ペンは剣よりも強し?――すべての謎と試練にタッチペンで挑む、新たな「ゼルダの伝説」の誕生「ゼルダの伝説 夢幻の砂時計」レビュー(1/3 ページ)

「ゼルダの伝説」シリーズ最新作にあたる「ゼルダの伝説 夢幻の砂時計」は、ニンテンドーDSで登場。タッチペンのみでリンクを操作できる“ペンアクションアドベンチャー”で、新境地を切り拓く意欲作だ。

» 2007年07月04日 00時00分 公開
[仗桐安,ITmedia]

「ゼルダの伝説 夢をみる島」に始まる、携帯型ゲーム機の“ゼルダ”

画像

 「ゼルダの伝説」シリーズといえば、1986年のディスクシステム版「ゼルダの伝説」以来、任天堂の各ハードで続編がリリースされ、根強いファンに支えられている人気シリーズだ。そんな「ゼルダの伝説」シリーズ最新作が、ニンテンドーDSで初お目見えである。

 携帯型ゲーム機における「ゼルダの伝説」をさかのぼると、1993年にゲームボーイ用ソフトとして発売された「ゼルダの伝説 夢をみる島」に行き着く。「ゼルダの伝説 夢をみる島」は、ゲームボーイのモノクロ画面と少ない容量をものともしない、洗練されたシステムと凝縮されたゲーム内容で、ユーザーを楽しませてくれた名作だった。かくいう筆者も「ゼルダの伝説 夢をみる島」に魅了されたファンの1人で、歴代の「ゼルダの伝説」シリーズの中でもベスト3に入るほどにお気に入りである。1998年に発売された「ゼルダの伝説 夢をみる島DX」(追加要素が盛り込まれゲームボーイカラーに対応したリメイク版)も含めて何度もクリアしたのを覚えている。

 その後も携帯型ゲーム機の「ゼルダの伝説」は続々とリリースされている。ゲームボーイカラー専用ソフトである「ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 大地の章」、「ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 時空の章」では、2タイトルが相互リンクしたゲーム内容が斬新だった。ゲームボーイアドバンスで登場した「ゼルダの伝説 神々のトライフォース&4つの剣」では4人で謎を解くという新しい試みが刺激的だった。同じくゲームボーイアドバンス用ソフトである「ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし」では、主人公であるリンクが小人になることで同じマップを違う視点で楽しめる仕掛けが我々を楽しませてくれた。「ファミコンミニ05 ゼルダの伝説1」と「ファミコンミニ25 ディスクシステムセレクション リンクの冒険」は、当時夢中になった初期の「ゼルダの伝説」をゲームボーイアドバンスで遊べるといううれしいアイテムだった。

画像 リンクとともに冒険に出かけよう!

 そして2007年6月23日、過去の名作、佳作たちが未だその輝きを失わない「ゼルダの伝説」シリーズに、新しい仲間が加わった。それが「ゼルダの伝説 夢幻の砂時計」である。携帯型ゲーム機における「ゼルダの伝説」に新たな1ページを刻む本作についてお伝えしていこう。

海を駆けるあのリンクが帰ってきた!

 ゲーム画面を見たり、前情報を得たりしてご存知の方も多いかとは思うが、本作の世界観はニンテンドーゲームキューブで発売された「ゼルダの伝説 風のタクト」を継承したものになっている。プレイの冒頭には「ゼルダの伝説 風のタクト」のその後のお話であることを匂わせる導入ムービーもあるので、「ゼルダの伝説 風のタクト」をプレイ済みであれば、よりテンション高くプレイできるはずだ。

 しかし逆に「ゼルダの伝説 風のタクト」をプレイしていないとついていけない世界なのかというと、さにあらず。極端な話、本作で初めて「ゼルダの伝説」に触れたとしても何ら問題がないというくらいに、誰でもとっつきやすく分かりやすい内容になっている。

画像 島の中やダンジョンでは2Dフィールドで冒険だ

 「ゼルダの伝説 風のタクト」で堪能できたトゥーンシェーディングな描写は、本作でもバッチリ再現されている。筆者としてはまずそのことに驚かされた。「ゼルダの伝説 風のタクト」で表現された、2Dアニメのようでしっかり3Dしているあの雰囲気が損なわれていないのだ。もちろんニンテンドーDSとニンテンドーゲームキューブでは描画能力に圧倒的な差がある。しかしそれをうまく補い、ニンテンドーDSでの3D表現を最大限に活かし切ったのではないかと思うほどに、質が高い描写が実現している。

 とはいえ、そのまんま「ゼルダの伝説 風のタクト」と同じように3D空間を歩くというわけにはいかず、“3D表現が含まれた2D世界”とでも言えばいいのだろうか、かつての「ゼルダの伝説」にも通じる2D的フィールドでの冒険が展開する。

 この3D表現でありながら2Dなフィールドが、何とも気持ちがよい。「ゼルダの伝説 時のオカリナ」から連綿と続く3D空間もいいが、2Dマップだからこそ楽しめる謎解きやダンジョン攻略もあるよなあ、と本作をプレイしてしみじみ思ってしまった。2Dの進化系として3Dが礼賛される節もあるが、3Dには3Dの良さが、そして2Dには2Dの良さがある。そのことを改めて思い知らされるタイトルだ。

画像 島から島へと船で移動する際は、しっかりとした3D描写を楽しめる

 主人公リンク(名前の変更は可能)をはじめとした各キャラクターが実に活き活きと描かれているのもいい。リンクと行動をともにする強欲なラインバックと妖精シエラ、リンクに助言を与える謎の老人シーワンらを軸に物語は展開していく。そして「ゼルダの伝説 風のタクト」からひきつづき登場するテトラやテリー、ファンにはおなじみのあの一族やあの一族など……懐かしくも愉快な面々が物語を彩る。

 各キャラのユーモアあふれるセリフもなかなか秀逸で、前述した「ゼルダの伝説 夢をみる島」を思い出してしまった。かの作品もゲーム内でのキャラたちのセリフにはギャグやユーモアがいっぱいだった。本作においても、緊張感みなぎるダンジョン攻略の合間に面白キャラに癒される……。そんな絶妙なバランスが楽しめるようになっている。

 物語はテトラが幽霊船に連れ去られるところから始まる。大切な人を奪われたリンクは、テトラ奪還を胸に秘め新たな地での冒険を始めることになる。リンクがたどりついたのは見知らぬ島。そして周りは見渡す限りの大海原。ラインバックの協力を得てリンクは島から島へと渡り、襲いかかる敵を振り払い、数々の謎を解き、やがて巨悪の存在を知ることになる。王道的な展開ではあるが、話の運びやディテール、プレーヤーへの目的の提示などの演出面がうまく、すんなりとその流れに乗ることができるはずだ。このあたりは、さすが“ゼルダ”節と言ったところか。物語の面白さは、筆者としては太鼓判! 安心して身を委ねられる上質な世界を堪能できる。

画像 ラインバックは自分の身と財宝のことしか考えていない強欲なヤツという設定。しかし何だかんだでリンクに協力してくれちゃって、にくめないヤツでもある。
画像 連れ去られたテトラを助けるために、幽霊船を見つけろ!

画像 とある神殿の内部を探索するために必要なのが、サブタイトルにもある砂時計。タイムリミットが迫る中の謎解きは緊張モノです
画像 出ました、ゴロン族。相変わらずのすっとぼけた味で、かなり癒されます……
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/18/news026.jpg 赤ちゃんがベッドから落ちた!?→あわてて行ったママが見たものは…… “うそだろ?”な衝撃寝相に「面白過ぎるやめてww」
  2. /nl/articles/2406/18/news167.jpg 人気グラドル、合成なしでヨルさんキックを完璧再現 「エナコ・フォージャー良き」「そこまで脚が上がるのがすごい」
  3. /nl/articles/2406/17/news153.jpg 数学科が切った“大小バラバラ”なピザ→わかる人にはわかる「有名定理」の再現に反響 「全然わからん!!」「声出して笑ったw」
  4. /nl/articles/2406/16/news013.jpg 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  5. /nl/articles/2406/17/news029.jpg 超ロングくせ毛の小学5年生が、人生初ヘアカットをしたら…… “まるで女優さん”な激変に「めっちゃかわいい」「ストレートもウェーブもできるなんて」
  6. /nl/articles/2406/18/news009.jpg イギリスから来た両親が、初めて孫と対面して…… 感動と幸せいっぱいのリアクションに「泣いちゃいました」「最高の言葉ばかり」
  7. /nl/articles/2406/18/news108.jpg 人生正直諦めた……竹原慎二、「死を覚悟の大病」から10年で“2000万円の高級外車”を購入 10台以上乗り換えも「1番気に入ってるね」
  8. /nl/articles/2406/18/news012.jpg ママとまだ遊んでいたい赤ちゃん→必死で眠気と戦うが…… 眠りに落ちていく姿に「ママの手の魔法にはかなわない」
  9. /nl/articles/2406/18/news145.jpg 「気になるw」 大谷翔平、新ユニフォーム披露も…… “まさかの箇所”に注目集まる「全然気付かなかった」
  10. /nl/articles/2406/18/news052.jpg 「くそっ。こんなので」「ゲラゲラ笑ってる」 風情がなさすぎる“カスの枕草子”が目撃され話題に
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」