レビュー
2006年12月07日 00時02分 更新

「DEAD OR ALIVE XTREME 2」レビュー:

108枚の麗しき画像で煩悩を消し去れ――ハイデフで進化した女神たちの魅力に迫る「DEAD OR ALIVE XTREME 2」 (2/11)

シャッターチャンスを逃すな!

 お気に入りのキャラクターにお目当ての水着を渡せたら、次はそのビューチホーなお姿をタップリと堪能したいと思うのは、健全な男性のしごくまっとうな欲求であろう。舞台であるニューザック島の各種スポットで“のんびりする”と、使用キャラクターがのんびりしているグラビアシーンを楽しむことができるのだ。

 カメラを装備していれば、このグラビアシーンで写真を撮影して楽しめる。カメラには、レトロなカメラと最新式カメラの2種類があり、シャッタースピードやフォーカスを調整できるなど、機能はかなり本格的だ。加えて最新式カメラならば、オートフォーカスや高倍率ズームといった、より高度な機能も使える。

 グラビアシーンでは一時停止や巻き戻しなどを行えないため、お気に入りのカットを撮影するのはかなり難しい。その反面、これは! という写真を撮影できたときの喜びは、かなりのものだ。女神たちがもっとも輝く瞬間を切り取り、永久保存するために、アングルはどうだ、光はどうだとか試行錯誤するのは非常に楽しく、ついつい時間を忘れてシャッターを切りまくってしまうことだろう。撮影した写真は、あとでアルバムで見ることができる。

wk_0601207doax08.jpg グラビアシーンでは、視点をかなり自在に変えられる。好きな角度で、お気に入りのキャラクターをながめられるのだ。もちろんズームも可能
wk_0601207doax09.jpg カメラを所持していれば、このように写真を撮影して楽しむこともできる。パシャパシャ取りまくるのが、思いのほか楽しい

マリンレースに首ったけ!

 ここで、各種ミニゲームについても語っておこう。前作のメインゲームで、シリーズの代名詞ともなっている「ビーチバレー」をはじめ、プール上に浮かんだ足場をタイミングよくわたる「ぴょんぴょんゲーム」、マリンレースが楽しめる「マリンレース」、プール上に浮いた足場に乗ってひもを引き合う「つなひき」、ボタン連打で早く旗を取った方が勝者となる「ビーチフラッグ」、なんともなまめかしい「どんけつゲーム」など、その種類はかなり多い。

 この中で注目したいのは、本作から追加されたマリンレースだ。大きな波をテクニックで乗りこなす楽しさをはじめ、ハンドルと重心移動の2つを活用して曲がるコーナーリングの面白さ、指定のブイを一定数以上通過すると使用できるダッシュの使いどころなど、システム、ボリューム共に、ひとつのゲームとして申し分ないクオリティに仕上がっている。ビーチバレーは、細かな調整は行われているが大きな進化がなく、存在感が薄れてしまったように思う。

 そのほかのミニゲームは、どれも手軽に遊べるのだが、入手できるザックは比較的少なめだ。そのため、どうしても遊ぶ機会が少なくなってしまい、少々もったいなく感じた。つなひきやどんけつゲームでの収入がもう少しあれば、もっと積極的に遊んだことだろう。

wk_0601207doax10.jpg マリンレースは、ほかのキャラクターとのレースを楽しむことができる。水の美しさにも注目したい
wk_0601207doax11.jpg さまざまなトリックを行うことも可能だ。中には、ジャンプしながら空中で一回転するような大技も

カジノの楽しさは予想外!

 水着を大量に買うには、途方もないザックが必要だ。ビーチバレーやマリンレースでコツコツと稼ぐのもアリだが、正直膨大な時間が必要になってしまう。筆者のように、早く水着を集めたいプレーヤーは、どうしても効率よくザックを稼ぎたくなる。

 そこで役立つのが、カジノである。本作では、ルーレットやポーカー、スロットなど多彩なゲームが用意されており、これらでザックを大もうけしたり、一瞬のうちにガスッとスッて落胆することができるのだ。

 どのゲームもそれなりに面白いが、筆者が特にハマったのはポーカー。プレーヤーキャラクターを含んだ4人で対戦するスタイルで、手札をオープンする前に掛け金を上乗せ(レイズ)できることが特徴だ。手札を見て「こりゃ勝てないな」と思ったら、勝負を降りることもできる。このシステムを利用して、たとえ手札が悪くても、ガンガン掛け金を上乗せして強気で攻め、相手を降ろさせて勝負に勝つことも可能だ。単純な役での勝負ではなく、心理戦の駆け引きが楽しめる。

 また、勝負の駆け引きには、他キャラクターの性格がよく表れているのも面白い。例えばティナは、手札がなんであろうと掛け金をガンガンつり上げてくる豪快タイプで、最高額までつり上げておいて、結局手持ちは役ナシ、なんてことが結構ある。逆にあやねは超がつくほどの堅実派で、ツーぺア以上の役ができていないときは、よほどのことがないかぎり掛け金はつり上げてこない。相手の性格を考慮しつつ相手の手札を予想し、時にはブラフで勝利をもぎ取る、そんなプレイが楽しめるのだ。

wk_0601207doax12.jpg 個人的に、もっとも楽しめたポーカー。トランプの絵柄が各キャラクターのイラストというのも、またニクい演出
wk_0601207doax13.jpg ブラックジャックほか、ゲームは多数用意されている。掛け金を上げ、一回の勝負で100万単位のザックが動く、ハイリスク・ハイリターンな勝負も可能

画面にビビッと感じた人は遊んでおけ!

 最大の売りである画質を含め、全体的にハイクオリティにまとまっている本作。「DEAD OR ALIVE」シリーズのファンはもちろん、画面写真を見てなんだかモヤモヤした気持ちになる人は、ぜひともプレイしていただきたい。この冬の寒さをすっかり忘れられるほど、楽しいバカンスを楽しめるだろう。

 ただし、Team NINJA制作のゲームだけあって、難易度は相当高い。全てのキャラクターに全ての水着を渡すという完全コンプリートはもとより、1キャラにすべての水着を渡すだけでも、相当な時間が必要となるであろう。もうすこしザックを稼ぎやすくしてほしいというのが、筆者の正直な感想だ。

[板東篤,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.