連載
» 2006年11月02日 00時08分 公開

寝台列車で「ドラゴンクエスト」をクリアできるか?ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/3 ページ)

昔のRPGは、今のものよりプレイ時間が短かかった。確か「ドラゴンクエスト」は、十数時間でクリアできたような気がする。そこで、寝台特急はやぶさ号の車内でプレイしてみた。終点の熊本に着くまでに、果たしてクリアできるのか?

[ゲイムマン,ITmedia]

東京駅に寝台特急「はやぶさ」がやってきた

 最近のゲーム、特にRPGは長いものが多い。もちろん“コストパフォーマンスがいい”とも言えるのだが、時間のあるときに一気にプレイしないと、前のストーリーを忘れてしまいやすいというデメリットもある。

 昔のRPGの中でも優れたものは、短い時間でどうプレーヤーを満足させるかを考えた、濃密なものが多かった気がする。

 だからエンディングにたどり着いても、なおプレイを続けて、キャラクターのレベル上げを続けていたものだ(もちろん、ゲームの数が今より少なかったからということもあるが)。

 今回は、昔のゲームがいかに短時間でクリアできたかを証明するために、こんな実験をやってみた。

「寝台特急・はやぶさ号の車内で『ドラゴンクエスト』をプレイ。終点に着くまでにクリアできるか?」

画像 A寝台個室「シングルデラックス」にて。洗面台つき(写真は翌朝、防府付近にて撮影)

 はやぶさは東京駅を午後6時3分に発車して、終点の熊本駅には翌日午前11時48分に着く。走行時間、実に17時間45分。睡眠時間をちょっと減らせば、「ドラゴンクエスト」だったらクリアできるんじゃないだろうか?

 午後5時48分、東京駅10番ホームに、はやぶさ・富士号入線。もし個室寝台にコンセントがあったら、ファミコンと携帯テレビをつないでプレイしようと思っていたのだが、なかったので、携帯型ファミコン互換機・ポケファミを使用する。文字は読めるし、ゲームをやるのに支障はないだろう。

横浜で待っていた悲劇

 “ドラクエ”こと「ドラゴンクエスト」(エニックス、1986年)は、ファミコンで初めて登場した、アクション要素のないRPG(ロールプレイングゲーム)だ。西洋中世社会をモチーフにしたファンタジー世界が舞台。プレーヤーは勇者となって、ローラ姫をさらった竜王と戦うのだ。

 シナリオは堀井雄二氏、プログラムは中村光一氏率いるチュンソフト。キャラクターデザインは漫画家の鳥山明氏、音楽は作曲家のすぎやまこういち氏が手がけている。

画像 ローラ姫がさらわれた話を、王様本人が言わないという演出が、気丈に振舞うさまを表現していて泣かせる
画像 「II」以降とはコマンド体系がちょっと異なる。宝箱の中身を取るときは「しらべる」ではなく「とる」。また、勇者は常に正面を向いており、人と話すときには向きを指定する

 「とびら」コマンドで扉を開け、「かいだん」コマンドで階段を下りたところで車掌さんが検札に来たので、ポケファミをテーブルに置く。再開しようと思ったらバグってた。頭からやり直しだ。

 実は電池が切れかけていたのだが、しばらくそのことに気づかなかった。ポケファミをテーブルにも置けず、手にずっと持ったままでプレイするはめに。

画像 見た目はコミカルだが、「多くの勇者が殺された」とか、「ローラ姫の捜索隊が全滅した」とか、魔物による被害は、意外に深刻だった

 いざフィールドへ。まずはラダトーム城周辺にいるスライムとスライムベスを倒して、経験値を稼ごう。


画像 森に入るとモンスターの出現率が上がり、山だとさらに上がる。山では険しさを表現するためか、1マス動くたびに一瞬ずつ動きが止まる
画像 ドラクエシリーズの人気キャラクターとなったスライム。テーブルトークRPGでは厄介な敵だが、「ウィザードリィ」や「ドルアーガの塔」など、テレビゲームでは弱いモンスターであることが多い

 午後6時28分、はやぶさ号が横浜を出発してすぐに、レベルが上がった。だがここでまたも悲劇が。

 うっかりリセットボタンを押してしまった。しかも、途中でメモしていた復活の呪文(パスワード)が間違っていたのだ! また頭からやり直しだ。

 「はじめから、ゲームボーイ版かケータイアプリを使っていたら、こんなことにはならなかったのに」と、早くも後悔し始める。

 気持ちを落ち着けるため、東京駅で買った弁当を食べた。九州ブルートレインには食堂車も車内販売もないから、夕食はあらかじめ買っておかなくてはならない。

 あと、車内ではのどが渇きやすいので、水も多めに買った。もっともこちらは自動販売機でも買えるけど。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/08/news205.jpg 仲里依紗、LAで自分を解放「全身タトゥー」姿公開 「英語なんかまじ喋れないけどノリで会話できてる」
  2. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. /nl/articles/2208/09/news101.jpg 川口春奈、トガッてた19歳時の“ガニ股イキりショット”を公開し反響 「野生の春奈ちゃん」「牙を剥く若かりし頃のはーちゃん」
  4. /nl/articles/2208/08/news051.jpg 妻が猫ちゃんを呼ぶと→「にゃあ〜」、しかし夫が呼ぶと…… 完璧に無視する態度の違いに笑いと応援の声
  5. /nl/articles/2208/08/news024.jpg 飼い主「イタズラ誰がやったの?」→しょぼんとする兄柴犬 or ニッコニコの妹柴犬 分かりやすすぎる犯ワンに100%納得
  6. /nl/articles/2208/09/news040.jpg 涼しさ求めた朝散歩、お母さん柴犬→拒否柴発動! ガンとして動かない様子に「まだ寝ていたかったんだね」の声
  7. /nl/articles/2208/08/news202.jpg ひろゆき氏VSガーシー議員らの論争にドワンゴ川上氏が反応 ガーシー議員からの“暴露宣言”に「ただの恐喝」
  8. /nl/articles/1903/09/news018.jpg 「完全におっさんの飲み方」 川口春奈、ジョッキビールをかっくらう“飾らない姿”にファン驚き
  9. /nl/articles/2208/09/news125.jpg 「男闘呼組」岡本健一、53歳の“色気ダダ漏れ”ショットに黄色い声援 「鳥肌たちました」「罪なカッコ良さ」
  10. /nl/articles/2007/15/news150.jpg 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい