レビュー
» 2006年07月31日 16時38分 公開

えっ、前2作を買わなくていいんですか?――これ1本で丸ごと楽しめる「かまいたちの夜」決定版「かまいたちの夜×3 三日月島事件の真相」レビュー:(1/2 ページ)

サウンドノベルシリーズの大ヒット作、「かまいたちの夜」がとうとう完結を迎える。謎と恐怖に満ちた三日月島。そこで再び起こる事件は、透や真理を始めとするメンバーに、どのような影響をもたらすのか。

[小城由都,ITmedia]

前2作のメインシナリオを収録

 1994年11月に発売された、チュンソフトのサウンドノベル第2弾「かまいたちの夜」。第1弾の「弟切草」ではホラー色が強かったが、本作では本格ミステリー作家である我孫子武丸氏をシナリオライターに起用。結果、サウンドノベルシリーズで最もユーザーに支持されたタイトルとなった。選択肢ひとつ間違うだけで、大変な結末を迎えてしまったり、論理的に推理を展開すれば、誰も傷つかずにエンディングを迎えられたり、というマルチシナリオが印象的だ。

 8年後の2002年7月には「かまいたちの夜2 監獄島のわらべ唄」が発表される。とうとう出たか、しかもプレイステーション2で! と、当時の筆者はひとりで勝手に盛り上がっていたものだ。グラフィックが美しくなり、謎の規模も相当大きくなったせいか、サウンドノベルも進化したものだなぁ、と感慨にふけった覚えがある。

 そして2006年7月27日。“完結”の文字を引っさげて、「かまいたちの夜×3 三日月島事件の真相」(以下、「かまいたちの夜×3」)が登場した。また、あの“ペンション・シュプール”の面々に会えるのか、と思うと、懐かしさも含めてワクワクしてくる。まるで10年ぶりの同窓会に参加するような気分だ。しかし、前作や前々作をプレイしなおさないと、細かい話は忘れてしまっている。こんな調子で「かまいたちの夜×3」を楽しめるものか、ちょっと心配……。

 などと思っていたら、両作品の簡易版が最初からついているらしい。心憎いまでの配慮に手をすり合わせつつ堪能。そうそう、「かまいたちの夜」は“こんや 12じ だれかがしぬ”ってメッセージがOL三人組の部屋に投げ込まれているんだった……。「かまいたちの夜2」は正岡慎太郎が死ぬところからスタートするんだったね。しかも不気味なわらべ唄の見立て殺人で……。

 どっぷりつかってしまう。当然、元は大ヒット作なのだから、これだけをプレイしていても十分に面白い。それどころか、本作で初めて「かまいたちの夜」シリーズに触れる人は、3本まとめてプレイできるなんて、なんとお得なのだろうか。過去にこの作品をプレイしたことがあって、なおかつ真相にたどり着けなかった人は、「かまいたちの夜×3」の前に最後までちゃんとプレイしてみてもらいたい。でないと、面白さも半減以下だ。

photo 「かまいたちの夜×3」では、シュプールの殺人事件、わらべ唄の見立て殺人事件、そのどちらをもプレイすることができる。前作、前々作を知らない人がうらやましくなるくらい、かなりお得
photo ペンション・シュプールを舞台に、初めて彼らが集った第1作。この狭い密室のなかで、悲惨な殺人事件が起きる。お互いがお互いを疑う疑心暗鬼の中、正解にたどり着けるか!?
photo 第2作では、「かまいたちの夜」というゲームを作った、我孫子武丸という人間に、三日月島に呼び出された登場人物たち。まさかその島で殺人事件に巻き込まれるとも知らずに……。

帰ってきた監獄島。そして館も完全に再現

 そろそろ「かまいたちの夜×3」の話に移ろう。いきなりビックリしたのが、プロローグとなる部分を読み終えると、キャラクター選択画面になること。しかも、最初に選べるのは、透でもなく、真理でもなく、香山誠一だ! “男の大往生”というテーマソングが鳴り響く、大阪の大商人である。

 前作までをプレイしたことがある人なら分かると思うが、ミステリーにもっとも不向きな主人公といえば香山だろう。にも関わらず、まず、彼をプレイしなければならないのである。「かまいたちの夜」シリーズの登場人物を、透以外の視点でプレイするのは、前作の「サイキック編」(真理が主人公)以来だ。しかもこの様子だと、香山をプレイし終われば、そのほかのキャラクターを主人公にできる様子。それもまた楽しみのひとつだ。

 物語の内容に関しては、プレイしてから楽しんでもらいたいので、細かい内容は割愛するが、「かまいたちの夜2」の最後に大津波で破壊された館を、香山が私財を投げ打って再建したことになっている。

photo 本作で初めてその全容が明らかになる館。見たことのない部屋を覗いてみたくなるのは、やっぱり探偵の好奇心のせいか

 すべて忠実に作り上げているため、2つのみある窓の下には剣山があり、庭の中央には人工の池がある。「かまいたちの夜2」で事件解決の大きなポイントとなった例の仕組みもそのままだ。詳細な地図も初めて登場し、この館自体が、これから起こる事件の、最も大きくて、最も重要なアイテムになっている。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」