ニュース
» 2006年08月25日 21時15分 公開

アクションフィギュア×オンライン――「武装神姫」プロジェクトフィギュア第2弾発表

[ITmedia]

 フィギュアにオンラインサービスをリンクさせた「武装神姫」の第2弾フィギュアが発売される。今回は浅井真紀氏とコナミが製作したMMS(マルチムーバブル)ボディを採用したフィギュアで、第1弾とはテイストの異なる仕上がりとなっている。

 猫vs犬をコンセプトとした第2弾は9月28日に発売予定。デザインはBLADE氏が担当。さらに、武器とキャラクターの顔が入った拡張性高いEXウエポンセットも登場する。こちらのデザインはマンガ家のカサハラテツロー氏いよるもの。9月7日に発売予定の第1弾シリーズとパーツの連動が可能だ。

左が武装神姫「ハウリン」MMS TYPE DOG。右が武装神姫「マオチャオ」MMS TYPE CAT。各税込み3675円で、彩色済みアクションフィギュア(※一部組み立て有り)。武装パーツ、台座、取り扱い説明書が同梱されている。発売日は2006年9月28日
価格は税込み1575円。キャラクターヘッド、武装パーツ、取扱説明書(この商品に素体ボディはつかない)が同梱。発売日は2006年9月28日

 9月7日には「武装神姫ジオラマスタジオ」が、来年初頭には「バトルサービス(仮称)」が開始される。

 「武装神姫ジオラマスタジオ」とは、パソコンの中でジオラマを再現できるシステムで、実際のフィギュアと同様にパーツ仕様が共通のため、多彩なセッティングが可能で、表情もパーツとして変えられるというもの。もちろん、好みのポーズも手軽に変更でき、3Dで描かれるPC内のジオラマにフィギュアを配置することができる。多彩なカメラワークでさまざまな角度から観賞でき、スクリーンショットで撮影できるのだ。

 また、武装神姫のオンラインサービスサイトである神姫NETにおいて、マスコットキャラクターのシラハとノアによる「神姫ネットジャーナル」コーナーが毎週木曜に更新されている。最新更新分では武装神姫ジオラマ機能などについて紹介されている。

(C)2006 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン