インタビュー
» 2006年08月09日 15時10分 公開

Xbox 360が爆発的に普及する方法は2つあるマイクロソフト Xbox事業本部長 泉水敬氏インタビュー(1/2 ページ)

年末までにトータルで約80タイトルを発売するというXbox 360だが、Wii、プレイステーション 3が控えている2006年だけに、これだけで万全とは言えないはずだ。そこでXbox事業本部長の泉水敬氏に、Xbox 360の今後の展開など、さまざまな話を聞いてみることにした。

[ITmedia +D Games取材班,ITmedia]

 任天堂のWii、ソニー・コンピュータ・エンタテインメント(SCE)のプレイステーション 3といった新しいハードウェアが注目を集める2006年のゲーム業界。だが、この2機種よりもひと足早く、2005年12月10日に発売された次世代ゲーム機が存在する。それがXbox 360である。

 発売から約8カ月で40タイトル以上、年末までには約80タイトルを市場に投入する予定のXbox 360だが、これだけでは万全と言い切れないのも事実だろう。そこで今回は、2006年4月1日にマイクロソフトのXbox事業本部長に就任した泉水敬氏に、Xbox 360の今後の展開や、他社のハードウェアに関する見解など、さまざまな話を直接聞いてみることにした。


photo マイクロソフト 執行役 ホーム&エンターテインメント担当 Xbox事業本部長 泉水敬氏

――Xbox事業本部長に就任してから4カ月が経ちました。まずはこれまでを振り返っての感想を聞かせてください。

泉水敬氏(以下、敬称略) Xbox事業本部長には就任しましたが、わたしはXboxの時代からサードパーティさんとの窓口の責任者や、マーケティングの責任者をしており、これまでもずっと関わってきています。大きな戦略の変更をしたわけでもないので、そういう意味ではこれまでの延長線上で仕事をしていると言えるかもしれません。ただ、その中でわたしのやり方というか、わたしの色が出てきているのも事実ですね。

――色というのは具体的にどのようなものでしょう。

泉水 まだ結果となって出てきてはいませんが、ひとつは広告キャンペーンになります。4月に体制が変わってから準備を行い、7月から新たなキャンペーン(do! do! do! しようぜ。)を行っています。今回はTOKIOさんに協力してもらい、Xbox 360の良さや楽しさを、もっとユーザーの皆さんに近い距離で伝えていただこうという試みをしているんです。タイトルについても、夏までに(トータルで)40タイトルと発表していましたが、8月末で43タイトルとなるなど、順調に来ています。年末までにはこの倍を目指していますが、開発は順調に進んでおり、ほぼ間違いなく約束は守れると思います。他社さんのハードウェアが出てくる年でもありますし、それに向けての展開を準備しているという段階ですね。

――新しいキャンペーンの反応はいかがですか?

泉水 TOKIOさんを採用したことで、おおむね好印象をいただいています。以前からいろいろなチャレンジをしていますが、皆さんに満足してもらう広告を作るというのは、なかなか難しいんです。ただ、今回は個人的にも良いデキだと考えています。イメージを伝えるというだけでなく、Xbox 360でできる楽しさというものを、TOKIOさんに体現してもらっていますから。Xbox 360というブランドとユーザーの皆さんの距離を縮めるという意味でも、非常に効果があるはずです。第2弾の展開も始まっていますが、こちらではゲーム画面も使用していますので、より具体的に分かりやすい内容になっています。TOKIOさんには引き続き、タイトルラインアップの豊富さや、Xbox Liveの楽しさというものを体現してもらえれば良いですね。

――テレビCMは幅広い時間帯で流れています。

泉水 幅広い時間帯でも展開していますが、同時に提供番組の拡大も行っています。繰り返し同じ時間帯で見ることができるため、提供番組のテレビCMは一番効果が高いんですね。

――広告キャンペーン以外に、今後の戦略のポイントとなるものはありますか?

泉水 2つあります。ひとつはゲーム機として考えた時に必要となるラインアップの豊富さと、それに伴い将来に向けての安心感をユーザーの皆さんに伝えること。タイトル数に関して言えば、当初の発表通りの数を提供することができていますが、その中でジャンルの幅や有名タイトルの展開、さらには新しい次世代向けのゲームもやっていかなければいけません。そして、それらをしっかりとユーザーの皆さんに紹介していかなければならないんです。もうひとつはXbox 360を使うことにより、ゲーム以外も楽しめるということ。大きくはXbox Liveというオンラインサービスや、年内に発売予定のHD DVDプレーヤーの提供などがありますが、この価値をユーザーにきちんと伝えていくことですね。

――タイトルの話が出ました。ユーザーからは「ブルードラゴン」の期待が高いですが、そのほかにキラータイトルとなり得ると期待しているものをいくつか挙げてください。

泉水 サードパーティさんのタイトルで言うと、「ウイニングイレブン」、「デッド ライジング」、「ロスト プラネット」、「トラスティベル」、「ガンダム オペレーショントロイ(仮)」、「プロジェクト シルフィード」、「デッド オア アライブ エクストリーム2」といったものがあります。また、ある意味ではマニアックに楽しんでいただけるタイトルとしては「カルドセプト サーガ」や「アイドルマスター」、カジュアルに楽しみたいのであれば「Xbox Live アーケード」もあります。ジャンルごとに、しっかりとキラータイトルとなり得るものが存在しているということですね。それと、東京ゲームショウ2006では新しいタイトルもいくつか発表できるはずです。

photo HD DVDプレーヤー

――新たなタイトルの発表ですか。楽しみにしています。ではHD DVDプレーヤーはどれくらいのけん引力があると考えていますか?

泉水 正直なところ未知数ですね。HD DVD用のコンテンツがどれだけ用意できるのか? HD DVDを楽しむことができる環境があるのか? など、われわれが直接関与できない、さまざまな要素がありますから。ただ、そういうニーズがあるということ、ユーザーの皆さんに選択肢を提供することが一番大事なんです。もちろん、たくさん買っていただけるなら、それに越したことはないですけど(笑)。

――Blu-ray 対 HD DVDとなると、加えてXbox 360 対 プレイステーション 3という構図も見えてきます。

泉水 先ほども話した通り、われわれは次世代DVDとしての選択肢を提供しているに過ぎません。それを必要としていないユーザーもたくさんいるんです。次世代DVDの争いが、必ずしも次世代ゲーム機の競争の結果を左右するとは考えてないですね。

――プレイステーション 3と比べて、Xbox 360の優位な点はどこになりますか?

泉水 ラインアップの充実という点で、ほかのハードウェアが追いつくのにしばらく時間が掛かると考えています。われわれは先行しているメリットとして、年末に80タイトルがそろいますから。これは明らかなアドバンテージです。ゲーム以外の部分で言えば、オンラインサービスの世界では、われわれは3年以上も前からXbox Liveを提供してきており、機能拡張を進めています。他社さんがこれから同様のオンラインサービスを展開するとして、追いつけるとしてもかなり時間が掛かるでしょう。さらにXbox 360は、HD DVDプレーヤーなどの周辺機器をつけることで、いろいろな方のニーズに応えることができます。Windows Vistaとの連携なども考れば、一番優れているはずです。本当にお買い得だと思いますよ。ユーザーの皆さんには、あまり先入観を持たずにゲームを体験していただき、Xbox 360でできることを見ていただきたいですね。

――Wiiはどうでしょう。

泉水 任天堂さんのビジョンを明確に反映させたWiiは、そのハードウェアが満たすニーズがあると思います。一方で、Xbox 360だからこそ、プレイステーション 3だからこそ得られるニーズもあるわけです。ユーザーの皆さんからすれば、選択肢が増えたということです。これまでの次世代機といえば、一様に性能が上がって、フォーマットが変わり、それに伴いゲームも同じように変わるという状況でした。今回の世代交代というのは、それぞれの方向が明らかに違います。例え3台すべてを持っていたとしても、それぞれ異なる楽しみが生まれるはずなんです。そう考えると、市場の活性化につながる良い機会だと思いますね。特徴が出たという点では価格も同じです。全然違いますよね? そこも含めて、ユーザーの皆さんは選択肢が増えているんです。ただ、その中でもXbox 360というのは、一番お買い得だと考えています。それでも、もっと求めやすい形にしていかなければならないとは思いますけど……でも、(現状での)値下げは考えていません。

――ユーザー心理から言えば、ほかのハードウェアが出る時には合わせて下げるだろう、という考えもあります。

泉水 選択肢としては常にあるのは事実ですよ。ただ、それを決定する要因というのは、提供する側のコストの問題、競合機種の価格の問題などがあるわけです。求めやすい価格で提供できるようにしたいと考えてはいますが、あれだけの性能と機能を詰め込んだハードウェアですし、自然とコストも掛かってしまうんです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/16/news037.jpg 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. /nl/articles/2201/13/news170.jpg 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  3. /nl/articles/2201/17/news109.jpg 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  4. /nl/articles/2201/17/news112.jpg 杏、ロングヘアを20センチの大胆カット 最強の“ショート美女”が完成で「何しても可愛い!」「ますます素敵に」
  5. /nl/articles/2201/16/news032.jpg 「受けて立ちます」 トヨタ・豊田章男社長の「Zには負けませんから」無茶振りに応える各メーカーの反応をまとめた動画が話題に
  6. /nl/articles/2201/17/news033.jpg 犬「帰らぬ!」 雪が大好きな秋田犬、吹雪の中でも帰宅拒否でふんばる表情が「頑固者」でかわいい
  7. /nl/articles/2201/17/news147.jpg 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、「今くら」でバラエティー初出演 高身長の“サラブレッド美女”として話題沸騰
  8. /nl/articles/2201/16/news034.jpg ビーズソファ「サイズミスって家が埋まった」 ヨギボーで家がギューギューになった光景に「笑い止まらない」「合成かと思ったw」
  9. /nl/articles/2201/16/news009.jpg お風呂大好きな猫ちゃん、待ちきれず湯船に……! 自ら入る姿に猫飼いから「可愛いすぎw」「羨ましい」の声
  10. /nl/articles/2201/17/news038.jpg 1歳弟に大事なおもちゃを汚されてしまった3歳兄、涙を流して部屋を出て行ったが…… 意外な一言にハッとさせられたパパの漫画に反響

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東原亜希、高身長の“BIG長女”に「そういえば君はまだ小学生だったのか」 父・井上康生との2ショットに驚きの声
  2. 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. 榎本加奈子さん、大魔神・佐々木主浩と“縁起がよすぎる”夫婦ショット 「10代20代と全然変わらない」と美貌に注目も
  4. 村田充、元妻・神田沙也加さんの愛犬を引き取り新生活 “トイレ初成功”で喜びあふれる「おおおおおお!」
  5. TBS「ジョブチューン」炎上で無関係なシェフへの中傷相次ぐ 代表「何年もかけて築いた評価が一瞬で崩壊した」
  6. 渡辺満里奈、新しい“家族”が空へ旅立ち 早すぎる別れに夫・名倉潤も「聞いたことのない声を上げて泣きました」
  7. 「千と千尋の神隠し」地上波放送でジブリ公式が視聴者の疑問に答える神企画再び 「千尋はどうやって最後お父さんとお母さんを見分けたのですか?」
  8. 「鬼滅の有吉?」「コスプレかと!」 有吉弘行、『鬼滅の刃』炭治郎になった“奇跡の1枚”に反響
  9. 水野真紀、30年前の“振袖姿”が絶世の美女 「正真正銘のキレイなお姉さん」「本当に美しい」とファンほれぼれ
  10. 「もうひとつ、ご報告」神田沙也加、父・神田正輝に新たな家族を抱っこしてもらう

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」