ニュース
» 2006年12月07日 12時00分 公開

贔屓したくなるのは男のサガです――「お姉チャンバラ」vs「地球防衛軍」

ディースリー・パブリッシャーが12月14日に発売を予定しているXbox 360用ソフト「お姉チャンバラvorteX〜忌血を継ぐ者たち〜」と「地球防衛軍 3」の優劣をつけるべく、勝手に対決してもらいました。

[加藤亘,ITmedia]
左が「彩」役の宮西ななこさん、右が……ま、どうでもいいのですがディースリー・パブリッシャーの広報の岡さん。EDF隊員に扮装したつむじ曲がりジョージと言い張る。便宜上、彩に扮した宮西さんを「お姉ちゃん」と呼ぶ

 12月某日、東京・渋谷――。ディースリー・パブリッシャーの広報・岡さんから電話。「今、どこいます?」とのお誘い。偶然、渋谷にいた筆者が、会社を訪ねてみると、そこには、あられもない姿のお姉ちゃんを同伴した岡さんが、こちらもどこかの電気屋さんみたいな作業着で並んで座って待っていた。

 どうやら編集部を回ってプロモーションへ赴くところらしいが、その前にどうしてもお披露目したかったとのこと。そういえば「お姉ちゃんを連れて、編集部に遊びに行っていいですか?」という岡さんからの誘いを、単なる彼女自慢くらいにしか思っておらず、きっぱり丁重に断った記憶が……。こんなクソ忙しい時期に、なんでお姉ちゃんとなんて思っていたら、こういうことだったのか。こういうお姉ちゃんなら大歓迎です!


 というわけでお話を聞いてみると、2つのタイトルのプロモーションを+D Gamesでお願いしたいとのこと。しかし、我が強い両者はまったく譲らず……。なにやら面倒くさくなったので、2人で勝手に対決してもらうことになった。


ちょこんと座って待つ2人は、明らかに浮いていた
しまいには筆者の腕をつかんでのいがみあいに。さすがにこれには大岡裁きと、対決をしてもらい勝ったら紹介することを約束する

にらみ合う2人……ジョージ邪魔

 ここで岡さん(以下、ジョージ)が動く。「地球防衛軍3」で対戦しようというのだ。お姉ちゃんには極めて不利な対決ながら、広報特権をフルに使い「コレしか今はない!」と言い張った。お姉ちゃんは冷静に仕様書を確認し、「やるわ」とこの勝負を快諾する。この時、筆者の気持ちは傾いた。お姉ちゃんに肩入れしようと……。だって、お姉ちゃんは可愛いもの。


「片手でひとひねりっすよ」と自滅する瞬間

 「地球防衛軍3」ではフィールド上を1対1で勝負できるモードがある。今回はそれを利用し、ジョージは圧倒的経験値から勝利をつかもうという腹らしい。さすがはお姉ちゃん、お行儀は悪いが高圧的にジョージを圧倒。ゲームスタートを待つ。基本仕様として、武器のセレクトができるのだが、ジョージは初期配備のアサルトライフルを装備。お姉ちゃんはそれよりも強いものを選ばせる。余裕をぶっこくジョージは「こんな露出狂の女、片手でひねってやりますよ」とのたまう。

 「へぇー、ならやってもらいましょうか」。かくしてジョージは片手でのプレイを余儀なくされる。いくら経験値があっても、片手でのプレイは移動もままならない。気がつくとへたくそながらも爆風を利用しながらお姉ちゃんはジョージに勝利してしまった。

 そんなわけでジョージには申し訳ないが、今後は「お姉チャンバラ」に力を入れて紹介させていただきます。ビバ! お姉ちゃん。

本当に男はだらしがない……。敗因は片手だからでしょうか? いえ、違います

「お姉チャンバラvorteX〜忌血を継ぐ者たち〜」

 「お姉チャンバラvorteX〜忌血を継ぐ者たち〜」は、主人公の「彩」やその腹違いの妹「咲」、そして殊部隊隊員の「アンナ」といったプレーヤーキャラクターを操作し、襲い来るゾンビたちを倒していく。

 本作の魅力は、穢れた返り血を浴びると“忌血”の力が解放され暴走状態に陥るも、攻撃・スピードともに上昇する能力をコントロールし、襲い来るゾンビたちを斬り落としていくその爽快感にある。運命に翻弄される2人の姉妹を中心に、進化したグラフィックによる剣劇が楽しめるという。彩の2刀流やバイクへの搭乗、巨大ゾンビの来襲など、すべてが前作を凌駕している。

 周囲の時間がゆっくり流れるシリーズおなじみの回避アクション(バク宙や、側転など)とは別に、敵の攻撃をかわす「見切り」が追加。見切りが成功するとその間スローモーション状態となり、敵の攻撃をかわすことができる。この時に素早く攻撃ボタンを押すことで強力な「カウンター」攻撃が発動する新アクションが追加されている。

 本作では、「STORY」や「FREE」などのゲームモードで集めたコスチュームパーツを使用し、自由にキャラクターをカスタマイズする「ドレスアップモード」や、キャラクターモデルを自由に鑑賞できるモードが「ビューモード」などを実装。返り血のカラーバリエーションが追加されたりと、なかなか芸が細かい。


 以前、紹介記事において、「なぜ、お姉ちゃん(特に彩)の露出は高めなんですか?」という質問に、「その方が相手の返り血をより多く浴びることができるからと言われていますが、その詳細は不明です」という解答をいただいていた。

 この合理的な解答は、今回の対決で確信に変わった。ジョージは片手ながらもまったく覇気がない。というか、お姉ちゃんの方ばかり見ている。なるほど、リアル彩は返り血は浴びないが、男のアツイ視線を浴びると強くなるということか。

 おあとがよろしいようで。

「お姉チャンバラvorteX〜忌血を継ぐ者たち〜」
対応機種Xbox 360
メーカーディースリー・パブリッシャー
ジャンルアクション
発売日2006年12月14日
価格7140円(税込)
対応人数1〜2人
(C)2006 TAMSOFT (C)2006 D3 PUBLISHER

 可愛そうなのでちょっとだけ「地球防衛軍3」も紹介。シリーズ最新作の本作は、隊長として仲間を率いる戦闘システムが導入。チームで地球外生物「フォーリナー」と対決する。地球の平和は君の手にかかっている! 本当に小さくなっちゃったが、ゲームは面白いです。はい。


「地球防衛軍 3」
対応機種Xbox 360
メーカーディースリー・パブリッシャー
ジャンル3Dアクションシューティング
発売予定日2006年12月14日
価格7140円(税込)
対応人数1〜2人
(C)2006 SANDLOT (C)2006 D3 PUBLISHER


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/21/news019.jpg 子猫「イヤー!!!」→「あれ……?」 初めてのお風呂で元保護子猫が見せた意外な反応に、飼い主もビックリ
  2. /nl/articles/2201/21/news123.jpg 「俳優たちの見たことない姿」「カッコ良すぎる」 松重豊、仲村トオルらの“ランウェイ姿”が話題沸騰
  3. /nl/articles/2201/22/news041.jpg 仲里依紗、イメチェン後のサラサラストレートヘア姿に“ウケる” 清純派な落ち着いた空気に「若返ってて似合ってます!」
  4. /nl/articles/2201/22/news043.jpg かまいたち濱家、体重7キロ減を“ひと月弱”で達成 MAX95キロからの激変ぶりに相方・山内「想像以上に仕上げてきた」
  5. /nl/articles/2201/21/news169.jpg お姉さんたちの美ボディにメロメロ! 「東京オートサロン2022」美女コンパニオンまとめ第3弾
  6. /nl/articles/2201/22/news052.jpg ダルビッシュ聖子、10年前のバキバキ腹筋に自信満々「どこでも見せる事が出来ました」 当時の厳しい鍛錬は「もうできないわ」
  7. /nl/articles/2201/18/news138.jpg 妻を妄想上の存在と思い込む男、そんな夫を支える妻…… 妄想と現実が入り乱れる漫画が何度も読み直したくなる強烈展開
  8. /nl/articles/2201/22/news049.jpg 松本伊代、“ヒロミさんも捨てられない”花嫁衣装をリメイク ステージ用に生まれ変わったドレスへ「28年前のものとは思えない」
  9. /nl/articles/2201/20/news131.jpg いくらしょうゆ漬けみたいな「ほぼいくら」発売 ぷちぷちの食感、味わいを再現
  10. /nl/articles/2201/22/news057.jpg EXILE黒木啓司と結婚の宮崎麗果、3歳息子とパパのバースデーケーキ作り 奮闘するわが子に「泣いて喜んでくれてよかったね」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」