、頼もしい少年である
photo ミント・アドネード(CV:岩男潤子)
黒騎士に捕らわれ、砦の地下牢に監禁されていた若い法術師。神に祈りを捧げることで授かる、癒しの力を使うことができる。控えめでおとなしい性格だが、芯が強く気丈な一面も持っている
photo チェスター・バークライト(CV:伊藤健太郎)
クレスの幼なじみで大親友。両親を早くに亡くしたため、妹と2人で暮らしている。努力家でしっかりものだが、小さい頃から大人と渡りあってきたため、少し皮肉っぽい面も。弓が得意でかなりの使い手

photo アーチェ・クライン(CV:かないみか)
魔術をあやつり、ホウキで空を飛ぶハーフエルフの女の子。ローンヴァレイに父親と2人で住んでいる。喜怒哀楽が激しく、感じたことをそのまま表に出すタイプだが、明るく元気な憎めない存在である
photo クラース・F・レスター(CV:井上和彦)
人間には使えない魔術にあこがれ、ユークリッド村で召喚術を研究している男。努力して召喚術を身につけたため、天性の素質で魔術をあやつることができるエルフには羨望(せんぼう)と劣等感を抱いている
photo 藤林すず(CV:川田妙子)
忍者の隠れ里に住む「くノ一」。里の長をつとめている祖父のもと、掟に従って生きている。自らを押し殺し、厳しく律してきたため感情表現が苦手で、本来の素直な心を悩ませている

photo 予約特典の「ドラマチックDVD -アップルグミ篇-」。チャットドラマ、声優インタビュー、設定&イラスト集、秘蔵イベント映像が収録されている(※デザイン・内容は予告なく変更する場合があります。また、数に限りがあるため、なくなり次第終了となります)
テイルズ オブ ファンタジア -フルボイスエディション-
対応機種PSP
メーカーバンダイナムコゲームス
ジャンル伝説のRPG
発売日2006年9月7日予定
価格5040円(税込)
※画面は開発中のものです。
(C)藤島康介(C)1994-2006 NBGI


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/1608/02/news135.jpg 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  2. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  3. /nl/articles/2402/28/news025.jpg 1歳兄、年子の弟を受け入れられず泣いて嫌がり…… 日々少しずつ近づく距離に「こうやってお兄ちゃんになっていくんですね」
  4. /nl/articles/2402/28/news018.jpg 勉強を見張りにきた鳥さん、ツッコミ殺到の“5分後の姿”が114万表示! 「頑張りすぎて脳が」「首埋まるの最高」
  5. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  6. /nl/articles/2402/27/news196.jpg 「これはダメだろ」「ただの危険行為」 街中で奇声上げ走るランナー集団が物議…… サポート役のミズノが謝罪
  7. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. /nl/articles/2402/28/news022.jpg 赤ちゃん返りした2歳長男、保育園の先生の言葉にママが号泣…… 大切なことに気付いた出来事に「いろんな部分で共感の嵐です」
  9. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  10. /nl/articles/2402/28/news086.jpg 「FINISH」のはずが「FUNISH」に…… 東京マラソンTシャツに「まさかの表記ミス」、アシックス謝罪「深くお詫び」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」