ニュース
» 2008年07月29日 20時57分 公開

疾走し、跳躍せずにはいられない―――「ミラーズエッジ」

エレクトロニック・アーツは、都市を跳躍するのが気持ちいい、PS3/Xbox 360/PC対応のファーストパーソン・アクションアドベンチャーを日本でも発売すると発表した。

[ITmedia]

走ることが唯一の生きるための手段

 エレクトロニック・アーツは、先日北米ロサンゼルスで開催されたE3 2008で公開されたアクションアドベンチャー「ミラーズエッジ」の、プレイステーション 3、Xbox 360、PC版を日本でも発売すると発表した。

 「ミラーズエッジ」は、政府機関の情報規制が厳しい世界が舞台。見た目は楽園のように綺麗な都市だが、人々はランナーを雇い、政府の目をかいくぐりながら情報のやり取りを行っていた。プレイヤーであるフェイスは、そんな情報を伝える「ランナーズ」と呼ばれる運び屋集団の1人だ。ある日、フェイスの妹が捕まり、プレイヤー自身も狙われる。瞬時の判断が迫られる本作では、戦いの緊張感を味わいながら、華麗な動きで都市を駆けめぐることができる。

一人称視点で行われるアクション・アドベンチャーゲームである本作では、今までに見たこともない動きや視点で主人公を感じることができる。なお、開発は「バトルフィールド」シリーズの制作チームが担当する

本作の一番の特徴は、そのアクロバティックな動きにある。疾走しながらの壁歩きや、飛び移れるかどうかギリギリのジャンプなど、大都市ならではのミッションをこなしていく。プレイヤーは体当たりや着地の衝撃、触るものすべての感覚が伝わり、主人公の息づかいまで感じることができる

戦うべきか、飛ぶべきか……。主人公のスピードと身体能力の高さは、敵の追っ手から逃れたり、武器を壊したり、奪って攻撃したりするなど、さまざまな場面で真価を発揮する。追跡から謎解き、戦略的な戦闘まで、身体能力を最大限まで引き出すことが要求される

プレイヤーは、主人公の視点から都市をありのままに見ることができる「ランナーズビジョン」(運び屋の視点)を体感できる。屋上が脱出口や次のビルへ渡る経路になったり、さまざまなルートから瞬間的な判断で逃走ルートを決定する判断力が求められる

 なお、エレクトロニック・アーツのオフィシャルサイトでは、「ミラーズエッジ」のゲーム画像を収録したムービー2本と、ストーリーを紹介したアニメーションムービー1本が公開されている。

「ミラーズエッジ」
対応機種プレイステーション 3/Xbox 360
ジャンルファーストパーソン・アクションアドベンチャー
発売予定日2008年11月
価格未定
(C) 2008 Electronic Arts Inc. EA, the EA logo and Mirror’s Edge are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All Rights Reserved. All other trademarks are the property of their respective owners.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」