レビュー
» 2006年08月21日 00時00分 公開

身体をリズムに乗せて、指先をリズミカルに心踊らせ「リズム天国」レビュー(1/2 ページ)

リズムに乗って操作するだけという、簡単なルールが斬新なGBA用タイトル「リズム天国」。「メイドインワリオ」などと同じ脱力系かと思いプレイしてみると、見た目はそうでも中身は全然違うものだった。で、その中身は?

[篠崎薫,ITmedia]

これまでにない、リズムのみに焦点を当てたユニークな1本

 今ではすっかりお馴染みとなったいわゆる“音ゲー”だが、リズムアクションと呼ばれるジャンルができたのは、そんな昔のことではない。プレイステーション用タイトルとして発売された「パラッパラッパー」に、その起源を見ることができる。これ以前にも、リズムに合わせてボタンを叩くと言った類のゲームもあったが、1ジャンルとして確立させたのは「パラッパラッパー」であることに異論はないだろう。

見た目がシュールな「リズム天国」。これまでの音ゲーと比べると、明らかに雰囲気が違うのが分かるだろう

 ジャンルができてから10年も経過していないが、その間に様々な音ゲーが登場した。中でも大ヒットとなったのが、曲に合わせてボタンを叩いていくという、コナミがリリースしている一連の「ビーマニ」シリーズだろう。これらは、シリーズを重ねるごとに洗練されていったものの、時期を逃すと取っつきづらいタイトルであったため、プレイしていない人もいるのではないだろうか。そのため気づけば、難しい譜面をミスなく叩きまくるのが音ゲーの本流となっている中、そのアンチテーゼとして現れたとも思えるのが、この「リズム天国」だろう。音楽を司る3要素「リズム」、「メロディ」、「ハーモニ」のうちの“リズム”にのみ焦点を絞り、誰もが手軽にプレイできるようにしたタイトルだ。実際、そこには敷居を下げるための、様々な工夫が凝らされていた。

ほとんどのゲームは、ワンボタン操作で、誰もが手軽に、すぐに遊べる

 中身は、数多くのミニゲーム集で構成された感じになっている本作。最初はステージ1-1しかプレイできないが、ランク平凡以上でクリアすると次のステージが表示され、新しく遊べるようになる仕組みだ。これを5回繰り返すと、1-6にこれまでの復習ステージとなる“リミックス”が出現。無事にクリアすれば、2-1が出現する。なお、ランクは“やりなおし”“平凡”“ハイレベル”の3種類。ハイレベルをゲットすればメダルがもらえ、後述するミニゲームなどが遊べるようになる。

一見すると力が抜けてしまうようなイラストだが、中身はかなり本格派。リズム感を養えることは間違いない
リミックスでは、それまでに出題されたミニゲームがシャッフルされて登場する。毎回順番は同じだが、唐突に違うゲームに変わるので、しっかりとやり込んでおかないと操作にとまどうことがあるのが残念
3段階あるランクのうち、ハイレベルの評価を得られればメダルゲット。序盤のゲームではハイレベルを出すのが難しいが、後半に行くと思ったよりも簡単に取れる

 ステージ数は全部で48あるものの、1ステージのプレイ時間はどれも3分以内と短いため、ちょっとした空き時間にプレイできるのは非常にうれしい。しかも、どのステージもルールは単純で、基本的にはリズムに合わせてボタンを叩くだけ。手順が決まっている場合は、事前に簡単な説明が挿入されるので、迷うこともない。ただし、48あるうちのいくつかは、序盤に出てきたものの難易度が上がったバージョンになっているものなので、実質的には30ちょっとのバリエーションと言えるだろう。

 どれも、リズムに合わせてボタンを押すのには変わりないが、その中身を分類すると大きく3種類に分かれる。1つは、一定のリズムを最後まで刻み続けていくもの。もう1つが、タイミングを合わせてボタンを押すパターンで、最後が曲のリズムに合わせてボタンを押す種類だ。最初のパターンに当てはまるのがウサギ飛びやナイトウォークなどで、ほかのゲームはどちらかというと、残りの2種類に大別される。とはいえ、そのどれもが一定リズムに沿ってボタンを押すだけなので、老若男女誰もがプレイできるはず。頭の中でリズムを刻みながらボタンを叩くのもいいし、身体を揺らしてリズムを取りながら、ボタンを押すのもいいだろう。一部のゲームでは、ちょっとしたボタン連打を要求されたり、A、Bボタンに加えて十字キーでの操作も求められるが、何とか操作にはついて行けるだろう。

ルールが単純なだけでなく、見た目もユニーク。それでいて、中身はしっかり作られているのだから、これには恐れ入る
少しでも複雑なゲームでは、最初に手順を教えてくれる。しかし、それをきちんと覚えないことには操作を失敗してしまう。特に、スペースダンスには悩まされっぱなしだった
意外に忙しいのが、序盤に登場するリズム脱毛。ヒゲが連続して並んでいるところでは、リズムに合わせてAボタンを連打。実はこれが難しい

最初に見たときは、本当に驚いた。ただし、非常にノリの良い曲なので、プレイするにはピッタリ。曲自体も覚えやすいので、身体にすぐに染みつくかも

 なお、リミックス3や4では、作詞作曲をつんく♂が担当している曲が流れる。しかも、リミックス3を歌うのは、アキバ系アイドルとして有名な時東ぁみ。これまでの任天堂ソフトからは考えられないような人選だけに、正直初めて見たときには我が目を疑ったほど。しかも、1曲丸ごと入っているのだから、それにも驚かされた。音質的にはちょっと厳しいと言わざるを得ないが、彼女やつんく♂のファンだというのであれば、これだけでも買いかもしれない。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」