宇宙世紀をまるごと味わえるGジェネ、見参!「SDガンダム ジージェネレーションスピリッツ」レビュー(1/2 ページ)

全国のガンダムファンのみなさん、「SDガンダム GGENERATION」シリーズの最新作「SDガンダム ジージェネレーションスピリッツ」はもうプレイしましたか? 充実の会話イベント(とにかくよくしゃべる)、迫力の戦闘アニメ(とにかく描き起こし)、巨大ユニットの登場(とにかくデカい)をひっさげた最新作は、PS2で遊べますよ!

» 2008年01月09日 00時00分 公開
[仗桐安,ITmedia]

9年間、途切れることなくリリースされてきたGジェネシリーズ

画像

 バンダイナムコゲームスから発売されているプレイステーション 2(以下、PS2)用ソフト「SDガンダム ジージェネレーションスピリッツ」は、ガンダムファンにはおなじみの「SDガンダム GGENERATION」シリーズ(以下、Gジェネシリーズ)の最新作だ。

 Gジェネシリーズの歴史は、さかのぼれば1998年にプレイステーション(以下、PS)で発売された「SDガンダム GGENERATION」にたどり着く(SDガンダムそのものの歴史は1985年に登場したガシャポン商品までさかのぼれるが、ここでは割愛しよう)。「SDガンダム GGENERATION」は、2頭身にデフォルメされたモビルスーツを操り敵軍を倒していくシミュレーションゲームとして好評を博し、その後もシリーズ作品が続々とリリースされた。

 据え置き型ゲーム機用のタイトルだけでも「SDガンダム GGENERATION-ZERO」(PS)、「SDガンダム GGENERATION-F」(PS)、「SDガンダム GGENERATION-F.I.F.」(PS)、「SDガンダム GGENERATION NEO」(PS2)「SDガンダム GGENERATION SEED」(PS2)と多くの作品が産まれており、ワンダースワン、ゲームボーイアドバンス、ニンテンドーDS、PSPなどの携帯型ゲーム機でのタイトルも含めれば、“Gジェネシリーズがリリースされなかった年はない”というくらいに長年愛されてきたシリーズだ。

 Gジェネシリーズの大きな魅力は、原作を再現した熱いシナリオ、シミュレーションゲームとしての戦略性、そしてプレイの中で自軍ユニットを成長させていく楽しみなど、ガンダムファン、シミュレーションファンのツボをおさえた数々の要素だ。シリーズを通してキャラクター性、ゲーム性ともにしっかりと作られてきたが故に9年間途切れることなく作品がリリースされてきたと言ってもいい。そんな根強いファンに支えられてきたGジェネシリーズの最新作について、お伝えしていこう。

画像画像 SD(スーパーデフォルメ)なモビルスーツたちは2頭身だけどカッコイイ

宇宙世紀の名作品、名シーンをぎゅぎゅっと凝縮

 アニメ、映画、小説などのさまざまなガンダム作品を再現したシナリオが売りのGジェネシリーズだが、本作にも多数のシナリオが収録されている。

 本作では宇宙世紀(「機動戦士ガンダム」の設定である宇宙世紀0079年頃から「機動戦士Vガンダム」の設定である宇宙世紀0153年頃まで)を舞台に、全3部に分かれた構成になっている。一年戦争編、ジオン再興編、次世代闘争編という3つのパートはさらに細かく作品ごとに分かれており、作品ごとにステージが複数用意されているので、そのボリュームはかなりのものだ。シリーズ旧作とくらべて若干削られた部分、省かれた部分もあるのが残念だが、十分やり応えのある内容になっていると言っていいだろう。

画像画像 宇宙世紀での数々の戦闘を追体験できる

 「機動戦士ガンダム」、「機動戦士Zガンダム」(劇場版)、「機動戦士ガンダムZZ」などメインどころはもちろんのこと、「機動戦士ガンダム 第08MS小隊」、「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」、「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」など、宇宙世紀全36作品(うち16作品はユニットのみ)をバッチリ網羅しているのはうれしいところ。どのパートのどの作品からプレイしてもいいので、好きな作品を徹底的にやり込むという選択肢もアリ。コアなガンダムファンも思う存分楽しめるはずだ。

画像画像画像 よりどりみどりの収録作品群。どれから手をつける?

5万ワードはダテじゃない! しっかりしゃべるおなじみのキャラたち

 プレイする際は、一年戦争編、ジオン再興編、次世代闘争編という3つのパートからいずれかを選び、その中のシリーズを選ぶところから始まる。パートとシリーズは自由に選べるが、各シリーズ内に複数存在するステージは必ずステージ1から始まるので、ご注意を。ステージ1をクリアしたらステージ2がプレイ可能になり、その後もステージを進めることでシリーズ内の物語が展開していく。もちろん一度クリアしたステージは、再びプレイすることができる。

 ステージが始まると、まずはストーリー解説が入り、その後会話イベントが始まる。原作の雰囲気そのままに登場人物たちが会話をするのだが、とにかくみんなよくしゃべる! 公式資料によると、なんと5万ワード以上のボイスが収録されているとのこと。デモでの会話もさることながら、戦闘時のカットインにおいてもボイスがたっぷり聞ける。ともすれば、名もなきジオン軍の兵士までしゃべる。とにかくしゃべりまくりだ。

 アニメを題材にしたゲームは、原作同様のボイスが入っていればいるほど没入感も高まるというもの。筆者としては、初代「機動戦士ガンダム」のシナリオをプレイした時に懐かしさが込み上げてきた。あの名ゼリフもこの名ゼリフもちゃんとボイスになっているのだ。原作アニメの音楽も効果的に使われており、気分は否が応にも盛り上がる。う〜ん、たまりません。

画像画像 よみがえる名シーンの数々は断然ボイスつきの方がいいッス

画像画像 カットインのアニメもたっぷりしっかり描き起こされている
画像 迫力の戦闘シーンは見ていて飽きないが、戦闘時に設定を変えることでオフにすることも可能だ
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/16/news107.jpg 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  2. /nl/articles/2407/16/news021.jpg 17歳姉が今か今かと待つのは…… 3歳双子姉妹の愛あふれるお迎え風景に「なんとも愛おしい」「天使な三人」
  3. /nl/articles/2407/16/news097.jpg 「先生が間違ってる?」 マクドナルドが公開した“難問”にツッコミ殺到 「こりゃ答え困るやつーwww」「出題ミス」
  4. /nl/articles/2407/17/news026.jpg 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  5. /nl/articles/2407/16/news153.jpg 山田裕貴、結婚後の近影が“別人級”に 「え? もはや誰っ??」「俳優のときとのギャップがすごいwwww」
  6. /nl/articles/2407/15/news051.jpg 「こんなことになるとは」 鋼製の包丁を食洗機で洗ってしまった結果…… “衝撃の変化”に仰天「1度でこれほど」
  7. /nl/articles/2407/17/news013.jpg 5児ママ、子どもと友達12人分のごはんを作ることに…… 驚がくのボリュームと手際の良さに「絶対真似できない」「尊敬しかない」
  8. /nl/articles/2407/13/news082.jpg 「これはオカルト」 10年使ったエアコンがなぜか調子回復 →“家電あるある”な現象に13万いいね 「もういい、お前は頑張った」
  9. /nl/articles/2407/14/news007.jpg 【今日の計算】「56÷8−7」を計算せよ
  10. /nl/articles/2012/05/news034.jpg 重病説が流れた佐藤浩市、“激やせ”の理由明かす 石田ゆり子も「聞いちゃいけないような気もして……」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」