ニュース
» 2008年07月31日 12時51分 公開

ガイなあいつがゾンビ相手に鬼ごっこ――「The Last Guy Japan Premium」(1/2 ページ)

実在の街でゾンビ相手に鬼ごっこを興じる、PLAYSTATION Storeダウンロード販売タイトルの「The Last Guy Japan Premium」は、スルメのように遊べば遊ぶほど味がでる。本日配信開始!

[ITmedia]

ゾンビうごめく浅草の街から人々を救い出せ!


「The Last Guy」ことプレイヤー。インドの山奥で修行したの?

 「The Last Guy Japan Premium」は、浅草の街でゾンビを避けながら大行列で駆け抜けるプレイステーション 3用アクションゲーム。PLAYSTATION Storeにて7月31日よりダウンロード販売されるが、これが実にくだらなくて奥が深い。

 ゲームは簡単。ただ、徘徊するゾンビを避けながら大行列を作り、行進するだけ! 老若男女が楽しめるシンプル設計なだけでなく、かめばかむほど味が出るスルメのようなはまりゲーなのだ。本作では、「Google Erath」の超高精細航空写真を用い、プレイステーション 3の映像クオリティで細部にまでリアルに街並みを再現している。浅草になじみのあるプレイヤーなら、「あぁー、ここ知ってる!」という建物や道路がしっかりと確認できることだろう。この公共の場で遊ぶダイナミズムが、また楽しい。

ストーリー

――20××年。

突然宇宙から謎の紫色の光が地球上に降り注いだ。この紫色の光を浴びた全ての生物は異形のゾンビへと変貌世界はほぼ壊滅した。

街を徘徊する恐ろしいゾンビ……。しかし、そのゾンビ達を静かに見つめる目があった。紫の光を浴びる事なく無事だった人々だ。光が降り注いだ時に建物の中にいた幸運な彼らは、そのまま建物の中でじっと息をひそめていた。彼らは脱出するすべを持たず、ひたすら救助を待っている。


見えないかもしれないが、中央のちっこいのがプレイヤーでありラストガイ!

世界レスキュー連合(U.R.F.)は、各都市に残された人々を救出すべく、1人の有能な人間を選び出した。

それが君だ!


「ESCAPE ZONE」に誘導すれば、レスキュー船がかけつけるのだが……

 本作を遊ぶためのルールは実に簡単。プレイヤーがラストガイを操り、ビルに隠れた人々を制限時間内に「ESCAPE ZONE」まで避難させるだけだ。しかし、街にはそんな住民をゾンビたちが狙っている。ラストガイがゾンビに触れるとゲームオーバーだし、もしもゾンビが避難する途中の列に触れると、列が切られ人々がビルに逃げ込んでしまうことになる。ラストガイは、多くの住民を列にしながら、ゾンビを避け、そして時には大行列となしてESCAPE ZONEを目指すことになる。ちなみに、列が長くなれば長くなるほど、男前度が上がっていく。プレイヤーはこまめに救いだすのか、それとも大行列となって一気に救出をもくろむのか、選択しながらプレイすることになる。

 フィールド中には、V.I.P.が存在する。彼らV.I.P.を助けると高得点で、前述した男前度とともに、高得点をたたき出せば、Web上で得点ランキングを競うこともできる。


メニュー画面

個性豊かなゾンビたちが追いかけます

本作には、生理的に拒否しちゃうくらいキモチわる〜いゾンビたちが続々登場する

凡ゾンビ(左2体)/触手ゾンビ(右2体)
凡ゾンビは、どこにでもいる何の変哲も無い人型ゾンビ。ラストガイを視界に捉えると真っ赤になって追走してくる。触手ゾンビは、決められた位置から動かないやっかいなやつで、ラストガイを見つけると、どこまでも追いかけてくる。上手く誘導すれば、隣町まで行っちゃう勢いも見せる

ストーカーゾンビ
ボーっとしているゾンビだが、ラストガイを見つけると、心がざわつきしつこく追いかけてくるらしい。普段は引きこもっているので、基本的に動きは愚鈍。というか、気持ち悪い……

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」