野菜たちのほのぼの冒険譚「サラダの国のトマト姫」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/2 ページ)

連載第49回は、「サラダの国のトマト姫」(ハドソン)を取り上げてみましょう。ハドソンのPCでのヒット作をファミコンに移植したものですが、内容が大幅に変わり、よりメルヘンチックになっています。

» 2007年09月07日 15時28分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

土のにおいがするゲーム

 すでに記事にもなっていますが、9月22日、東京ゲームショウのステージイベントとして行なわれる「レトロゲーム・アワード2007」に、審査員の1人として、参加させていただくことになりました。

 これもひとえに、この連載を多くの皆さんにお読みいただいたおかげです。ありがとうございます。

 さてただいま、このレトロゲーム・アワードのネット投票期間中(9月9日まで)。なので、対象となる1985年〜1987年のファミコンソフトは、今取り上げない方がいいと思いました。そこで今回は、ファミコン版が1988年に発売された、「サラダの国のトマト姫」を取り上げましょう。

 なんか家庭菜園ブームが来ているそうで、わたしの事務所の近所にも、会員制の菜園ができました。土いじりを楽しみ、手塩にかけた野菜が育つのを楽しむ方々が増えているそうです。

 「サラダの国のトマト姫」は、野菜が活躍するメルヘンチックな物語。数多くの野菜・果物が登場するので、クリアした後は土を耕して、野菜を育てたくなってくるかもしれません。

画像 せたがや百景にして関東の富士見百景、成城の富士見橋にて
画像 「サラダの国のトマト姫」の舞台は、野菜や果物が暮らすサラダの国だ

ゲームの雰囲気に合ったシステム

 「サラダの国のトマト姫」(ハドソン)は、1984年にPCで発売されたアドベンチャーゲームで、1988年、ファミコンに移植された。

 PC版は、「デゼニランド」などとともに、当時のハドソンを代表する人気作だった。だがファミコン版はPC版発売から4年も経っていたこともあり、大幅に内容が変わっている。

 最も大きな変化はゲームシステムだ。PC版は、プレーヤーが主人公の行動を文字で入力する“コマンド入力式”。場面場面で正解となる単語を探し出すのが、ゲームの根幹だった。しかしファミコンのコントローラーで、単語を入力するのは難しい。

 同じくPCで人気だったアドベンチャーゲーム、「ポートピア連続殺人事件」(エニックス)は、1985年にファミコンへ移植されたが、もともとコマンド入力式だったシステムを、“コマンド選択式”に変更している。

 これは作者の堀井雄二氏が、「北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ」(アスキー)で採用したシステムで、あらかじめ表示されたコマンドの中から1つを選んで、行動を決めるというものである。

 「ポートピア連続殺人事件」がヒットしたことで、ファミコンでもアドベンチャーゲームが多く発売された。そのほとんどがコマンド選択式を採用しており、「サラダの国のトマト姫」も、コマンド選択式に変更されている。

 コマンド選択式は、単語を考える必要がない分、プレーヤーがよりストーリー展開を楽しむことができるが、難易度はコマンド入力式より下がる。特に、コマンドを全部総当たりすれば解けてしまうということが、一時期問題視されていた。

 「ポートピア」では、画面内を虫眼鏡で探すシステムを加えたことで、この問題を解決した。一方「サラダの国のトマト姫」では、敵キャラクターとの戦闘システムを新たに追加している。

 しかし戦闘といっても、RPGのような戦闘ではない。なんと“あっちむいてホイ”である。

 主人公たちが、ノーミン族に食べられそうになろうが、モンスターに食べられそうになろうが、モビルスーツ同士の戦いだろうが、さらには最終ボスとの戦闘だろうが、あっちむいてホイ。

 それでも違和感がないくらい、ほのぼのとした雰囲気のゲームだった。大幅に下がった難易度と、殺伐としていない“あっちむいてホイ”戦闘は、むしろこのゲームのほのぼの感を高める演出となっていた。

画像 見るからに心がなごむ画面だけど、一応これが戦闘シーンである
画像 あちこちにギャグが隠されているのもこのゲームの特徴。ストーリーに関係しないコマンドを選ぶとよく出てくる
画像 登場人物(野菜)は、PC版より大幅に増えた。特に、終盤に突然出てきて村上ショージさん風のギャグをかました後、こう言い切るこのニンジンはインパクト大

実は意外とヘビーな背景設定

 「サラダの国のトマト姫」の舞台は、野菜と果物が暮らすサラダの国(オニオン王国)。オニオン王が平和な国を築いていたが、ある日、大臣のパンプキング・ド・アバレルがクーデターを起こして、国を乗っ取ってしまった。

 パンプキングはカボチャ大王と名乗り、軍隊による恐怖政治で国民を支配。カボチャ族を頂点とする身分制度を作って、差別と重税でほかの野菜を苦しめた。

 オニオン王は、娘のトマト姫とともに城を逃れ、ついてきた兵士たちとともにレジスタンスを結成。だがそのトマト姫が、カボチャ大王にさらわれてしまう。王は悲しみのあまり亡くなり、カボチャ大王は一方的に姫との結婚を発表。

 国民が失意に暮れていた頃、旅に出ていた勇者・キュウリ戦士が、サラダの国に帰ってきた! プレーヤーはキュウリ戦士となり、トマト姫を救うため、カボチャ大王が住むウツボ山脈の城に向かうのだ。

 ……このように、ストーリーの導入部はけっこう重いのだが、登場人物のほとんどが野菜か果物なので、ゲーム全体の雰囲気は明るくてコミカル。

 キュウリ戦士のお供となる柿っ八が、なかなかのお調子者で、ゲームをさらに明るく楽しくしている。

 旅の最初に柿っ八を助けて、仲間にしたキュウリ戦士。パセリの森で捕らえられた野菜たちを救い、サラダロアの町に入る。

 お店でいろいろな物を買ったり、それをいろいろな人(というか野菜)に渡したりしているうちに、レジスタンスに関する情報を得る。だがレジスタンスの連絡所にいるところを役人に見つかり、捕まってしまう。

画像 柿っ八が何気なく言った言葉が、重要なヒントになることもある。柿っ八はアイテムも全部持ってくれるが、ときどきうっかりなくしてしまう
画像 酒屋のフサ子さんは妙に色っぽい。おだてると何かいいことがあるかも
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/23/news139.jpg 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  2. /nl/articles/2405/22/news054.jpg 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  3. /nl/articles/2405/23/news055.jpg 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
  4. /nl/articles/2405/23/news213.jpg YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  5. /nl/articles/2405/22/news186.jpg ステージ上のアイドルグループに投げかけられた言葉、運営が対応に本腰 「非常に不快であり、許されるものではありません」
  6. /nl/articles/2405/23/news156.jpg 「ミートパイ」なのに“畜肉”使わず…… ミスタードーナツ謝罪「誤解を招く表記」 実際は「大豆ミート」使用
  7. /nl/articles/2405/23/news025.jpg 「妻のスシロー&くら寿司の食べ方が天才すぎた」 420万再生突破“超意外なカスタマイズ”に「子供にいいですね」「私もやってみよ」の声
  8. /nl/articles/2405/23/news110.jpg 星野源さんめぐり拡散のSNS投稿、所属事務所は「そのような事実はない」「法的措置を検討」 星野さん、新垣さんも否定
  9. /nl/articles/2405/23/news174.jpg 北村匠海、誹謗中傷に心労か 「確かに僕らは殴りやすい でも人間であることに変わりはありません」
  10. /nl/articles/2405/23/news027.jpg 「さすがに激ヤバ過ぎ」 アイスの「ピノ」購入→とんでもない“神引き”に驚愕「強運すぎる」「すごい確率」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評