「純喫茶ヒマラヤン」への謎の招待状届く――「ラストガイ」ってなんですか?

編集部に世界レスキュー連合と名乗る怪しい組織より招待状が届いた。指定された場所に行くと、確かに世界を救うべく謎の組織が暗躍していた……。

» 2008年07月09日 13時00分 公開
[加藤亘,ITmedia]

いろいろツッコミどころはあるけども

U.R.F.より届いたあからさまに怪しい招待状がこちら

 ある日、編集部に世界レスキュー連合(U.R.F.)と名乗る謎の組織から“招待状”が届いた。いぶかしがりながら封を切ると、U.R.F.日本支部長のやえこなる人物からVIPに選ばれたという、明からさまに怪しい内容と、「ラストガイブラックカード」と書かれたカードが封入されていた。

 どこかの新興宗教かネズミ講の勧誘だろうか? どうやらU.R.F.日本支部へ筆者を招待してくれるらしいが、そこには「純喫茶ヒマラヤン」の文字が……。

 どうやらこの世界は深刻な危険にさらされているらしく、日本も例外なく“ヤツ”の標的となっているとのこと。そこでU.R.F.は、神保町に拠点を置き、やえこを中心に有能な“ラストガイ”を育てることを決意したのだそうだ。その拠点こそが純喫茶ヒマラヤンらしい……が。危険ってどんな危険? ヤツって誰? そもそも神保町に拠点ってやけに庶民的じゃないのか? しかも純喫茶だし。“ラストガイ”なる世界を救うべく人材を育てていることは分かったが、なぜそれが編集部に届いたのだろうか……。


急場しのぎとしか思えない、つっこみどころ満載の純喫茶ヒマラヤン。場所は秘密らしいが、これバレバレなんじゃないっすか?

 ヒーローものといえば、「純喫茶は主人公の憩いの場」というのがお約束と筆者は認識している。ヒーローものに目がないという個人的興味が勝り、怪しさ満載ながら、招待状にある神保町の某所へと足を運んでみた。そこには確かに急場しのぎとしか思えない、純喫茶ヒマラヤンの看板が掲げてあった。

 表向き純喫茶を装いながら、この場所こそ世界を救う最後の希望を育てるラボラトリーなのか? あまりにも場末感漂う雰囲気に、一抹の不安を覚える。店内に入ってみると、疲れたサラリーマンや学生らしい人が集う普通の純喫茶然としているが、その純喫茶の一角に「スペースインベーダー」全盛時をほうふつとさせるテーブル筐体が並んでいた。筐体をのぞきこむと、なにやら地図を上空から見下ろしたリアルな街並みを舞台にしたゲーム画面が目に入った。よくよく周囲を見渡すと、すべて同じゲームで、店内の装飾がインド風にコーディネイトされている。インド関連の書籍が並び、リーダー学なんてものもある。どうやら店名の「ヒマラヤン」といい、インドと深い関係があるようだ。そして店内には、なぜかトロとクロのぬいぐるみが……はっ!? まさか、これって新作発表だったの?


お冷とおしぼり、やえこのスマイルやぼやきが0円の看板も。ただしブラックカード所持者に限るらしい
ヒマラヤンのTシャツを着た店員が、満面の笑みでお出迎え。筆者はケーキセットを頼んでみた
店内にはゲーム機と雑然とインドやリーダー学の書籍が並ぶ。あれ、コントローラがPS3……?

ヒマラヤン特製の100円ライターまである
しょぼくれてゲームをする先客が。何か嫌なことでもあった? というかトロがいる!
まさかこの「純喫茶ヒマラヤン」、PS3ゲームタイトルのお披露目会なの?

やけにリアルな日本の某所ってことしか言えない。バレバレっすか? 舞台はここ以外もあるらしい。プレイヤーは“ヤツ”らから人類を救わないといけない

 実はこれ、ソニー・コンピュータエンタテインメントが今夏イチオシのPS3タイトル「ラストガイ」のちょっと変わったお披露目会だった。「ラストガイ」がいかなるタイトルかは後日お伝えするが、真上から見た街を舞台にプレイヤーは世界の危機に相対することになる。世界の危機こそ、前述した“ヤツ”にほかならない。全世界的に展開されるヤツらの暴挙から人類を救うべく、プレイヤーとなる救世主をこの“純喫茶ヒマラヤン”で養成しようという趣旨らしい。なんて回りくどいお披露目会なのかと思わず脱力する。

 筆者もとある日本の観光地をモチーフにしたステージを楽しんでみたが、設定されていた目標をなんとかクリアすることができた。世界を救うべく“ラストガイ”へと一歩近づけたはず。今回プレイしたのは1ステージだけだったが、他にどんなステージがあるのかと気になるばかりである。U.R.F.として戦える日を楽しみに、次なる情報をお待ちいただきたい。

 なお、今回のイベントはプレス向けに公開されたものだが、一般の開放も7月18日より予定しているとのこと。残念ながら今回はご機嫌斜めということで、個人的に注目していたやえこさんには会えなかったものの、ぜひとも次回はやえこのスマイルを眺め、ぼやきも聞いてみたいと思う。直接「ラストガイ」を楽しみたい方は、いましばらくお待ちいただきたい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/21/news011.jpg 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. /nl/articles/2404/21/news005.jpg 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  3. /nl/articles/2404/22/news028.jpg 0歳双子を19時15分に寝かせ続けたママ→1年後…… メリットだらけの挑戦記録に「偉い&すごい!」「寝る子は育つ、その通りですね」
  4. /nl/articles/2404/21/news013.jpg 【今日の計算】「101×99」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/16/news027.jpg 中古軽自動車をキャンピングカー仕様にして日本一周するカップル 車内で料理中、思わぬアクシデントが…… その後の姿に「すごい」「尊敬します」
  6. /nl/articles/2404/22/news122.jpg 「あの頃の橋本環奈すぎる」21歳の無名アイドル、幼少期ショット公開で再びどよめき「凄い完成してる」「美少女の片鱗が見えすぎてる」
  7. /nl/articles/2404/22/news026.jpg ご機嫌でルンルンステップを踏む柴犬、それをパパがまねすると…… ルンルンはひとりで楽しみたい派の塩対応に「めっちゃ可愛い」と100万表示
  8. /nl/articles/2308/31/news023.jpg 庭の草刈り中に小さな卵を発見、孵化させてみたら…… 命の誕生の記録に「すごい可愛い!」「すてきな家族」
  9. /nl/articles/2404/21/news029.jpg 飼い主を引っかいてしまった黒猫“自分の犯した過ち”に気が付いて…… いつもと違う行動に「反省してるのが分かる〜!」と190万再生
  10. /nl/articles/2404/22/news020.jpg 「飼い主ビビる」猫たちに猫草をあげたら……“ちがうもの”を食う1匹の姿が182万表示! 予想外の展開に「ちょっww」「狂気を見た」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」