ニュース
» 2006年09月15日 04時39分 公開

冒頭10分にラスボス戦?――「SOUL CRADLE(ソウルクレイドル) 世界を喰らう者」(1/2 ページ)

日本一ソフトウェアが新たに提案する新しいシミュレーションRPGは、冒頭10分でラスボスとの対決を迎え、やりようによっては勝ててしまうというが……。そんな最新作の情報を紹介しよう。

[ITmedia]

 日本一ソフトウェアが挑む本格シミュレーションRPG「SOUL CRADLE(ソウルクレイドル) 世界を喰らう者」は、開始10分で最終ボス(?)が登場し、無茶をすればそのまま勝利できるというなにげに今までなかった内容となっている。では、そのまま勝利したらゲームは終わるのかというとさにあらず。2007年発売予定で鋭意製作中の本作の魅力をちょっとだけ紹介しよう。


しょっぱなボス戦。これが運命の分かれ道となる

 主人公はかつて世界を滅ぼした最強の男と融合し、力を得ることになる。ゆえに最終ボスにも挑めるというわけだ。突如現れた“世界を喰らう者”により、混乱した大陸ブロデストの国々。主人公はかつて“世界を喰らう者”の主人であった最強の男・ギグの魂を身に宿し、その力を行使して“世界を喰らう者”に立ち向かう。従来のギャグテイスト中心ではなく、シリアステイスト中心のストーリー性を目指した世界設定とシナリオが展開する。

 特別な能力を手に入れた主人公は、支配の部屋に仲間の像を配置(編成)することで、戦闘マップに参加する部隊を編成することができる。どのような部隊を編成するかによって、戦略パターンはいくつにも変化することだろう。また、編成の仕方によっては、戦闘時に特殊技や魔法を発動させられる場合もあるとのこと。

戦闘フィールドに移行する前に部隊編成を行う。編成はギグの力を借りて支配したキャラクターの像を“支配の部屋”に配置することを意味する
編成した部隊は戦闘フィールドパートで召喚して敵と戦わせることができる。フィールド上に編成した人数分のスペースがないと召喚はできない
戦闘イベントに遭遇すると戦闘フィールドパートへ移行。味方部隊の召喚と移動、攻撃を行う。どんな攻撃をするかを選択することができる

攻撃を仕掛けると戦闘演出パートに。味方陣営と敵陣営に分割され表示される。迫力ある戦闘演出を見ることができる。敵を殲滅すると勝利
ちなみに戦闘フィールドマップは360度回転できる。見下ろし視点角度を何段階か調整できる
編成パートの部隊編成次第では戦闘の際、特殊技を発動させられる場合がある。技の構築も踏まえて部隊編成を行ってもいいだろう

 主人公は男女選択ができ、名前も変更が可能。キャラクターデザインは、ハヤカワ文庫「君の嘘、伝説の君」などで小説の挿絵を担当し、プレイステーション 2用ソフト「ファントム・キングダム」や「魔界戦記ディスガイア2」のゲストイラストレータとして参加していたtoi8氏を抜擢。その独特で雰囲気あるイラストタッチは、ファンタジーの世界にさらなる深みを与えてくれる。

世界観

 「ソウルクレイドル 世界を喰らう者」の世界は、中世を彷彿させる王権社会が築かれている。そこには、人間以外にも様々な亜人が生活、共存していた。戦争の歴史が続き、ようやくその火が消えたかに思えた時代、突如として大陸に現れ破壊の限りを尽くした“世界を喰らう者”は、200年の沈黙を続け、不気味に大陸にそびえ立っていた。

 物語の舞台となるのは大陸プロデスト。タマイト暦800年、激しい戦乱の末、プロデストは“レイド国”と“オウビスカ国”の2国のみが残っていた。 レイド、オウビスカともに戦争が終結した現在は、自国の維持が急務といった状態。主人公はそんなレイド国近郊にある“荒野の隠れ里”に住んでいる。


「レイド国」は国王と国民議会の二重体制を敷いている。国の領土内、城のすぐ近くに世界を喰らう者が存在しているが世界を喰らう者は手を出さなければおとなしくしているため、レイド国は国王と国民の総意で世界を喰らう者を警護しているようだ
若き女王が治める軍事力の強大な国「オウビスカ国」。恐怖政治を敷いている。軍隊ではフィンクス族に乗る騎士が活躍。過去は農業も含めた大きな国だったが、十数年前に農業を切り捨て、身分制度導入。農家は被差別階級になりさがり、結果一揆も起きましたがかなわず、現在、農地は疲弊しきってスラム化している

 プロデストに住む種族は、戦争の歴史を作ってきた人間族、280センチを越える巨体のミノタウロスのタウロス族(レッドフォッド)、人間とさほど変わらない容姿を持ったミノタウロスのタウロス族(セプー)、水辺に住み女だけで構成される水棲族、強力な術を操る竜人族、羽の生えた小人のクピト族、高い知能をもった4足獣のファンクス族などが存在する。ただ、人口の大部分は“人間族”と“タウロス族のセプー”が占めているのが現状のようだ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  3. /nl/articles/2402/23/news009.jpg ツーリング先の人けのない山、段ボール箱を開けると…… 助けを求める子猫たちに「鳴き声聞いて涙が」「許せません」
  4. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  5. /nl/articles/2210/01/news063.jpg 滝川クリステル、夫・小泉進次郎議員と長男の2ショット公開 「微笑ましい後ろ姿」「幸せな様子が伝わってくる」と反響集まる
  6. /nl/articles/2402/24/news026.jpg イヤイヤ期の妹をピタッと泣き止ませた幼い姉の“神対応” 両親を助けた驚きの手段に「賢くて優しくて」「話し方もすごい」
  7. /nl/articles/2304/25/news149.jpg 滝川クリステル&小泉進次郎、“夫婦ペアルック”の家族旅行ショット 「素敵なご夫婦」「小泉家の幸せホッコリ」
  8. /nl/articles/2311/22/news157.jpg 滝川クリステル、第2子出産を“おててショット”で報告 産前の不安も吐露し「幸福感は想像以上」「愛情をたくさん注ぐ日々が今から楽しみ」
  9. /nl/articles/2402/24/news018.jpg ウールの着物が洋裁学校出身・85歳おばあちゃんの超絶技巧で大変身! 240万再生のリメーク結果に「天才!!」
  10. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」