12年目の「サクラ大戦」ファンに贈る、歴代ヒロイン総出演の超豪華ドラマを満喫せよ!「ドラマチックダンジョン サクラ大戦 君あるがため」レビュー(1/3 ページ)

久々に姿を現した「サクラ大戦」シリーズ最新作は、これまでとは大きく路線を変更した「ドラマチックダンジョンRPG」。最初は「また安直な……」と警戒心丸出しの筆者だったのだが、実際に遊んでみて、その考えを180度改めるに至った。これまでシリーズを支え続けてきた“ごほうび”として、12年目のシリーズファンにこそ遊んでもらいたい作品だ。

» 2008年03月28日 00時00分 公開
[池谷勇人,ITmedia]

大きく成長した「サクラ大戦」というシリーズ

 初代「サクラ大戦」がセガサターンで登場してから、今年でもう12年目になる。最初はわずか6人だった華撃団メンバーも、二度のメンバー交代を経て今や総勢18人の大所帯に。活動拠点も帝都、巴里、紐育の三都市へと広がり、世界観も当初とは比べものにならないほど厚みを増した。「継続は力なり」というが、実際に“継続”を“力”へと変えてきた、数少ないシリーズのひとつだろう。

画像 おなじみの面々が、今度はダンジョンを舞台に一大冒険活劇を繰り広げる

 そんな12年目の「サクラ大戦」最新作は、なんと入るたびに形が変わる“ダンジョンRPG”形式。第一報を聞いた時には「とってつけたようなお手軽企画か!?」と身構えたものの、開発はあのネバーランドカンパニー(「風来のシレン外伝 アスカ見参!」などを開発」)と聞き、「シレン」ファンの筆者としてはここで期待度がギュウーンと上昇。そして実際に出来上がってきたものに触れ、その期待が正しかったことをあらためて確信したのだった。

 そこにあったのは、12年目の「サクラ大戦」だから表現できた、新しいダンジョンRPGの形だ。

ダンジョンに降り立った、総勢18人のヒロインたち

 まず「サクラ大戦」ファンにとっての最大の目玉は、やはり帝都・巴里・紐育の三華撃団メンバーが総出演する点だろう。これまでにも「サクラ大戦4」で、帝都・巴里のメンバーが共闘することはあったが、シリーズ5作品すべてのメンバーが一堂に会するのは今回が初めてとなる。基本、別個に動いている三華撃団が、どのような経緯で一ヵ所に集結していくことになるのか? あえて詳しくは触れないが、ストーリーの進行に応じて少しずつメンバーが合流していく展開はかなり“燃える”のでお楽しみに。サターン時代からシリーズを見守ってきた身としては、やはり初代メインヒロインのさくらと、最新作のヒロイン・ジェミニがはじめて出会うシーンには、思わずじんと来るものがあった。

画像 現代によみがえったフランスの聖女、ジャンヌ・ダルクが今回の敵となる
画像 何者であろうと、帝都の平和は守らねばならない。一体、ジャンヌの目的は?
画像 三人娘ももちろん登場。サブキャラクターも含め、登場人物は30人以上

 で、ゲーム中ではこの中から最大3人を選んでダンジョンへ連れていく形となる。「シレン」で例えるなら、常時ペケジ・お竜・ケチの3人ががっちりサポートしてくれている状態だ――って例えがちょっと古いですか。

 当然、隊員たちの性能はそれぞれ異なり、いずれも個性あふれるスキルや必殺攻撃でプレイヤーを援護してくれる。例えばさくらなら強力な近接攻撃でガシガシ敵を倒してくれるし、マリアなら得意の射撃で後方支援、アイリスならスキルで周囲の味方を回復――といった具合。攻撃面以外でも、一定確率で「無礼者!」と反撃するすみれ、ヘビ系モンスターを見ると逃げだしてしまうカンナなど、実に細かいところまでキャラクターの個性づけが行き届いていて感心させられる。しかも、そのすべてがきちんと“ダンジョンRPG”のシステムに落とし込まれているのだからお見事。店のアイテムを勝手に盗んでしまうロベリアなど、最初からダンジョンRPG向けに設定が考えられていたのでは? と思ってしまった。

画像 さくらの必殺攻撃・桜花放神。直線上の敵に貫通ダメージを与える
画像 個性豊かな隊員たちとの連携が、ダンジョン攻略のカギとなる
画像 仲間と同じ敵を攻撃すると、「協力攻撃」が発動することも

 個人的なツボキャラは、やたらドジっ娘スキルが充実しているエリカ。「何もないところでいきなり転んでダメージを受ける」というのはお約束として、なんとこの子は「うっかり味方を撃つ」という恐ろしいスキル(?)まで持っている。デフォルトで三方向射撃可と攻撃面については申し分ないのだが、おかげで隣にいるとビシビシ流れ弾が飛んできて、見る間にHPが削られていってしまう。そのたびに「またやっちゃいました!」と謝ってくれるのだが……ああもう、かわいいやら腹立たしいやら!! なんだかんだで毎回連れていっているあたり、開発者の仕掛けたワナにどっぷりハマっている気がする。

画像 とにかくよく転ぶ転ぶエリカ君。大事なものは持たせないように
画像 三方向同時攻撃は強力だが、あの、こっちにも当たってるんですけど……
画像 インタビューでは「がんばって育てると強くなる」とのことだったが……?

 また、隊員たちは冒険の途中で「ワナ破壊」や「側面支援」といった新しいスキルをひらめくことがあり、これによってワナを見つけて破壊してくれるようになったり、プレイヤーの後ろではなく横に並んで歩くようになったりと、より便利に、賢く成長していくのが面白い。毒攻撃ばかり食らっていると「毒見切り」を覚えるなど、修得条件は仲間の行動や環境に影響されるようなので、どんな条件でどんなスキルを覚えられるのか探してみるのも楽しいだろう。ところで、うちのエリカ君にもいいかげん「仲間越し射撃」くらいは修得してほしいんですが……。

画像 SPの回復量が増える「精神集中」を修得。スキルの種類はかなり豊富
画像 地味に役立つ「ワナ破壊」スキル。1人は使える人がほしいところ
画像 新しいスキルを探して、憶えさせていく作業がけっこう楽しい
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/24/news076.jpg 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. /nl/articles/2406/24/news018.jpg 定年退職の日、妻に感謝のライン→返ってきた“言葉”が193万表示 「不覚にもウルッとした」「自分も精進します」と反響多数
  3. /nl/articles/2406/23/news022.jpg あずきバーに砲弾を撃ち込む様子が“そんなわけなさ過ぎる結果”で爆笑 ツッコミが不可避の投稿はどのように生まれたのか聞いてみた
  4. /nl/articles/2406/21/news154.jpg 「死ぬほど笑ったw」 “ほろよい”限定デザイン → 人気ゲームの“例のロゴ”に見えると話題に まさかの公式も反応「ほろよい うま」
  5. /nl/articles/2406/23/news014.jpg 「やばすぎ」 ブックオフに10万円で売られていた“衝撃の商品”に仰天 「これもう文化財」「お宝すぎる」
  6. /nl/articles/2406/22/news028.jpg いつも遊びに来る野良猫がケガ→治療するもひどく威嚇され…… 「嫌われた」と思った翌日の光景に「涙が出ました」
  7. /nl/articles/2406/24/news020.jpg 「行政に連絡しやなあかんやろ」街頭で遭遇した“危険生物”が477万表示 “経験者”から「足速いから気を付けて」「近付かないほうが」
  8. /nl/articles/2406/22/news082.jpg “英語”で書かれた商品説明をよく見ると…… 「日本人にしか読めない」遊び心あふれるパッケージに9万いいね
  9. /nl/articles/2406/24/news038.jpg “大好きなチーズを離さないハムスター”に見えて、実は…… 目を疑う正体に「天才」「本物かと思った…」
  10. /nl/articles/2406/24/news041.jpg ご飯中に眠すぎる赤ちゃん、ぐでんぐでんになっていき…… 100万再生の“世界一かわいい寝落ち”に「この時期しか見られない」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」