“芝村ゲーム”らしくないが“芝村テイスト”満載のゲーム「ぷちえう゛ぁ EVANGELION@GAME」インタビュー(3/3 ページ)

» 2008年02月19日 00時00分 公開
[聞き手:今藤弘一,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

――ところで「ぷちえう゛ぁ」のテキストは、ひらがなが多いですよね……。これはニンテンドーDSというハードというか、年齢層も考えたものなんですか?

芝村 いえ、そういったことは全くないですね。わたしの書いた、元のシナリオ通りに漢字が多い言葉を二頭身のキャラがしゃべったら、気持ち悪いとまでは言いませんが、ちょっと(笑)。

岡本 年齢層ではなく、世界観に合わせています。もちろん読みやすさについては気をつけていますが。エヴァンゲリオンは永遠に“中学生”のストーリーなので、コアターゲットは中学生です。しかし、その人たち向けという意識はしていませんし、低年齢層を狙うという意味でもないですね。ゲームの雰囲気に合わせて決めた、ということです。フォントもそうですし。

芝村 1面クリアしたら急に哲学的なことを言い出した、というものを入れたい気持ちもあるんですが(笑)。あとは、揺れる車内での読みやすさを考えたときには、漢字よりもひらがなのほうがいいんですよ。そこから考えても、ある程度は開いた方がいいと思いますね。

※編集注:“開く”とは漢字をひらがなに直すこと

 この点は、普段からいろいろな環境でゲームをしている人でないと、考えつかないことだと思いますけど、目が疲れて遊べないゲームも意外に多いんですよ。そこには注意したほうがいいと思いますし、何よりも、自分の老いた目を優しくいたわってあげたい(笑))。プレイステーション 3のようなゲームなら、ハイレゾリューションでプレイできるし、小さい文字もきれいに見えますけど。

岡本 文章的な敷居を下げているのも雰囲気合わせですが、(芝村さんを見て)こういう人なので、クイズ番組に出てくるような言葉を入れてくるんですよ。でも、それはたとえ開かなくても、漢字を見ても元の意味をみんな知らないよ、と。逆に言うと、こういうゲームだから、と残している場合も過去にはもちろんあるわけですが、今回は「それは使えないよ」ということを最初に話しています。一般的に使われている四文字熟語だったらいいかもしれませんけどね。そのもう一つ上のレベルの言葉を平気で入れてくるので「あかんよそれは。分からんぞ」と。一番気にするのはそこですね。開いても分からない(笑)。ですので、ゲームによって使い分けはしていますね。

芝村 1日ずっと四文字熟語しかしゃべらない日、とか決めるとすごく楽しいんですけど。「今日は1日、四文字熟語しかしゃべりません」と言ったときの部下の顔が一番楽しい(笑)。「もう少しまともに生きたほうがいいですよ、芝村さん」とか言われますが、遊び心をゲームデザイナーから取ったら、灰と計算能力しか残りませんよ(笑)。

岡本 「ぷちえう゛ぁ」は、ゲームのトータルコーディネートとしては、全部つながっていないといけないということを考えて作っているゲームなんです。文字であっても、音も含めてすべてに統一感が欲しかったんです。青を使って、黄色を使って、赤を使ってではなく、「青で全部やろうよ」というイメージですね。トータルコーディネートとしてそろえてあるんです。もちろん、半分崩してみたり、それこそばらばらに崩してみるというゲームもありますけどね。本作では統一性・継続性を重視しているんです。先ほどお話ししたように、環境がコロコロと変わる中で、どこに行ってもつながっている状態を作らないとダメだと思っていましたから。

画像画像画像

――そういう意味では、「ぷちえう゛ぁ」をプレイしていても、芝村さんのテイストを十分に感じるものがありました。

芝村 「すべてのものは造物主に似る」と言いますからね(笑)。わたしがどんなものを作っても芝村味がするんじゃないかと。不意に現れる意地悪さ加減とか、「今日はおれを気持ちよく終わらせないつもりだな」みたいな(笑)。その感覚こそがゲームにおいて重要だと思いますので。

――でも解けたときの爽快感はたまらないですね。

芝村 ゲームというのは征服してナンボですからね。山と同じですよ。クリアしたときに楽しいかどうかというのは重要なファクターですよね。

――最近は征服感がないゲームが多いですし。

芝村 それはまあ、親切になり過ぎちゃったんですよ。もちろん、同じゲームを遊ぶんなら親切のほうが絶対いいじゃないかということもあるんですけど、人間、いつも同じことばっかりを与えられてもしょうがないので、たまにはあいまいなゲームがあったほうがいいと思いますよ。

 あまりにもたくさんゲームを作り過ぎちゃったせいもあるかもしれないですが、画一化されている気がしますよね。もっとぶっ飛んだりとか、遊び心というか……。無駄なことを“遊び”と言うこともあるので。もっと遊んでいたほうがいいんですけどね。

――最後に、「ぷちえう゛ぁ」を手に取る人に向けてひと言お願いできますか。

芝村 わたしのファンでいてくださる人に向けては「おれの作ったゲームだとは思うなよ」ということでしょうか。遊ぶと確かに“芝村の子に違いない”と感じていただけるとは思いますが。決して従順でないところも含めて(笑)。普通の“芝村ゲーム”としてではなく、ちょっと時間があったときに遊んでくれるとうれしいな、と思います。

岡本 携帯ゲーム機で、エヴァンゲリオンで、このデザインで、というところでまとめているゲームではありますが、しっかりと作られているので、損はさせません。これまでの「エヴァンゲリオン」ゲームシリーズとはまったく両極端の存在ですが、作り込み度合いも同じボリュームとなっていますので、ぜひ手にとって、プレイしていただきたいな、と思います。

ぷちえう゛ぁ EVANGELION@GAME
発売日 3月20日 発売予定
価格(税込) 5040円
CERO A区分(全年齢対象)
ジャンル まったりほんわか
(C)GAINAX・カラー
(C)2008 NBGI


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news055.jpg ガチ“別人級”……凄腕メイク術駆使したビフォアフが「日本の頂点」と話題、“フォロワー数580万人”の美容系インフルエンサー
  4. /nl/articles/2405/18/news003.jpg 0歳娘がはじめて歩けた瞬間、パパの顔を見て…… 号泣必至の“表情としぐさ”に「やったねえ!すごいねえ!」「かわいくて涙が」
  5. /nl/articles/2405/15/news106.jpg 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  6. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  7. /nl/articles/2405/18/news023.jpg 死んだはずのスズメバチ、お尻をよく見てみると…… 「亡者の執念発動してますね」「だから怖いんだよな」油断できない生命力におののく声
  8. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
  9. /nl/articles/2405/17/news026.jpg トリミングでシーズーを「ハムスターにしてください」とお願いしたら…… インパクト大の完成形に「可愛いーーー」「なんて愛おしい鼻毛カール」
  10. /nl/articles/2405/17/news022.jpg 妻が作ったキャラ弁にフランス人夫と3歳娘が大爆笑! 「怖い」と言われた完成形に「蓋開けた瞬間w」「一緒に笑っちゃいました」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評