ニュース
» 2006年08月11日 12時00分 公開

オリジナル機体をチューニングしてバトルに勝利せよ――エースコンバットX(1/3 ページ)

PSP「エースコンバットX スカイズ・オブ・デセプション」では、オリジナル機体のチューニングが可能。今回はチューニングの方法に加えて、次第に明らかとなるストーリーについても紹介しよう。

[ITmedia]

オリジナル機体を、自分だけの機体にチューニングせよ!!

 PSP「エースコンバットX スカイズ・オブ・デセプション」(以下、ACE-X)では、シリーズ初となるオリジナル機体のチューニングシステムが搭載されているのはすでに紹介したと思う。では、その方法について詳しく解説していこう。

パーツの総数は60種類

 カスタマイズできるのは、「エンジン」、「ウイング」、「アーマー」、「ウェポン」、「コクピット」の5つのカテゴリー。スピードを重視するか、バランスにこだわるか、特殊な機能を持たせるか。自由にパーツを組み合わせて、自分だけのお気に入りの機体を作り上げていこう。

 用意されているパーツは60種類。「ミッション中に、特定の施設を破壊する」、「特定のミッションをクリアする」などの条件を満たすことで出現し、購入可能になる。思わぬ行動で手に入ることもあるとか。当然、集めた数だけチューニングのバリエーションも広がるわけだ。どこかに眠っているパーツを見つけることも、プレイの楽しみの1つとなるだろう。

チューニングした機体で、相手を圧倒せよ!

 パーツを加えることで向上する能力はさまざま。「スピードアップ」や「装甲の強化」から「ステルス性の向上」、「ミサイルのホーミング性能の強化」など、個性のあるパーツが用意されている。ただし、パーツによっては特定の性能が上がる代わりに、他の性能が犠牲になることも。どんなパーツを組み合わせるかが悩みどころだ。

 なお、チューニングした機体は、キャンペーンモードだけでなく、マルチプレイモードでも使用可能。こだわりぬいた機体を、対戦プレイでライバルたちに見せつけるのだ。

画像画像

これがACE-Xに用意されているチューニングだ

画像 「XFA-24A Apalis」は「戦場を選ばない、高い汎用性」という実戦的なコンセプトのもとに設計された多目的機。トータルバランスに優れたこの機体が、チューニングによってどのように変化していくのだろうか

 では「XFA-24A Apalis」のチューニング例を紹介しながら、どのようなカスタマイズが可能なのか紹介していこう。

 チューニング画面を表示させたあとは、チューニングする機体を選択。その後、チューニングするパーツカテゴリを選択することになる。そこでは、チューニング前の基本性能数値が表示されている。


画像 チューニング画面
画像 機体の選択画面

画像画像 パーツカテゴリの選択画面

いよいよチューニング開始

 では、いよいよチューニングの開始だ。これから、それぞれのカテゴリーに新たなパーツを取り付けたとき、パーツ数の増加により、どのように性能が変化していくのか、段階に分けて説明していこう。

第1段階:エンジンパーツの取り付け(装備パーツ数:合計1)

画像

 まずはエンジンパーツ「高推力エンジン(Minotaur Engine)」を取り付ける。これは最高速度が大きく向上するパーツだが、その重量から、ロールやヨーに影響が出てしまう、クセのあるパーツとなっている。

第2段階:ウェポンおよびウィングの取り付け(装備パーツ数:合計3)

 ウェポンとして、「追加ハードポイント(Extra Hardpoint)」を取り付ける。これはミサイルと特殊兵装の積載量を増やすパーツだが、機体の重量が増加する。

 またウイング「軽量エルロン(Extra Elron)」を取り付ける。これは軽量化によりロール性能を大きく上昇させるパーツ。だがその結果として、機体に乱れが生じることにもなる。

画像画像

第3段階:アーマーとコクピットの取り付け(装備パーツ数:合計5)

 アーマーとして「軽量装甲(Light Armor)」を、加えてコクピットに「レイブン(Raven)」を追加する。軽量装甲とは、装甲の強度を落とし、より軽量化された装甲。すべての挙動が軽くなるが、防御力が減ってしまう。またレイブンは対地処理能力を抑え、対空処理能力を特化させるソフトウェアとなっている。

画像画像
画像 チューニング終了。見た目は変わらないが、その戦闘能力は確実に変化している
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」