10年という幸せな時間――「カルドセプトカードアート展」開催

8月9日と10日の両日、10周年を迎えた「カルドセプト」の世界をアートで表現する「カルドセプトカードアート展」が秋葉原UDXギャラリーで開催。10月発売のDS「カルドセプトDS」の試遊もできた。

» 2008年08月11日 16時18分 公開
[加藤亘,ITmedia]

10年という幸せな時間

 8月9日と10日の両日、秋葉原UDXにてセガと大宮ソフト主催による10周年記念イベント「カルドセプトカードアート展」が開催された。

 「カルドセプト」は、1997年セガサターン用ソフトとして発売されたトレーディングカードとボードゲームを融合したゲーム。ダイスを振ってマップをまわり、カードを使って領地を増やしていくことを目的としており、ライバルよりも早く目標魔力をためることを競いあう。過去5作が発売されており、今年10月16日には、ニンテンドーDS用ソフト「カルドセプトDS」が発売される予定となっている。

 「カルドセプトカードアート展」は、総勢28人の著名イラストレーターによって描かれた、過去5タイトルにおよぶカルドセプトシリーズ歴代のカードアートとイメージアートを含めた全1254点のアートが展示された初のイベントで、「カルドセプトDS」の先行試遊イベントでもあった。アート展では特設ステージにて、「カルドセプト」ゆかりのスペシャルゲストによるトークセッションも開催。大宮ソフト開発陣やイラストレーターの加藤直之氏との貴重な秘話などが披露された。


 「カルドセプトDS」は、初の携帯ゲーム機向けにプレイステーション版「カルドセプト エキスパンション」をベースに、新カードを追加、既存カードの性能を見直し、シリーズ史上もっとも遊びやすくチューニングを行っている。初代カルドセプトにはなかった「同盟戦」や、やりこみ要素として「メダル」を追加している。

 Wi-Fiやワイヤレスなど、ニンテンドーDSのすべての通信対戦機能に対応。Wi-Fi対戦では、全国のプレイヤーと対戦できる「だれでも対戦」、ともだちコードを交換した相手と対戦できる「ともだち対戦」に対応。携帯ゲーム機としての利点を最大限取り入れており、ワイヤレス対戦ではユーザー同士のカードのトレードも手軽に行えるようになっている。なお、対戦時にはボイスチャットやアイコンチャットも可能となり、気軽にコミュニケーションが図れるとともに、より臨場感のあるバトルが楽しめるようになった。




 アート展では20ラウンド限定で、セバスチャンとヴァイデンとの対戦がそれぞれ城砦都市ロカで楽しめるゾーンと、コーテツとゼネスとの対戦がそれぞれ貿易都市スネフで楽しめるゾーンの4つに分かれて「カルドセプトDS」試遊台が設置されており、2時間入れ替え制、各回定員100名ずつで遊ぶことができた。

 今回は、一般開場に先駆けてプレス向けに先行入場ができたので、ヴァンデンとゼネスを相手に遊んでみたが、感覚的にはよりバランスがよくなった印象を受けた。ただし、情報が上画面に集中してしまっている点は、改良の余地があるのではないかと思った。

 なお、「カルドセプトカードアート展」参加イラストレーター(敬称省略)は以下のとおり。加藤直之、開田裕治、寺田克也、末弥純、あきまん、丹野忍、有田満弘、中井覺、斎藤智晴、一徳、獅子猿、杉浦善夫、花山由理、古代彩乃、にしだあつこ、目黒詔子、緑川美帆、廣岡政樹、仲秋勇作、添田一平、田中俊成、原田みどり、高梨かりた、岡本正樹、池田宗隆、ゾルゲ市蔵、傑怪老、かねこしんや。


大宮ソフトの鈴木英夫氏は、この10年を振り返り“幸せな時間”と表現してくれた

 会場で大宮ソフトの取締役社長・鈴木英夫氏にアート展についてお話をうかがってみた。

 「ひとくちに10年と言っても、そんな感覚はあまりないというのが率直な感想です。今回の企画があがった時に、改めてイラストや素材を整理したのですが、いっぱい積もっているなとこの10年を再確認しました。アート展では、ゲームのために起こしたイラストを並べておりますが、今回はその中でも厳選したもので、思い出深かいものばかりです。『カルドセプト』の10年を振り返ってみると、ずいぶんと幸せなタイトルだったという思いです。DS版はXbox 360版開発中に話があって、初の携帯ゲーム機版ということで、遊ぶシチュエーションが違うというところを特に気を使いました。対人対戦を重視しており、今回どうユーザーが関わっていくのか楽しみなタイトルになってます。プレイヤーの支持でここまでやってこれました。イラスト1つにしても、これだけ積み上げられた本当に幸せなタイトルです。これから先も『カルドセプト』をよろしくお願いいたします」(大宮ソフト・鈴木英夫氏)



「カルドセプトDS」
対応機種ニンテンドーDS
ジャンルトレーディングカード・ボードゲーム
発売予定日2008年10月16日
価格(税込)5040円
CEROB(12歳以上対象)
(C)1997-2008 Omya Soft


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」