宇宙世紀をまるごと味わえるGジェネ、見参!「SDガンダム ジージェネレーションスピリッツ」レビュー(2/2 ページ)

» 2008年01月09日 00時00分 公開
[仗桐安,ITmedia]
前のページへ 1|2       

厳しい戦闘を乗り越えて、モビルスーツも人間も少しずつ成長していく

 シリーズをプレイしたことがある人ならお分かりかとは思うが、本作はマップ上に自軍のユニットを配置し、敵ユニットとの攻防を繰り返すシミュレーションゲームだ。自軍フェイズが終了すれば敵軍フェイズに、敵軍フェイズが終了すれば自軍フェイズに(第3軍が存在する場合は第3軍フェイズも入ってくる)、という流れの中で、ユニットを効率よく動かし、いかに優位に戦闘するかによって勝敗が決まる。判断力と戦略性が問われるジックリ思考型のゲームだと言えるだろう。

画像 まずは出撃準備。自軍ユニットを配置しよう
画像 武装を選んで敵を攻撃。地形や距離など条件によって与えるダメージが変わってくる

画像画像 1度のフェイズで移動できる範囲はユニットごとに違う。ベストのポジションを見つけ出せ

 ステージセレクト時やステージクリア時に、□ボタンを押すことで移行できるオペレーションルームでは、出撃前の編成ができる。ここでは自軍の編成ができるほか、「ユニット開発」(レベルの上がったユニットを元にした新たなモビルスーツの開発)、「ユニット設計」(2種類のユニットを組み合わせた新たなモビルスーツの設計)、各ユニットやパイロットを確認できる「各種リスト」などで出撃に備えた色々な準備が行える。オペレーションルームには「捕獲整理」の項目もある。母艦を失った敵ユニットを捕獲できるというGジェネシリーズ独特の要素は本作でも健在だ。

画像 オペレーションルームでマスターユニットを選択することから始まる
画像 誰をどの任務につけるか、パラメータを見て判断しよう
画像 オペレーションルームではユニットやキャラのプロフィール確認もできる

 本作にはさまざまな性能のユニットが存在するので、適材適所で配置していく必要がある。各ユニットには1度のフェイズで移動できる範囲が決まっている上に、所持するいくつかの武装には攻撃範囲と攻撃威力が用意されている。中途半端な位置まで敵に近づくと攻撃が届かなくて、次の敵軍フェイズで返り討ちにあうなんてこともあるので、ユニットの位置には常に気を遣いたい。

 敵軍ユニットから攻撃を受けた場合には反撃、防御、回避などの選択肢からいずれかを選ばなくてはならない。反撃すれば敵にもダメージを与えることができるが、EN(エネルギー)の量が少ない場合は反撃できないので要注意だ。そういう場合は回避に徹しよう。

 敵を倒して経験値をためていけばユニットやキャラのレベルが上がっていく。ユニットが少しずつ成長していくのはプレイしていて楽しいものだ。ユニットのレベルが上がる際にHP、EN、攻撃力、防御力など、どのステータスを上昇させるかを選択できるので、自分の思い通りにキャラを育成していこう。

 また、プレイに応じてスカウトポイントがたまり、進行に伴い原作キャラクターが仲間になっていくのも大きな楽しみのひとつ。敵を撃破して加算される“ハロスコア”が高いほど原作キャラを仲間にしやすいので、ひたすら殲滅あるのみだ。

画像 勝利条件および敗北条件は各ステージごとに異なる。最初にまず把握しておこう
画像 ユニットのレベルが上がるとポイントを振り分けることができる。上げたいステータスを選んでポイントを足そう

巨大ユニットの登場。MP次第で変わるテンション

画像 迫力の大きさで表現されたホワイトベース。艦長はもちろんブライトさんです

 基本的には従来のGジェネシリーズと同様の感覚でプレイできるので、シリーズのファンなら安心してどっぷり遊べることと思う。ただ、従来シリーズ作品の最大の相違点は、本作では巨大な戦艦やモビルアーマーが2Lサイズ、3Lサイズ、4Lサイズという、通常よりも大きなサイズでマップ上に存在するということだ。

 サイズが大きな戦艦などのユニットは、正面から攻める場合と側面から攻める場合ではダメージ効率が異なったりもするし、クリティカルポイントという弱点が存在し、このポイントに攻撃をすると通常より大ダメージを与えられるピンポイントアタックが発生したりする。また、移動の際にいったん「回頭」というコマンドで向きを変えなくてはならないなど、挙動にもクセがある。見た目にも派手な上に、新たな戦略性を生み出している新しい要素だ。

 また、ユニットに乗り組む各キャラクターにはテンションというパラメータが存在する。これも戦略上重要な要素だ。通常のテンションは「普通」だが、キャラのMPの量により「混乱」「弱気」「普通」「強気」「超強気」「超強気・壱」「超強気・弐」「超強気・参」「超一撃」の9段階で変化をする。ステータスにおけるテンションゲージの表示においては「混乱」「弱気」「普通」「強気」「超強気」「超一撃」の6段階表示で表される。

 敵に攻撃をあてたり敵の攻撃をうまくかわせた時にMPが上昇し、逆に敵に攻撃をかわされたり敵の攻撃をくらってしまった時にはMPが下降する。この上がったり下がったりするテンションが、一部の武装の攻撃力や命中率に影響を与えるので、巧みなユニットさばきでテンションを下げないように立ち回りたいところだ。

画像 1度の回頭では90度しか回ることができない。巨大なユニットは大変である
画像 判断を誤ると自軍ユニットが倒れてしまう。なるべく被害を出さずに敵を倒していきたい

歯応えありまくりの硬派なシミュレーション。ファンならば要チェック

画像 ギャラリーモードではプレイの進行に伴ってキャラデータやモビルスーツのデータが追加されていく

 従来のGジェネシリーズと比べるとシナリオのボリュームに多少の不満が残るものの、全体的に演出面がかなり強化された感のある本作。やはりアニメが改めて描き起こされたバトルシーンは見ていてテンションが上がってしまった。5万ワードのボイスも納得のいくボリュームだ。また、森口博子さんが歌うオープニングテーマとエンディングテーマもなかなか出来がよく、聴いてて気分の盛り上がる素敵な曲に仕上がっている。

 ユニットを動かして戦闘をする、というシミュレーションとしての基本システムはとっつきやすいが、自由度は高く戦略はかなり奥深い。そして難易度は若干高めで、進めば進むほど的確かつ巧妙な戦略が要求される。そんな本作は、ディープなガンダムファンやGジェネファンならばプレイしておいて損はない硬派なタイトルだと言える。敵軍ユニットの多さから、1つ1つのステージがどうしても長くなるという点が賛否両論別れそうだが、じっくりと時間をかけてプレイしたい人にはうってつけではないだろうか。

画像

 プレイステーション 3という次世代機が登場して1年以上が経過したわけだが、そんな今でもPS2用にしっかりと面白いゲームが登場しているという事実も大いに評価したい。プレイステーション 3はまだまだこれからだが、PS2はハードとしては円熟している。だからこそ安定感あるシリーズの安心して遊べる最新作がリリースされるのだな、と思うのである。

 寒い冬には家の中にいる時間も多くなるというもの。Gジェネファンの皆さんには、宇宙世紀を再現した世界の中で、お気に入りのモビルスーツを操縦し、超強気なテンションで敵を蹴散らす冬をオススメしたい。

(C)創通・サンライズ


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/08/news120.jpg 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. /nl/articles/2407/13/news011.jpg 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. /nl/articles/2407/12/news021.jpg お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. /nl/articles/2407/14/news020.jpg 子どもが「エアコンつけたら咳が出る」と言うので掃除のプロを呼んだ結果…… 衝撃的な状態と結末に「言葉を失います」
  5. /nl/articles/2407/14/news046.jpg 「さすがワークマン」 6年前から“商品化”希望の声→発売された待望のアイテムに「ちょっと感動」
  6. /nl/articles/2407/14/news003.jpg 「せめて……」 有名中古品チェーンで1000円の商品購入→袋を開けて発覚した“衝撃の事実”に「変な声が出た」
  7. /nl/articles/2407/12/news151.jpg カインズの家電が使用中に発火…… 「ただちに使用中止」呼びかけ、約1万5000台回収 「心よりお詫び」
  8. /nl/articles/2407/12/news075.jpg 【時間クイズ】「午後2時の9時間前」は何時?
  9. /nl/articles/2407/10/news171.jpg パパが押入れに作った秘密基地、4年後には…… 次第に2人娘に奪われていく過程に「最高」「コレは欲しい」 秘密基地の現在は?
  10. /nl/articles/2407/12/news027.jpg 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
  2. ヤマト運輸のLINEに「ありがとニャン」と返信したら…… “意外な機能”に「知らなかった」と驚き
  3. “性被害”描くも監督発言が物議の映画、公式サイトから“削除された一文”に「なぜ」「あまりにも……」
  4. イヌワシが捕えて飛ぶのはまさかの…… 自然の厳しさと営みに感動する姿が660万件表示「こんな鮮明に見えるのは初めて」
  5. 大好きな新聞屋さんに会えた柴犬、喜びを爆発させるが…… 切なすぎるお別れに「大好きがあふれてる」「帰りたくなくなっちゃいますね」
  6. 「爆笑した」 スイカを切ったら驚きの光景が……! 自信満々に収穫した夫婦を悲しみと失望がおそう
  7. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  9. 「ロンハー」有吉弘行のヤジに指摘の声「酷かった」「凄く悲しい言葉」 42歳タレントが涙浮かべる
  10. 東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」