レビュー
» 2006年08月22日 00時00分 公開

夢の完全再現にまた一歩近付いた――次世代パワーが描き出す美麗な首都高「首都高バトルX」レビュー(2/2 ページ)

[千早秀生,ITmedia]
前のページへ 1|2       

クルマは見た目のカッコよさも大事

 バトルでの勝利を重ねてCPを稼いだら、チューニングショップで愛車の性能アップを図りたい。「首都高バトル」はバリエーション豊かなカスタマイズがウリの1つであり、ほかのレースゲームには見かけないような通好みのカスタマイズが用意されているからだ。

 今回もその例に漏れず、目新しいものとしてドアのガルウイング化やバイナルグラフィック(さまざまな形に切ったカッティングシートをボディに貼り付ける)などが可能になった。また、新たなカテゴリーとして「INTERIOR(内装)」が登場。シートやステアリングの変更したり、走り屋仕様とも言うべき3連メーターを装着することができる。内装のカスタマイズは性能アップにつながらないが、愛車への思い入れは間違いなくアップする。資金に余裕があれば、ぜひ行いたいチューンアップだ。ちなみに筆者が真っ先に行ったカスタマイズは、エンジン回りや足回りではなく、RECAROのバケットシートの装着。走行中は見られないのだが……。

photophoto (写真左)エンジンもポリゴンでリアルに再現。見よ、この詳細な作り込みを。ちなみにチューニングを変えれば、エンジンの外見にもしっかり反映される
(写真右)愛車の内装も細かくカスタマイズ可能。レース中は、運転席からの視点にすれば、車内を堪能できる。お守りは渋くてオススメだ

一番のハイライトは新コースの追加

 環状線からスタートし、新環状線、湾岸線、横羽線、横浜環状線と、作品を重ねるごとにその規模を拡大させてきた本シリーズの首都高。新宿の出入口を頻繁に利用する新宿区在住の筆者にとっては、3号渋谷線と4号新宿線が追加されると聞き、ちょっと小躍りしてしまった。

 この情報を知ってから、筆者の頭の中は新コースで埋め尽くされてしまった。“代々木付近のS字なんか面白いだろうな”、“環状線にはどうやって戻ってくるのだろうか。この2線だけ一方通行なのかな?”なんて妄想が絶え間なく浮かび上がり、レースに集中できなくなってしまったのだ。

 そこで、最初からすべてのコースを走れるFREE RUN MODEで実際にプレイしてみると、“その手があったか!”と思わずうなってしまった。渋谷線のほうは、出口を降りて六本木通りを直進し、旧山手通りとの交差点をUターンして再び渋谷線に乗る形。そして新宿線のほうは出口を降りた後、右折して地下道に入り、新宿駅西口のロータリーを回って戻ってくるという形──つまり、下道まで再現してしまったのである。この調子だと、5号池袋線や6号向島線が再現される日も近いのだろう(東京以外の在住の方、分かりにくくてすみません……)。

photophoto (写真左)首都高は、料金所まできちんと再現。ちなみに、ETCレーンに突っ込んでもバーは下りない
かの有名な、新宿駅西口のロータリー。「首都高バトル」でまさかこんな場所を走れる日が来るとは……感無量!

シリーズ未体験の人にオススメ

photo できるだけ早い段階でGT-R(R34)を手に入れたい

 さて、個人的には十分満足なレベルにある本作だが、残念な点が2つある。1つは、湾岸線や横羽線が収録されなかったこと。これによってボリュームがダウンしたのは事実で、テクニカルな環状線とハイスピードの湾岸線の対比を楽しめなくなったのが残念でならない。なお、「首都高バトル01」で収録された名古屋高速と阪神高速も姿を消している。関西圏のユーザーの中には、ショックを受けている人も少なくないだろう。

 そしてもう1つは、QUEST MODEを進めてもノーマルカーのラインナップが増えない点が挙げられる(スタート時に選べる18車種のみ)。「首都高バトル01」では国産車だけでなく、ロータスやフォード、メルセデスなども手に入れられただけに、これはちょっと寂しい。Xbox Live経由で湾岸線や横羽線を配信、なんてことは無理だとしても、新しいクルマの配信ならと思ってしまうのは、決して筆者だけではないはずだ。

 上記2点によって、これまでのシリーズを遊び倒してきたヘビーユーザーの中には、物足りないと感じる人もいるだろう。だが、筆者にように、実在の首都高をゲームの中で走れることに楽しさを感じている人は、ぜひともプレイしてほしいものである。また、シリーズ入門編としては適度なボリュームなので、未体験の人には特にオススメしたい。

首都高バトルX
対応機種Xbox 360
メーカー元気
ジャンルレース
発売日発売中
価格7140円(税込)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/08/news205.jpg 仲里依紗、LAで自分を解放「全身タトゥー」姿公開 「英語なんかまじ喋れないけどノリで会話できてる」
  2. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. /nl/articles/2208/09/news101.jpg 川口春奈、トガッてた19歳時の“ガニ股イキりショット”を公開し反響 「野生の春奈ちゃん」「牙を剥く若かりし頃のはーちゃん」
  4. /nl/articles/2208/08/news051.jpg 妻が猫ちゃんを呼ぶと→「にゃあ〜」、しかし夫が呼ぶと…… 完璧に無視する態度の違いに笑いと応援の声
  5. /nl/articles/2208/08/news024.jpg 飼い主「イタズラ誰がやったの?」→しょぼんとする兄柴犬 or ニッコニコの妹柴犬 分かりやすすぎる犯ワンに100%納得
  6. /nl/articles/2208/09/news040.jpg 涼しさ求めた朝散歩、お母さん柴犬→拒否柴発動! ガンとして動かない様子に「まだ寝ていたかったんだね」の声
  7. /nl/articles/2208/08/news202.jpg ひろゆき氏VSガーシー議員らの論争にドワンゴ川上氏が反応 ガーシー議員からの“暴露宣言”に「ただの恐喝」
  8. /nl/articles/1903/09/news018.jpg 「完全におっさんの飲み方」 川口春奈、ジョッキビールをかっくらう“飾らない姿”にファン驚き
  9. /nl/articles/2208/09/news125.jpg 「男闘呼組」岡本健一、53歳の“色気ダダ漏れ”ショットに黄色い声援 「鳥肌たちました」「罪なカッコ良さ」
  10. /nl/articles/2007/15/news150.jpg 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい