所変えても健在だったSFミステリーアドベンチャー新シリーズ第1弾「12RIVEN -the Ψcliminal of integral-」レビュー(2/2 ページ)

» 2008年03月13日 12時00分 公開
[立花裕壱,ITmedia]
前のページへ 1|2       

躍動するキャラクターたち

 インフィニティシリーズはよくシナリオの構成が巧みと言われるが、キャラクターも魅力的なのが特徴だ。今回もその流れはしっかり受け継いでいる。謎にこだわらずキャラクターに感情移入しながらプレイするのもありだろう。錬丸とミュウの強い絆を描いたラブストーリー、鳴海と途中から助手となるオメガの姉弟のようなパートナーシップ、鳴海と後輩の真琴の深い友情など、キャラクター同士の関係性に見どころが多い。

 それではメインのキャラクターを紹介しよう。

雅堂錬丸(みやびどう・れんまる)

画像

 幼なじみのミュウとともに、誰もいない不思議な世界に迷い込んだ高校生。普段は頭の回転も早く冷静だが、ミュウのこととなると熱くなる一面も。今回の事件を通して大切な想いに気づき、少年から頼りがいがある青年へ成長していく。その様子はまさしく本作のヒーローだ。

高江ミュウ(CV 野中藍)

画像

 錬丸の幼なじみ。謎の計画「第弐エクリプス計画」のため、なぜか命をねらわれている。わがままでちょっと意地っ張りなところもあるが、根は素直な女の子だ。苦しい状況になっても、その明るい笑顔は周囲の気持ちを和ませる。「ありんちょす」「ごめんちょす」は名言。

三嶋鳴海

画像

 公安12課に所属する女性捜査官。サイクロペディア症候群で一度見たものを忘れることができないものの、その反動で記憶にぼっかり空白が生じることも。サバサバした姉御肌で、仕事ができる大人の女性。だが、どこか心にアンバランスさがあり、時折弱さを見せる。それもまたいい。

大手町(CV 諏訪部順一)

画像

 鳴海の同僚。ちゃらんぽらんで飄々としているが、意外と情報通。実は鳴海の元彼でもある。どこか底知れない部分もあり、まっすぐな高校生の錬丸と異なり、影のある男、といった印象。

ボス(CV 大塚明夫)

画像

 公安12課長であり鳴海の上司。口うるさいが基本的には鳴海を心配している。実は鳴海の父親で、職場での親子ゲンカ(?)はなかなか笑える。本来は一番信頼しなければならない相手だが……。

霧寺メイ(CV 松風雅也)

画像

 錬丸・鳴海、双方のシナリオで立ちはだかる銀髪の少年。エリート高校の理文学園第六高校(リブロク)の生徒で、奇妙な技「Ψ(サイ)」の使い手。ミュウを殺そうとし、チサトを銃撃する冷酷な性格だが、彼の行動の理由とは……。斜に構えたミステリアスな悪役だ。

 ほかにも印象の強いキャラクターが多数登場する。彼らは表の顔と裏の顔を持ち、それぞれ事情を抱えている。ネーミングも凝っていて、その意味を考えるのも面白い。

インテグラルシリーズの独自性

 「12RIVEN」はゲームシステムとしては非常にオーソドックス。選択肢も比較的少なく、バッドエンドはあるがシナリオが大きく枝分かれすることはない。前作「Remember11」と比べるとシンプルで、純粋にストーリーを楽しんでもらおうという意図がうかがえる。発売元が移り、心配されていたインタフェースも快適。クイックセーブ・ロード、既読・未読スキップも兼ね備えた「キッドシステム」が継続され、膨大なテキストも非常に読みやすい。

 インテグラルシリーズになって変わった点といえば、SF色が強くなったところか。「Ever17」や「Remember11」では、ミステリー的な手法で用いられる閉鎖空間が舞台だったが、今回の背景は青空のもとで開けている(誰もいなくなってしまった世界はある意味究極のクローズドかもしれないが)。波瀾万丈のドラマを手に汗握って楽しむ、SFエンターテイメントとしてのデキがよく、好みはあるにしろ躍動感はこれまでの3本と比べても随一だと思う。打越氏が本作の前に関わった「EVE new generation」と通じる空気もある。公安捜査官の鳴海のイメージが、「EVE」の名物ヒロイン・まりなとなんとなく近い気がするのは筆者だけだろうか。鳴海は女性にも好かれるタイプのキャラクターだ。

画像 記憶喪失の少年・オメガや大手町と会話する鳴海。会話中、選択肢が出る頻度はあまり多くはない。ときたま1回でバッドエンドになることも
画像 錬丸と謎の女性マイナ。2人の会話の内容は非常に幅広い。ただ、用語解説がないぶんテキスト量は「Remember11」と比べ若干少なめか

 今回は、誰もがふと疑問に思うような、哲学的なテーマがメインにおかれている。相変わらず難解だが、物語に乗せて会話で解説されるため、考える糸口がつかみやすい。そのほか、大脳生理学や数学、天文学のトピックスも入り、本気で読み解こうと思えばいくらでも掘り下げられる余地がある。こうした方向性はインフィニティシリーズを受け継いでいるなあ、とうれしく感じた。

 最後になったが、本作のディレクターは若林健氏、音楽は阿保剛氏、そしてイラストは滝川悠氏とbomi氏の2人体制。実はここにも仕掛けがある。

 制作に足かけ3年かかったという「12RIVEN」。ノベルアドベンチャーの新次元へ、今後も“完全”に向けて独自の道をばく進してほしい。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/13/news011.jpg 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  2. /nl/articles/2407/08/news120.jpg 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  3. /nl/articles/2407/10/news171.jpg パパが押入れに作った秘密基地、4年後には…… 次第に2人娘に奪われていく過程に「最高」「コレは欲しい」 秘密基地の現在は?
  4. /nl/articles/2407/12/news027.jpg 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  5. /nl/articles/2407/12/news151.jpg カインズの家電が使用中に発火…… 「ただちに使用中止」呼びかけ、約1万5000台回収 「心よりお詫び」
  6. /nl/articles/2407/12/news021.jpg お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  7. /nl/articles/2407/11/news032.jpg 「考えた人天才やろ」 ある地下鉄のホームドアに書かれた“マジで助かる表示”に「全駅でやるべき」など絶賛の声
  8. /nl/articles/2407/13/news076.jpg 大谷翔平の妻・真美子さん、レアな“動画登場”にネット歓喜 ドジャース夫人会の女子会に反響「溶け込んでる」「素敵な時間」
  9. /nl/articles/2407/12/news116.jpg GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  10. /nl/articles/2407/11/news117.jpg 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
  2. ヤマト運輸のLINEに「ありがとニャン」と返信したら…… “意外な機能”に「知らなかった」と驚き
  3. “性被害”描くも監督発言が物議の映画、公式サイトから“削除された一文”に「なぜ」「あまりにも……」
  4. イヌワシが捕えて飛ぶのはまさかの…… 自然の厳しさと営みに感動する姿が660万件表示「こんな鮮明に見えるのは初めて」
  5. 大好きな新聞屋さんに会えた柴犬、喜びを爆発させるが…… 切なすぎるお別れに「大好きがあふれてる」「帰りたくなくなっちゃいますね」
  6. 「爆笑した」 スイカを切ったら驚きの光景が……! 自信満々に収穫した夫婦を悲しみと失望がおそう
  7. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  9. 「ロンハー」有吉弘行のヤジに指摘の声「酷かった」「凄く悲しい言葉」 42歳タレントが涙浮かべる
  10. 東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」