レビュー
» 2007年02月14日 11時04分 公開

今度の戦いは仲間たちとともに。孤独な戦士スネークは、絆を得て“BIGBOSS”となる「メタルギア ソリッド ポータブル オプス」レビュー(2/2 ページ)

[鷲尾トモノリ,ITmedia]
前のページへ 1|2       

戦場で、友だち100人できるかな?

 この「MPO」がこれまでのシリーズ作品と大きく違うのは、スネークに仲間がいる、という点だ。いや、もちろんこれまでのシリーズ作品にも仲間は登場したが、そのほとんどは後方支援要員で、しかもプレーヤーがその行動に干渉することはできなかった。

 ところが今作には、確たる現場要員としての仲間がおり、プレーヤーが操作することも可能となっているのだ。しかも、この仲間、なんと最大で100人にも達する。なんとも頼もしい限りである。しかし、そこはメタルギア、ストーリーを進めれば自動的に仲間が増えたりはしない。一部のイベントキャラクターを除けば、仲間は自分で“調達”しなければならないのだ。

 では、その方法はというと、ズバリ捕獲。ミッション内でフィールドに配置されている敵キャラを気絶させるなどして、スタート地点まで引きずっていくなどして回収し、その後、時間を置いて「説得」することによって味方に引き込むのだ。しかも、そうやって仲間にしたキャラクターには、ひとりひとり個性があり、能力値やスキルなどに個人差がある。

画像画像画像 過去にクリアしたステージには、その後も潜入することができる。目当ての敵を捕獲しに行こう

 スネークを含めた各キャラクターの要素には、いわゆるHPとなる「ライフ」や、索敵範囲などに影響する「センス」といった基本的な能力値の他、どんな武器を得手不得手とするかなどを表した「スキル(特殊技能)」、そして、キャラクターごとの特性を表す「キャリア(経歴)」がある。そして、そうした個性を把握した上で、それぞれを一定の役割につけることで、仲間たちは初めて有効活用される仕組みとなっている。

 役割は4種類あり、まず、プレーヤーが操作するキャラクターとして直接ミッションに参加するのが「潜入ユニット」。潜入ユニットは、1ミッションに最大4人まで参加でき、その中のひとりを操作しつつ、必要な時に別のキャラクターに交代するという形をとる。この役割に向いているのは、能力値と武器スキルのレベルが高いキャラクターで、よりオススメなのは、移動速度が速くなる「アスリート」や、ストーキング速度が速い「スカウト」などのキャリアを持ったキャラクターだ。また、アイテム回収用員として、アイテムをトラックに送ることができる「配達員」などもいると便利である。

 しかし、何よりも潜入ユニットを選ぶ上で重要になるのが、そのタイプ(外見)だ。なんと、敵と同じタイプのキャラクターには偽装効果があり、ホフク前進などの怪しい行動を取らない限り、視界に入っても反応されないのだ。つまり、単一タイプの敵しか存在しないミッションであれば、同じタイプの仲間を使うことで、楽々クリアできてしまうというわけ。もちろん、そんな風にうまくいくミッションは多くはないのだが……。

画像画像 左上のカメレオンマークが、偽装状態を表すアイコン。うっかり違うタイプの敵の前に出ないように注意

 2つめの役割は「諜報ユニット」だ。これは、ミッションの発生するポイントに潜入させておくことで、その場所の情報を入手してくれるというもの。これによって情報を得ないと、ストーリーが進まない場合もあるので、なかなか重要な役割だ。彼らがもたらしてくれる情報は、ストーリー上必要なもの以外にも、そこにあるアイテムの種類や、仲間になりやすいキャラクターの存在など、いくつかのパターンがある。諜報ユニット向きなのは、なんといってもセンスの値が高いキャラクターだが、マップ表示を詳細にしてくれる「測量士」や、敵のライフを減らしておいてくれる「工作員」などのキャリアを持っているキャラクターをうまく使っていきたい。

「技術ユニット」と「医療ユニット」は、それぞれの部署に配属することで、便利なアイテムを開発してくれたり、ライフなどの回復を早めてくれたりするもの。技術スキルや医療スキルの高いキャラクターは、優先的に配置するべきだろう。銃弾の所持数を増やしてくれる「銃器技師」や、薬品を作ってくれる「薬剤師」などのキャリアを持っていれば、さらに有効だ。

 仲間を多く集め、各キャラクターの個性が活きるように、その使い道を考えていくことで、本来のミッションをより有利に進めていくことができるというのが、今作「MPO」最大の特徴というわけだ。

小さくても魅力は変わらず

 「MPO」は、純粋なメタルギアシリーズ作品として、奇をてらうことなく、基本に忠実に作られた作品となっている。もちろん、仲間の存在をシステム上の新たなアクセントとしつつ、“BIGBOSS”としての側面を描く要素とすることで、メタルギアシリーズとしての物語のリングをつなげている点など、実に粋な作りと言えるだろう。

 ゲーム内容的には、ひとつひとつのミッションをやや小粒にすることで、携帯ゲーム機用ソフトとしての遊びやすさを出しているが、反面、小気味よいテンポでサクサク進むため、むしろ止め時が掴めずにいつまでもプレイしてしまうという罠でもあるような……。

 とにかく、奥深くも遊びやすい作品に仕上がっている、この「MPO」。ぜひ遊んでほしい1本だが、旧来のメタルギアファンは要注意かもしれない。なぜなら、プレイステーション 3用ソフトとして、2007年中に「METAL GEAR SOLID 4」の発売が決定しているからである。メタルギア熱が再燃し、その勢いで高価な買い物をしてしまう可能性を考慮に入れてプレイした方がいいかも……?

画像画像画像 他プレーヤーとの通信対戦もできる。4種類の中から対戦ルールが選べ、最大6人まで参加可能となっている
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/21/news019.jpg 子猫「イヤー!!!」→「あれ……?」 初めてのお風呂で元保護子猫が見せた意外な反応に、飼い主もビックリ
  2. /nl/articles/2201/21/news123.jpg 「俳優たちの見たことない姿」「カッコ良すぎる」 松重豊、仲村トオルらの“ランウェイ姿”が話題沸騰
  3. /nl/articles/2201/22/news041.jpg 仲里依紗、イメチェン後のサラサラストレートヘア姿に“ウケる” 清純派な落ち着いた空気に「若返ってて似合ってます!」
  4. /nl/articles/2201/22/news043.jpg かまいたち濱家、体重7キロ減を“ひと月弱”で達成 MAX95キロからの激変ぶりに相方・山内「想像以上に仕上げてきた」
  5. /nl/articles/2201/21/news169.jpg お姉さんたちの美ボディにメロメロ! 「東京オートサロン2022」美女コンパニオンまとめ第3弾
  6. /nl/articles/2201/22/news052.jpg ダルビッシュ聖子、10年前のバキバキ腹筋に自信満々「どこでも見せる事が出来ました」 当時の厳しい鍛錬は「もうできないわ」
  7. /nl/articles/2201/18/news138.jpg 妻を妄想上の存在と思い込む男、そんな夫を支える妻…… 妄想と現実が入り乱れる漫画が何度も読み直したくなる強烈展開
  8. /nl/articles/2201/22/news049.jpg 松本伊代、“ヒロミさんも捨てられない”花嫁衣装をリメイク ステージ用に生まれ変わったドレスへ「28年前のものとは思えない」
  9. /nl/articles/2201/20/news131.jpg いくらしょうゆ漬けみたいな「ほぼいくら」発売 ぷちぷちの食感、味わいを再現
  10. /nl/articles/2201/22/news057.jpg EXILE黒木啓司と結婚の宮崎麗果、3歳息子とパパのバースデーケーキ作り 奮闘するわが子に「泣いて喜んでくれてよかったね」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」