ニュース
» 2006年08月11日 15時52分 公開

「女神転生 IMAGINE」のコンセプトアートを公開――空白の時代を描く

ケイブ・オンライン・エンターテイメントは、アトラスと共同で開発しているMMORPG「女神転生 IMAGINE」のコンセプトアート、世界設定をいくつか公開した。

[ITmedia]

 悪魔と交渉することで“仲魔”とし、ともに戦うことにでき、仲魔とした悪魔を合体し新たな悪魔を生み出せるというゲームシステムでシリーズ化された「女神転生」シリーズのMMORPG版が本作。「真・女神転生I」と「II」の空白の時代を舞台としており、2004年7月に製作がアトラスから発表された。難産だった本作も昨年の7月、「怒首領蜂 大往生」や「虫姫さま」など弾幕シューティングで知られるケイブが、オンラインゲームを扱う新会社「ケイブ・オンライン・エンターテイメント」を設立し、アトラスと共同開発という形で「真・女神転生オンライン IMAGINE」のプロジェクトを継続、今冬サービス開始を目指している。

 本作でも「真・女神転生」シリーズ固有の世界観を継承しており、「20XX年東京(日本)」、「召喚プログラム」、「交渉」、「合体」、「LAW」、「CHAOS」、「神話の世界」といったキーワードが並ぶ。

新宿バベル内部のコンセプトアート

 プレーヤーは、魔神トールの手によって放たれた“I.C.B.M”攻撃によって灰燼と化した“東京大破壊”の世界に生きている。生き延びた人々は、信仰と思想の壁を越えた社会体制“共同体社会”を樹立し、7人の賢者と呼ばれる指導者の下、新宿に巨大な塔“新宿バベル”を建造していた。新宿バベルは東京再生プロジェクトの象徴ともいえる建造物で、半径400メートル、高さ3000メートルに至る偉容を誇り、内部には将来的には行政をはじめ住居や各種施設が点在する予定になっていた。現在、外装はすでに完成し、内部は未完成ながら一部区画には人々が入居を始めており、大破壊後の東京においてもっとも活気のある場所であった。


“ホーム”のひとつである“スギナミ第三ホーム”。プレーヤーキャラクターの後ろにはバーチャルルームと呼ばれるデビルバスターを養成する施設が見える。寄り添うピクシーも美しい

 しかし、東京大破壊で生き残った多くの人々は、“ホーム”と呼ばれる地下シェルターで生活しており、地上では失われた都市的機能を持つにまでなっていた。そんな折、地上に再び悪魔が姿を現す。悪魔の襲撃に怯える人々は、ただひっそりと息を潜めるしかなかった。

 プレーヤーは悪魔召喚プログラムを手に入れたことで、地下シェルターのひとつ“スギナミ第三ホーム”から壊滅した“空白の時代”へと踏み出すことになる。にいた。悪魔召喚プログラムを手に入れる。悪魔召喚プログラムを得たことでプレーヤーは、悪魔と交渉・召喚・使役できるようになり、共同体社会によって認定された能力者・デビルバスターへの道を歩むことになる。


こちらは新宿バベル内の行政施設“デビルバスター管理機関”。仲魔はおなじみジャックフロスト

 デビルバスターは本来、バーチャルルームと呼ばれるデビルバスターを養成するための仮想空間を作り出す施設で、悪魔との戦闘を疑似体験し、訓練することで誕生する。新米デビルバスターは、デビルバスター教官“スネークマン”の指導を受け認められた後、正式なデビルバスターとしての証“DB ライセンス”を獲得する。これらを管理するのが新宿バベルにある“デビルバスター管理機関”。DB ライセンスを持つ者のみが入室を許されるデビルバスター管理機関内の“中央制御室”では、“不動の山本長官”が指揮を取っており、そこに訪れるデビルバスターにさまざまな指令を下している。


 こうした規則の下、整然と社会生活が形成されているのはごく一部で、外界の多くは悪魔の出現などもあり荒廃した世界が広がっている。新宿バベルを建造するために造られたドック施設“シンジュクドック”なども、新宿バベル完成後は荒廃が進み、悪魔の住処となっているという。シンジュクドックは、新宿バベルの地下にあたる。

 また、東京大破壊後の東京に突如現れた謎の3本の柱“オベリスク”も、いつ誰が、何を目的に建てられたのかは明らかではなく、異質な存在となっている。オベリスクはナカノ、イチガヤ、シブヤの3カ所に建っており、オベリスクの発する力によって、周囲の環境と地殻は大きく変化し、悪魔の姿も目撃されている。

シブヤにはこのような水晶化した岩が転がっている

 ナカノのオベリスクでは、オベリスクを中心に急速に樹海化が進み、東京大破壊の引き金となったI.C.B.M.の爆心地周辺でもあるイチガヤのオベリスク一帯では、地表にマグマが噴き出し、危険なエリアと化している。シブヤのオベリスク周辺でも、“謎の水晶”が多く見られ、かつての繁栄の遺産とも言えるビル郡やオブジェは、オベリスクの力により石化が進んでおり、かつての面影はない。

 世界はそれでも発展しているのか、それとも退廃に向かっているのか。東京大破壊からの復興を目指す上で必要な労働力を確保するための打開策として誕生した人造人間“イノセント”もそのひとつだろうか。七人の賢者の1人にして生体科学者の“叡智の久坂”に

よって作り出されたイノセントは、新宿バベル内部の“イノセントプラント”で製造されており、共同体社会の管理・統制の下、従順な労働力として東京の再生に貢献している。彼らイノセントの存在も大きくプレーヤーと関係していくに違いない。

新宿バベル内部は未完成ながら居住者も多く点在。行政機関はそろっている様子で、外の荒廃が嘘のよう

スギナミ第三ホームもライフラインも充実しており、生きていくのは申し分ない様子。しかし、地下ということもあり、薄暗い感じ

公開されたコンセプトアート


「女神転生IMAGINE」
対応機種:Windows
ジャンル:MMORPG
サービス開始時期:今冬
料金体系:未定
(C)ATLUS
(C)CAVE ONLINE ENTERTAINMENT


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/23/news010.jpg 会社のオンライン朝礼に子猫も参加した結果 永久にちょっかいを出し続ける自由ほんぽうっぷりがかわいい
  3. /nl/articles/2201/24/news018.jpg ハムスターが自分のアクリルスタンドを見てとったポーズが…… 飼い主が爆笑した奇跡の2ショットに「変な声でたw」と笑いが集まる
  4. /nl/articles/2201/24/news074.jpg 「イケメンの日ってことに」 井手上漠、珍しい“男子風”ノーメイクに「菅田将暉くんに似てる」の声
  5. /nl/articles/2201/23/news011.jpg 「好きだから」とクラスメイトに監禁されて ストーカー女子を描いたホラー漫画が真相を知るともっとホラー
  6. /nl/articles/2201/24/news026.jpg 重要な商談で盛大なやらかし! 同僚へのドッキリ用「ビリビリ電気ペン」が悲劇を生んだエピソードに「申し訳ないけどめちゃくちゃ笑った」
  7. /nl/articles/2201/19/news160.jpg 疲れたOLがゲーセンでやさぐれヤンキーに懐かれる漫画が平和で癒やし 気付けば家で一緒にゲームをする仲に
  8. /nl/articles/1801/19/news114.jpg 奇跡起きたな! 女お笑いコンビ「ガンバレルーヤ」、“詐欺写真”で別人に生まれ変わる
  9. /nl/articles/2201/23/news016.jpg 兄猫「ぺちっ」子猫「や、やられたぁ〜!」 優しい猫パンチでコテっと倒れる弟猫がアニメのようでいとおしい
  10. /nl/articles/2201/22/news055.jpg 平愛梨、夫・長友佑都の勘違いにかわいい“対策”発動 「懐が大きいなぁ〜」「長友さんは幸せもん」とファン絶賛

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」