井上麻里奈さん演じるヒロインはツンデレ――「戦場のヴァルキュリア」ステージイベント東京ゲームショウ2007

セガブースでPS3向けソフト「戦場のヴァルキュリア」のステージイベントが開催。ゲストとしてヒロインのアリシア=メルキオットを演じる井上麻里奈さんが登場し、イベントを大いに盛り上げた。

» 2007年09月23日 23時45分 公開
[遠藤学,ITmedia]
photo 野中竜太郎氏

 セガブースで「戦場のヴァルキュリア」のステージイベントが開催された。登場したのはプロデューサーの野中竜太郎氏。まずは野中氏より本作の紹介が行われた。

 プレイステーション 3向けの完全オリジナルタイトルである戦場のヴァルキュリアは、架空のヨーロッパ大戦を舞台に人と人との絆、友情や愛の大切さを描いたアクティブ・シミュレーションRPGとなっている。「この作品で描かれているのは国家同士の戦争ではなく、その最前線で戦う小さな部隊の物語です」(野中氏)

 主人公は義勇軍小隊長のウェルキン=ギュンター。戦争が始まる前はただの学生、ゆえに軍人とは違った作戦を思いつく切れ者だという。例えば橋を奪還する作戦の際、そこに生息する魚を見て思ったよりも川が浅いことに気付いたウェルキンは、戦車を耐水仕様へと改造。川の中を潜って渡り、敵の背後を取るシーンがあるという。「彼の奇抜なアイディアが決まり、次々と敵の大軍を倒していくことになります」(野中氏)

 ヒロインはウェルキンと同じ部隊に所属するアリシア=メルキオットだ。明るく正義感があり、面倒見のいい少女で、戦争が終わったらパン屋を開きたいという夢を持っている。「気の強いところもありますが、かわいいキャラクターです。最初はウェルキンの変わった言動に戸惑いを見せますが、段々とその考え方に共感を抱いていくようになります」(野中氏)

photophotophoto

photo 井上麻里奈さん

 アリシアの紹介後にはゲストとして、アリシア役を務めた声優の井上麻里奈さんが登場。野中氏はアリシア役に井上さんを起用した経緯について、「アリシアは明るくて芯のしっかりした子なんです。ただかわいいだけではなく、心の強さを表現できる人がほしかった。そんな時に井上さんの声を聞く機会があって、この人しかいないとピンときたんです。逆に井上さんに断られたらどうしようかと考えていたくらいです」とコメント。野中氏自身、強く希望しての起用であったことを明かした。

 一方の井上さんは「話をいただいた時にたくさんの資料をもらったのですが、設定だけを見ると、戦争をテーマにしたすごく難しい話ではないかと不安になりました」と当時を振り返る。また、資料を見て井上さんが思い描いていたアリシアと、スタッフが思い描いていたアリシアには多少の差異があったと井上さん。

 「アリシアは19歳なのですが、この年齢は演じるうえで非常に難しい年齢なんです。大人ではないけど子供でもない。初収録時はとりあえず演じてみてくださいと言われたので、戦場という舞台も考えて落ち着いた感じで演じました。ただウェルキンは、天然っぽい部分がありつつも、しっかりした優しいタイプの男性なので、アリシアはもうちょっとかわいい感じでいいと言われたんです。ですから、ちょっとかわいい部分を出したというか、ツンデレっぽく演じました」

 ツンデレなアリシアがどんな感じなのかは大いに気になるところではあるが、これはゲームを実際にプレイして確認してもらいたい。

 ちなみに井上さんが資料を見て一番気になったのは、“ゲームの絵が水彩で動く”という一文だったそうで、実際に映像を見た時は、これまでのゲームにはない、明るく柔らかいタッチの絵に目を奪われたのだという。これには野中氏も「実際にゲームに落とし込むまでは試行錯誤の連続でした。結果としてはすごくいい雰囲気のものができたと思います」と自信を見せていた。

photo 井上さんの爆弾発言にぼうぜんとなる野中氏。必至に弁明する姿が、かえって逆効果だと感じたのは記者だけではないだろう

 戦場での人間ドラマを中心に描く本作だが、戦争中のつかの間の休息として、交友を深めるためのバカンスシーンが用意されている。中にはアリシアの水着シーンもあるとのことだが、ここで井上さんが収録時に「もうちょっと恥ずかしそうに演じてください」など、野中氏からのリテイクがやたら多かったことを暴露。突然の爆弾発言に「ディレクターの趣味なんです」という、苦しい言い訳しか思い浮かばない野中氏であった。

 最後には「新しいプラットフォームで、新しい映像表現とシステムに挑戦し、新しいドラマを描いています。すべてが新しく、チャレンジ精神が詰まったタイトルですので、ぜひ遊んでみてください」(野中氏)、「アリシアは普通の女の子のように見えますが、すごく芯が強くて、ステキな部分をたくさん持った女の子です。私自身、本作に期待していることがたくさんあって、発売が楽しみで仕方ありません。皆さんも楽しみに待っていてもらえばうれしいです」(井上さん)とそれぞれが語り、ステージは幕を閉じた。

photo 最後の最後に井上さんは、敬礼しながらアリシアの決めセリフ「アリシア=メルキオット軍曹、これより軍務に復帰します」を披露。大歓声に包まれたままステージを去っていった

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」