連載
» 2006年08月17日 14時17分 公開

61年めの敗戦──フリーになった「Virtual PC」でフリーになった「Pacific War」を復活させる勝手に連載!「レトロ“PC”ゲームが好きじゃー」(1/4 ページ)

夏がくれば思い出す1945年の8月15日、という日本人も少なくなったとニュースが報じる2006年の夏。そういう時代だからPacific Warで「あの戦争」のメカニズムを冷静に見つめてみたい。

[長浜和也,ITmedia]

いろんな意味でゲームにしにくい「太平洋戦争」

 太平洋戦争で起こった海戦で「海軍好き」でない人でも知っている有名なところといえば「真珠湾攻撃」に「ミッドウェー海戦 」となる。最近はコミックや映画でも太平洋戦争が取り上げられることが多くなって、「珊瑚海海戦があってミッドウェー海戦があってガタルカナルの一連の戦闘があってマリアナがあってレイテがあって、そして大和の沖縄突撃で幕を閉じる」という日本海軍が滅びる一連の流れを知る人が多くなったと聞く。

 しかし、それでも「この一戦っ!」といえば「ミッドウェー海戦」であることに賛同してくれる人は多い。「運命の5分間」というキーワードとともに「本当は勝っていた」という“IF”から始まって「ミッドウェーで空母4隻と腕の立つ搭乗員が健在ならば日本はあの戦争に勝っていた」という考えが昭和30年から昭和40年代にかけて流行っていた「戦記漫画」でけっこう真剣に語られていた。そのころの小中学生達はそういう“思想”を戦時中の軍国少年のように信じ込み、彼らが高校生になるあたりから日本でブームになったボードのウォーゲームに「よっしゃ、ボクが南雲中将に代わって第一機動部隊を率いて米空母を撃沈してやる」という動機から足を踏み入れるようになる。

 実際、日本では「ミッドウェー海戦」を再現する空母戦ゲームの需要が多かった。アバロンヒルの「MIDWAY」は日本語の解説がついている唯一の空母戦ウォーゲームとして時期は長く、エポックの「日本機動部隊」はミットウェー海戦のシナリオを収録し、ツクダが大作「航空母艦」のあとにリリースした「空母戦4部作」の第一弾はミッドウェー海戦であった。先の日本機動部隊のデザイナーの会社である翔企画が最初にリリースした初心者向け空母戦ゲームも「ミッドウェイ海戦」であった。

 空母戦ゲームの題材として「必須」といえるこの海戦であるが、実は「ゲーム」に大変向いていない題材でもある。それは、この海戦に日本が負けた要因が「運命の5分間」というフレーズにある「敵空母の発見が遅れて魚雷と陸用爆弾の交換に時間がかかりようやく準備ができたときに敵の空襲を受けてたため、被弾誘縛して空母が沈んだ」ではなく、「第一機動部隊司令部がミッドウェー海域に敵空母の存在を想定していなかった」とことにあるためだ。

 ミッドウェー海戦を扱うウォーゲームにおいて、日本軍担当はシナリオ開始の時点ですでに米空母が近くにいる前提で作戦行動を起こしてしまう。夜明け前から二段索敵を展開して機動部隊は敵空母を発見するまでミッドウェイ基地の制空権圏外に退避して、攻撃隊は魚雷と徹甲弾を搭載したまま待機する。ルールで行動を制約されたり(日本機動部隊では夜明けと同時にミッドウェイ基地を空襲しなければならない)、戦闘序列をゲームのたびに変えたり(翔企画のミッドウェイ海戦ではサイコロの目でゲームに登場する戦力を決定する)といろいろ工夫も凝らされているが、しかし、「敵空母が近くにいることを知っている日本軍」という大前提は変わらない。

 「敵がいるのかいないのか分からない」という状況を再現するには作戦級ではなく戦略級規模のウォーゲームの出番となる。米国のボードウォーゲーム業界には「太平洋戦線はビジネスにならない」という経験則があるが、それでも太平洋戦争を扱った戦略級のボードウォーゲームが米国で数多く発表されている。日本でも太平洋戦争を扱った戦略級のウォーゲームは登場しているがその数は「太平洋艦隊」(ホビージャパン/サンセットゲームズ)「大日本帝国の盛衰」(ゲームジャーナル)と意外にも少ない。もちろん、PCウォーゲームでも戦略級太平洋戦争を題材にしたタイトルが発売されているが、面白いことにこちらは米国で少なく日本で多い。その数少ない米国産の戦略級太平洋戦争のタイトルが「Pacific War」(SSI)だ。ちまみに、ボードゲームでも同名のウォーゲームがVictory Gameから出版され、その日本語版がホビージャパンから出荷されていた。実を言うとボードのPacific Warのほうがよく知られていたりする。

 なお、SSIのPacific WarについてはMOR氏による詳細な解説とリプレイ記事がウォーゲーム専門誌「ゲームジャーナル」ですでに掲載されている。筆者はそのバックナンバーを入手したいと長いこと望んでいるのだが残念ながら未だにその記事を読んでいない(オークションでも結構な値に競りあがってしまうのだ)。そのため、この記事のPacific Warに関する記述がMOR氏の記事と重複している可能性がある。すでにゲームジャーナルの記事を読んでしまっている方々には大変申し訳ないのだが、その点はご了承いただきたい。

現在MatrixGamesのサイトからダウンロードできるPacific Warのバージョンは3.2で、SSIのパッケージ版オリジナルから戦闘序列の修正、メール対戦向け新機能の追加、AIアルゴリズムの変更などの改良が加えられている。左がMatrixGames版マップで右がSSIのオリジナル版マップ

グラフィックの改良は艦船や航空機にもおよんでいる。艦船ユニットの描画は少ないドット数ながら各艦の特徴がよく表現されている。右がMatrix版で左がSSIオリジナル版。Matrix版のそれらしい描画もいいが、ゲームにおける視認性という点ではオリジナルも実は捨てがたい

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」