レビュー
» 2006年08月18日 12時00分 公開

“ハイデフ”テニスでトップランカーをめざせ!「トップスピン2」:レビュー(1/3 ページ)

Xbox 360ソフト「トップスピン2」が8月3日に発売された。Xboxで発売され好評を博した「トップスピン」の続編だ。実名プロ選手の数も増え、各モードもさらに充実し、そして何と言っても“ハイデフ”の名のもとにリアルなテニスを楽しめる、クオリティの高いスポーツゲームだ。

[仗桐安,ITmedia]

臨場感バツグンのグラフィックで、本格テニスを

画像

 Xboxで2004年の夏に発売された本格テニスゲーム「トップスピン」の続編が、本作「トップスピン2」だ。筆者は実際のテニスはたしなみ程度にしかやってこなかったが、バドミントンや卓球にはけっこうハマったクチだ。なお、前作「トップスピン」は未プレイだが、ほかのテニスゲームには慣れ親しんできているので、ネット越しの熱いラリーの魅力は十分承知しているつもりだ。そんな筆者の観点で、この「トップスピン2」についてお伝えしていこう。

画像 メニュー画面。エキシビションにはシングルスとダブルスがあり、自由に選択できる

 まず評価すべきは、やはりそのグラフィック。“ハイデフ”というフレーズで高精細・高品質の画質をアピールしているXbox 360ではあるが、本作もその点については例外でなく、背景にせよキャラクターにせよ、その描き込まれ具合は並々ならぬものがある。各コートごとに空気の温度、風の感触まで伝わってきそうな臨場感があり、プレイの気持ちよさに一役も二役も買っている。グラフィックのリアルさという点においては、間違いなく最高峰のテニスゲームと言っていいだろう。

画像画像画像画像画像 各コートごとに雰囲気がガラリと変わる。ギャラリーの人たちの動きも芸が細かい

画像 キャラクター選択画面。誰でプレイするか迷ってしまうほどに選手の数やプレイスタイルは豊富だ。

 基本的に使用できるキャラクターは、アンディ・ロディック選手やマリア・シャラポワ選手など総勢24名の実名プロ選手たち。前作では16名が使用可能だったので、この点は明らかに続編としての正常進化、ボリュームアップが図られている。彼らの挙動やモデリングも実にリアルだ。それぞれ得意なスタイルがあるので、相手に合わせて戦法やアプローチを変えていくという楽しみもある。

シンプルさと奥深さが共存する操作性

 グラフィックは“ハイデフ”仕様でバッチリな本作だが、操作性はどうだろうか。シンプルにもプレイできるが、上達すればするほど複雑かつ巧緻なショットを打てるようなシステムが採用されていて好感が持てる、というのが筆者の率直な感想だ。

 基本的にはAボタンでセーフショット、Bボタンでトップスピンショット、Xボタンでスライスショット、Yボタンでロブショットを打つことができる。セーフショット以外は左スティックの倒し加減によってはアウトになってしまうこともあるので注意が必要。基本はセーフショットでラリーを続け、ここぞというところで適切なショットを適切なところめがけて打つという戦法が有効だ。

画像 ジャストのタイミングでサーブを打つと「MAX」と表示され、速いサーブを繰り出すことができる

 さらにRTボタンを押しながらA、B、X、Yボタンでボールを返せば、リスクショットと呼ばれる4種類のショットを打つことが可能。加えてLTボタンを押しながらA、B、X、Yボタンを押せば、アドバンストショットと呼ばれるテクニカルで特殊なショットを放つことができる。ただし、アドバンストショットはキャリアモード(1人用でオリジナルキャラを育成するモード)である程度プレイを進めて習得しなくては使えない。

 このように実に多種多様なショットを使い分けることができるのが本作の魅力だが、最初のうちは4つのショットの打ち分けだけでも、けっこう難しいと感じるかもしれない。かくいう筆者も、最初は大いに戸惑った。テニスゲームをプレイするのが久々だったというのもあるかもしれないが、とにかくボールに追いついているはずなのに、うまく打ち返せないのである。「なぜ打ち返してくれんのだー!」とコントローラを投げつけたくなったのも、しかし序盤のうちだけだった。

 慣れてくるとボールの軌道を見切りつつ、先にショットボタンを押しておく感覚がつかめてきた。とにかくボールに追いつくこと、自分の腰より上あたりでボールをとらえると威力のあるショットが打てること、若干先読みしつつボタンを長押ししておくことでショットの威力が増すことなど、基本操作のコツが分かってからは、俄然おもしろくなってきたのだ。そこそこの相手と熱いラリーをしつつ、豪快なボレーを決めたりできるようになると「そうそう。この感覚こそがテニスゲームなんだよなあ」と思わずにんまりしてしまうほどには成長できた。

 そんな基本的な感覚の習得、そして数々のショットの練習として最適なのが、次項で紹介するキャリアモードだ。

画像画像 バリエーション豊かなショットをものにして勝利をつかめ
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/21/news019.jpg 子猫「イヤー!!!」→「あれ……?」 初めてのお風呂で元保護子猫が見せた意外な反応に、飼い主もビックリ
  2. /nl/articles/2201/21/news123.jpg 「俳優たちの見たことない姿」「カッコ良すぎる」 松重豊、仲村トオルらの“ランウェイ姿”が話題沸騰
  3. /nl/articles/2201/22/news041.jpg 仲里依紗、イメチェン後のサラサラストレートヘア姿に“ウケる” 清純派な落ち着いた空気に「若返ってて似合ってます!」
  4. /nl/articles/2201/22/news043.jpg かまいたち濱家、体重7キロ減を“ひと月弱”で達成 MAX95キロからの激変ぶりに相方・山内「想像以上に仕上げてきた」
  5. /nl/articles/2201/21/news169.jpg お姉さんたちの美ボディにメロメロ! 「東京オートサロン2022」美女コンパニオンまとめ第3弾
  6. /nl/articles/2201/22/news052.jpg ダルビッシュ聖子、10年前のバキバキ腹筋に自信満々「どこでも見せる事が出来ました」 当時の厳しい鍛錬は「もうできないわ」
  7. /nl/articles/2201/18/news138.jpg 妻を妄想上の存在と思い込む男、そんな夫を支える妻…… 妄想と現実が入り乱れる漫画が何度も読み直したくなる強烈展開
  8. /nl/articles/2201/22/news049.jpg 松本伊代、“ヒロミさんも捨てられない”花嫁衣装をリメイク ステージ用に生まれ変わったドレスへ「28年前のものとは思えない」
  9. /nl/articles/2201/20/news131.jpg いくらしょうゆ漬けみたいな「ほぼいくら」発売 ぷちぷちの食感、味わいを再現
  10. /nl/articles/2201/22/news057.jpg EXILE黒木啓司と結婚の宮崎麗果、3歳息子とパパのバースデーケーキ作り 奮闘するわが子に「泣いて喜んでくれてよかったね」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」