レビュー
» 2008年03月28日 00時00分 公開

12年目の「サクラ大戦」ファンに贈る、歴代ヒロイン総出演の超豪華ドラマを満喫せよ!「ドラマチックダンジョン サクラ大戦 君あるがため」レビュー(1/3 ページ)

久々に姿を現した「サクラ大戦」シリーズ最新作は、これまでとは大きく路線を変更した「ドラマチックダンジョンRPG」。最初は「また安直な……」と警戒心丸出しの筆者だったのだが、実際に遊んでみて、その考えを180度改めるに至った。これまでシリーズを支え続けてきた“ごほうび”として、12年目のシリーズファンにこそ遊んでもらいたい作品だ。

[池谷勇人,ITmedia]

大きく成長した「サクラ大戦」というシリーズ

 初代「サクラ大戦」がセガサターンで登場してから、今年でもう12年目になる。最初はわずか6人だった華撃団メンバーも、二度のメンバー交代を経て今や総勢18人の大所帯に。活動拠点も帝都、巴里、紐育の三都市へと広がり、世界観も当初とは比べものにならないほど厚みを増した。「継続は力なり」というが、実際に“継続”を“力”へと変えてきた、数少ないシリーズのひとつだろう。

画像 おなじみの面々が、今度はダンジョンを舞台に一大冒険活劇を繰り広げる

 そんな12年目の「サクラ大戦」最新作は、なんと入るたびに形が変わる“ダンジョンRPG”形式。第一報を聞いた時には「とってつけたようなお手軽企画か!?」と身構えたものの、開発はあのネバーランドカンパニー(「風来のシレン外伝 アスカ見参!」などを開発」)と聞き、「シレン」ファンの筆者としてはここで期待度がギュウーンと上昇。そして実際に出来上がってきたものに触れ、その期待が正しかったことをあらためて確信したのだった。

 そこにあったのは、12年目の「サクラ大戦」だから表現できた、新しいダンジョンRPGの形だ。

ダンジョンに降り立った、総勢18人のヒロインたち

 まず「サクラ大戦」ファンにとっての最大の目玉は、やはり帝都・巴里・紐育の三華撃団メンバーが総出演する点だろう。これまでにも「サクラ大戦4」で、帝都・巴里のメンバーが共闘することはあったが、シリーズ5作品すべてのメンバーが一堂に会するのは今回が初めてとなる。基本、別個に動いている三華撃団が、どのような経緯で一ヵ所に集結していくことになるのか? あえて詳しくは触れないが、ストーリーの進行に応じて少しずつメンバーが合流していく展開はかなり“燃える”のでお楽しみに。サターン時代からシリーズを見守ってきた身としては、やはり初代メインヒロインのさくらと、最新作のヒロイン・ジェミニがはじめて出会うシーンには、思わずじんと来るものがあった。

画像 現代によみがえったフランスの聖女、ジャンヌ・ダルクが今回の敵となる
画像 何者であろうと、帝都の平和は守らねばならない。一体、ジャンヌの目的は?
画像 三人娘ももちろん登場。サブキャラクターも含め、登場人物は30人以上

 で、ゲーム中ではこの中から最大3人を選んでダンジョンへ連れていく形となる。「シレン」で例えるなら、常時ペケジ・お竜・ケチの3人ががっちりサポートしてくれている状態だ――って例えがちょっと古いですか。

 当然、隊員たちの性能はそれぞれ異なり、いずれも個性あふれるスキルや必殺攻撃でプレイヤーを援護してくれる。例えばさくらなら強力な近接攻撃でガシガシ敵を倒してくれるし、マリアなら得意の射撃で後方支援、アイリスならスキルで周囲の味方を回復――といった具合。攻撃面以外でも、一定確率で「無礼者!」と反撃するすみれ、ヘビ系モンスターを見ると逃げだしてしまうカンナなど、実に細かいところまでキャラクターの個性づけが行き届いていて感心させられる。しかも、そのすべてがきちんと“ダンジョンRPG”のシステムに落とし込まれているのだからお見事。店のアイテムを勝手に盗んでしまうロベリアなど、最初からダンジョンRPG向けに設定が考えられていたのでは? と思ってしまった。

画像 さくらの必殺攻撃・桜花放神。直線上の敵に貫通ダメージを与える
画像 個性豊かな隊員たちとの連携が、ダンジョン攻略のカギとなる
画像 仲間と同じ敵を攻撃すると、「協力攻撃」が発動することも

 個人的なツボキャラは、やたらドジっ娘スキルが充実しているエリカ。「何もないところでいきなり転んでダメージを受ける」というのはお約束として、なんとこの子は「うっかり味方を撃つ」という恐ろしいスキル(?)まで持っている。デフォルトで三方向射撃可と攻撃面については申し分ないのだが、おかげで隣にいるとビシビシ流れ弾が飛んできて、見る間にHPが削られていってしまう。そのたびに「またやっちゃいました!」と謝ってくれるのだが……ああもう、かわいいやら腹立たしいやら!! なんだかんだで毎回連れていっているあたり、開発者の仕掛けたワナにどっぷりハマっている気がする。

画像 とにかくよく転ぶ転ぶエリカ君。大事なものは持たせないように
画像 三方向同時攻撃は強力だが、あの、こっちにも当たってるんですけど……
画像 インタビューでは「がんばって育てると強くなる」とのことだったが……?

 また、隊員たちは冒険の途中で「ワナ破壊」や「側面支援」といった新しいスキルをひらめくことがあり、これによってワナを見つけて破壊してくれるようになったり、プレイヤーの後ろではなく横に並んで歩くようになったりと、より便利に、賢く成長していくのが面白い。毒攻撃ばかり食らっていると「毒見切り」を覚えるなど、修得条件は仲間の行動や環境に影響されるようなので、どんな条件でどんなスキルを覚えられるのか探してみるのも楽しいだろう。ところで、うちのエリカ君にもいいかげん「仲間越し射撃」くらいは修得してほしいんですが……。

画像 SPの回復量が増える「精神集中」を修得。スキルの種類はかなり豊富
画像 地味に役立つ「ワナ破壊」スキル。1人は使える人がほしいところ
画像 新しいスキルを探して、憶えさせていく作業がけっこう楽しい
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  3. /nl/articles/2402/23/news009.jpg ツーリング先の人けのない山、段ボール箱を開けると…… 助けを求める子猫たちに「鳴き声聞いて涙が」「許せません」
  4. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  5. /nl/articles/2210/01/news063.jpg 滝川クリステル、夫・小泉進次郎議員と長男の2ショット公開 「微笑ましい後ろ姿」「幸せな様子が伝わってくる」と反響集まる
  6. /nl/articles/2402/24/news026.jpg イヤイヤ期の妹をピタッと泣き止ませた幼い姉の“神対応” 両親を助けた驚きの手段に「賢くて優しくて」「話し方もすごい」
  7. /nl/articles/2304/25/news149.jpg 滝川クリステル&小泉進次郎、“夫婦ペアルック”の家族旅行ショット 「素敵なご夫婦」「小泉家の幸せホッコリ」
  8. /nl/articles/2311/22/news157.jpg 滝川クリステル、第2子出産を“おててショット”で報告 産前の不安も吐露し「幸福感は想像以上」「愛情をたくさん注ぐ日々が今から楽しみ」
  9. /nl/articles/2402/24/news018.jpg ウールの着物が洋裁学校出身・85歳おばあちゃんの超絶技巧で大変身! 240万再生のリメーク結果に「天才!!」
  10. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」