「Forza Motorsport 2」が目指すもの。それは“車好きな人たちの遊び場”「Forza Motorsport 2」インタビュー

「Forza Motorsport」シリーズ最新作「Forza Motorsport 2」。その日本国内での発売が決定したことを受けて、プロダクトマネージャーを務めるクリス・リー氏に、本作に関するさまざまな話を聞いてきた。

» 2006年09月21日 22時42分 公開
[遠藤学,ITmedia]
photo

 既報の通り、「Forza Motorsport」シリーズ最新作「Forza Motorsport 2」(以下、「Forza2」)の、日本国内での発売が決定した。「Forza2」は、Xbox 360用レースゲームとして、マイクロソフトゲームスタジオのTurn 10スタジオにより開発が進められているタイトル。このたびは、プロダクトマネージャーを務めるクリス・リー氏に、本作に関するさまざまな話をうかがうことができた。

 “現在の完成度は60%”と前置きしたうえで、まずはクリス・リー氏によるデモプレイがスタート。開発途中ということもあり、選択できる車種は約10台と少なめであったが、最終的には日本車、北米車、欧州車など300台以上が登場する予定だという。


photo

 コースは日本の筑波サーキット、鈴鹿サーキットを始め、東京の街中を走るコース、ドイツニュルブルクリンク北コース、米ラグナ・セカなど60以上を用意。実在サーキットも13コースが収録されるとのこと。

 収録車種、コースともに増加した「Forza2」。だが、これだけであればただのアップグレードにすぎないのも事実だ。では、前作と比べて大きく進化した点はどこになるのか? この質問に対し、クリス・リー氏は「すべてがパワーアップしています。Xbox 360になったことで、ゼロから作っていますから」とコメント。

 その具体例としてまず、レースゲーム初心者のために、アシスト機能を強化したことを挙げてくれた。記者が見せてもらったのは、コース上に矢印でベストな位置取りが表示されるというもの。矢印には緑色、黄色、赤色の3種類があり、緑ならばそのままのスピードで、黄なら少しスピードを落として、赤ならさらにスピードを落として、といったようにユーザーをサポートしてくれる。もちろん、このアシスト機能はオフにすることもできる。

 また、車はすべてカスタマイズが可能で、ユーザーがカスタマイズできる部分は、ホイールなどのパーツ、本体のカラーやデザインなど多岐にわたる。プレーヤーが作成したオリジナルロゴを車に貼り付けることも可能だという。「カスタマイズにより、ユーザーそれぞれの個性や好みが出てくる。対戦する時でも“こんな風にカスタマイズしたのか”といった楽しさが生まれる」と、コミュニケーションツールのひとつとしても、役立てて欲しいとクリス・リー氏は語ってくれた。


photo

 そして、クリス・リー氏が最も強調していたのが“車のダメージ表現”だ。本作では車をぶつけるたびにダメージが蓄積されていく。フロントガラスが割れたり、バンパーがはずれるなど、見た目も変化するが、車のどこにダメージを負ったかによって、走行に影響が出る。完全に動かなくなることはないが、例えばエンジンが壊れてしまった場合、スピードが上がらなくなるなど、走行がままならないこともあるという。

 設定を変えればダメージをオフにすることもできるが、この場合、ボーナスポイントが減ってしまう。ダメージばかり受けてまともに走れないという人であれば話は別だが、普通に走れるようになったら、ダメージ機能はオフにして楽しむのが良さそうだ。

 ちなみにクリス・リー氏に、どのように楽しんでほしいのかを質問してみたところ、「ダメージを経験することで、ドライビングパフォーマンスが向上する。教訓を得ることができるんです。そのほうが面白いでしょうし、ぜひダメージ機能をオンにして楽しんでもらいたい」という答えが返ってきた。

 レース画面を見ながら話を聞いていたため、自然とレース中心の話となったが、それ以外についても話を聞くことができた。まず、Xbox Liveを利用したオンライン対戦だが、こちらは12人での対戦を予定しているという。また、オンライン対戦の観戦などが可能な「ForzaTV」も用意。「ForzaTV」では、「フォトモード」で撮ったレース中のスクリーンショットを、友人などに公開することもできるという。

 なお、レースモード、フォトモード以外のゲームモードはあるのかを尋ねたところ、クリス・リー氏は「このほかにも開発中の、非常に革新的なモードがあるのですが、まだ発表できる段階ではありません。詳細はもう1、2カ月待ってください」とコメント。こちらは公開される日を楽しみに待ちたいところだ。


photo

 最後には「『Forza2』のコンセプトは“車が大好きな人たちの遊び場を作る”ということ。プレイしてもらうことで、ワクワクするようなゲーム体験をしてもらえる。これまでにないレーシングシミュレーションができるはずだ」と力強く語ってくれたクリス・リー氏。開発状況は60%ということで、荒削りな部分も目立ったが、今後どのような進化を遂げていくのかを見守っていきたいと思う。

(C) 2006 Microsoft Corporation. All rights reserved.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/16/news001.jpg 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  2. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  3. /nl/articles/2406/16/news017.jpg 2歳娘とかくれんぼ中のパパ、「もういいよー」が聞こえず目を開けると…… まさかの光景に「かわいすぎ!!」「永遠に始まらないww」
  4. /nl/articles/2406/15/news022.jpg 「絶対当たったわこれ」→「は?」 ガリガリ君の棒に書かれていた“衝撃の文章”に「そうはならんやろ」
  5. /nl/articles/2406/15/news025.jpg 【今日の計算】「50×50+50」を計算せよ
  6. /nl/articles/2406/16/news044.jpg 掃除中のママ、物音に振り返った瞬間…… 息子の“やばすぎる”行動に絶望 「もう笑うしかない」「まじこれ世界共通」【米】
  7. /nl/articles/2406/14/news136.jpg 家でポン・デ・リングを作ったら悲劇が…… まさかの姿に変身したドーナツに「爆笑した」「エンターテイナー」 3年後、再挑戦したのか聞いてみた
  8. /nl/articles/2406/16/news049.jpg 「天才見つけた」 ご飯の粗熱をすぐ取りたい→“予想外すぎる方法”を編み出した人に仰天 「効率良いな」
  9. /nl/articles/2406/16/news039.jpg 「こんなことになるのか」 ドラゴンフルーツ、白い服は控えたほうがいい理由 「翌日のトイレもなかなかです」
  10. /nl/articles/2406/15/news008.jpg 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」