レビュー
» 2006年07月31日 16時38分 公開

えっ、前2作を買わなくていいんですか?――これ1本で丸ごと楽しめる「かまいたちの夜」決定版「かまいたちの夜×3 三日月島事件の真相」レビュー:(1/2 ページ)

サウンドノベルシリーズの大ヒット作、「かまいたちの夜」がとうとう完結を迎える。謎と恐怖に満ちた三日月島。そこで再び起こる事件は、透や真理を始めとするメンバーに、どのような影響をもたらすのか。

[小城由都,ITmedia]

前2作のメインシナリオを収録

 1994年11月に発売された、チュンソフトのサウンドノベル第2弾「かまいたちの夜」。第1弾の「弟切草」ではホラー色が強かったが、本作では本格ミステリー作家である我孫子武丸氏をシナリオライターに起用。結果、サウンドノベルシリーズで最もユーザーに支持されたタイトルとなった。選択肢ひとつ間違うだけで、大変な結末を迎えてしまったり、論理的に推理を展開すれば、誰も傷つかずにエンディングを迎えられたり、というマルチシナリオが印象的だ。

 8年後の2002年7月には「かまいたちの夜2 監獄島のわらべ唄」が発表される。とうとう出たか、しかもプレイステーション2で! と、当時の筆者はひとりで勝手に盛り上がっていたものだ。グラフィックが美しくなり、謎の規模も相当大きくなったせいか、サウンドノベルも進化したものだなぁ、と感慨にふけった覚えがある。

 そして2006年7月27日。“完結”の文字を引っさげて、「かまいたちの夜×3 三日月島事件の真相」(以下、「かまいたちの夜×3」)が登場した。また、あの“ペンション・シュプール”の面々に会えるのか、と思うと、懐かしさも含めてワクワクしてくる。まるで10年ぶりの同窓会に参加するような気分だ。しかし、前作や前々作をプレイしなおさないと、細かい話は忘れてしまっている。こんな調子で「かまいたちの夜×3」を楽しめるものか、ちょっと心配……。

 などと思っていたら、両作品の簡易版が最初からついているらしい。心憎いまでの配慮に手をすり合わせつつ堪能。そうそう、「かまいたちの夜」は“こんや 12じ だれかがしぬ”ってメッセージがOL三人組の部屋に投げ込まれているんだった……。「かまいたちの夜2」は正岡慎太郎が死ぬところからスタートするんだったね。しかも不気味なわらべ唄の見立て殺人で……。

 どっぷりつかってしまう。当然、元は大ヒット作なのだから、これだけをプレイしていても十分に面白い。それどころか、本作で初めて「かまいたちの夜」シリーズに触れる人は、3本まとめてプレイできるなんて、なんとお得なのだろうか。過去にこの作品をプレイしたことがあって、なおかつ真相にたどり着けなかった人は、「かまいたちの夜×3」の前に最後までちゃんとプレイしてみてもらいたい。でないと、面白さも半減以下だ。

photo 「かまいたちの夜×3」では、シュプールの殺人事件、わらべ唄の見立て殺人事件、そのどちらをもプレイすることができる。前作、前々作を知らない人がうらやましくなるくらい、かなりお得
photo ペンション・シュプールを舞台に、初めて彼らが集った第1作。この狭い密室のなかで、悲惨な殺人事件が起きる。お互いがお互いを疑う疑心暗鬼の中、正解にたどり着けるか!?
photo 第2作では、「かまいたちの夜」というゲームを作った、我孫子武丸という人間に、三日月島に呼び出された登場人物たち。まさかその島で殺人事件に巻き込まれるとも知らずに……。

帰ってきた監獄島。そして館も完全に再現

 そろそろ「かまいたちの夜×3」の話に移ろう。いきなりビックリしたのが、プロローグとなる部分を読み終えると、キャラクター選択画面になること。しかも、最初に選べるのは、透でもなく、真理でもなく、香山誠一だ! “男の大往生”というテーマソングが鳴り響く、大阪の大商人である。

 前作までをプレイしたことがある人なら分かると思うが、ミステリーにもっとも不向きな主人公といえば香山だろう。にも関わらず、まず、彼をプレイしなければならないのである。「かまいたちの夜」シリーズの登場人物を、透以外の視点でプレイするのは、前作の「サイキック編」(真理が主人公)以来だ。しかもこの様子だと、香山をプレイし終われば、そのほかのキャラクターを主人公にできる様子。それもまた楽しみのひとつだ。

 物語の内容に関しては、プレイしてから楽しんでもらいたいので、細かい内容は割愛するが、「かまいたちの夜2」の最後に大津波で破壊された館を、香山が私財を投げ打って再建したことになっている。

photo 本作で初めてその全容が明らかになる館。見たことのない部屋を覗いてみたくなるのは、やっぱり探偵の好奇心のせいか

 すべて忠実に作り上げているため、2つのみある窓の下には剣山があり、庭の中央には人工の池がある。「かまいたちの夜2」で事件解決の大きなポイントとなった例の仕組みもそのままだ。詳細な地図も初めて登場し、この館自体が、これから起こる事件の、最も大きくて、最も重要なアイテムになっている。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  3. /nl/articles/2402/23/news009.jpg ツーリング先の人けのない山、段ボール箱を開けると…… 助けを求める子猫たちに「鳴き声聞いて涙が」「許せません」
  4. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  5. /nl/articles/2210/01/news063.jpg 滝川クリステル、夫・小泉進次郎議員と長男の2ショット公開 「微笑ましい後ろ姿」「幸せな様子が伝わってくる」と反響集まる
  6. /nl/articles/2402/24/news026.jpg イヤイヤ期の妹をピタッと泣き止ませた幼い姉の“神対応” 両親を助けた驚きの手段に「賢くて優しくて」「話し方もすごい」
  7. /nl/articles/2304/25/news149.jpg 滝川クリステル&小泉進次郎、“夫婦ペアルック”の家族旅行ショット 「素敵なご夫婦」「小泉家の幸せホッコリ」
  8. /nl/articles/2311/22/news157.jpg 滝川クリステル、第2子出産を“おててショット”で報告 産前の不安も吐露し「幸福感は想像以上」「愛情をたくさん注ぐ日々が今から楽しみ」
  9. /nl/articles/2402/24/news018.jpg ウールの着物が洋裁学校出身・85歳おばあちゃんの超絶技巧で大変身! 240万再生のリメーク結果に「天才!!」
  10. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」